Java SDK の初期化

最終更新日: 2023-09-29
  • トピック:
  • APIs/SDKs
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

説明

以下を使用します。 create メソッドを使用して、Java SDK を初期化し、 Target クライアント 電話をかける Adobe Target 実験とパーソナライズされたエクスペリエンスの場合。

メソッド

TargetClient 次を使用して作成: TargetClient.create.

作成

TargetClient TargetClient.create(ClientConfig clientConfig)

ClientConfig は ClientConfig.builder.

ClientConfigBuilder ClientConfig.builder()

パラメーター

ClientConfigBuilder は次の構造を持ちます。

名前 タイプ 必須 デフォルト 説明
client 文字列 None Target クライアント ID
organizationId 文字列 None Experience Cloud組織 ID
connectTimeout 数値 × 10000 すべてのリクエストの接続タイムアウト(ミリ秒)
socketTimeout 数値 × 10000 すべての要求のソケットタイムアウト(ミリ秒)
maxConnectionsPerHost 数値 × 100 1 回あたりの最大接続数 Target ホスト
maxConnectionsTotal 数値 × 200 すべての Target ホスト
connectionTtlMs 数値 × -1 Total time to live (TTL) は、持続接続の最大寿命をミリ秒単位で定義します。 デフォルトでは、接続は無期限に有効な状態に保たれます
idleConnectionValidationMs 数値 × 1000 永続的な接続が再利用される前に再検証される非アクティブな期間(ミリ秒)
evictIdleConnectionsAfterSecs 数値 × 20 接続プールからアイドル状態の接続を削除する時間(秒)
enableRetries ブール値 × true ソケットタイムアウトの自動再試行(最大 4 回)
logRequests ブール値 × false ログ Target デバッグでのリクエストと応答
logRequestStatus ブール値 × false ログ Target 応答時間、ステータス、URL
serverDomain 文字列 × *client*.tt.omtrdc.net デフォルトのホスト名を上書き
secure ブール値 × true HTTP スキームを強制するには設定を解除します
requestInterceptor HttpRequestInterceptor × Null カスタム要求インターセプターの追加
defaultPropertyToken 文字列 × None のデフォルトのプロパティトークンを getOffers を呼び出します。 オンデバイス判定の場合​に設定されている場合、SDK は、 defaultPropertyToken
defaultDecisioningMethod DecisioningMethod enum × SERVER_SIDE オンデバイス判定を有効にするには、ON_DEVICE または HYBRID に設定する必要があります
telemetryEnabled ブール値 × true お客様が Target サーバー
proxyConfig ClientProxyConfig × None クライアントが独自のプロキシの詳細を提供することを許可します
exceptionHandler TargetExceptionHandler × None ルールの処理中にカスタム例外処理を実装するために使用できます。
httpClient HttpClient × None ユーザーが Target カスタム HTTP クライアントを使用した HTTP クライアント
onDeviceEnvironment 文字列 × 実稼動 ステージングなど、別のオンデバイス環境を指定するために使用できます。
onDeviceConfigHostname 文字列 × assets.adobetarget.com 別のホストを指定して、オンデバイス判定アーティファクトファイルのダウンロードに使用できます
onDeviceDecisioningPollingIntSecs int × 300(5 分) オンデバイス判定アーティファクトファイルの取得間隔(秒)
onDeviceArtifactPayload バイト[] × None 以前のアーティファクトのペイロードを使用したオンデバイス判定機能を提供し、即座に実行できます。
onDeviceDecisioningHandler OnDeviceDecisioningHandler × None オンデバイス判定イベントのコールバックを登録します
onDeviceAllMatchingRulesMboxes リスト<string> × None ユーザーが、一致するすべてのルールコンテンツがオンデバイス判定中に返される mbox を指定できるようにします

Java

ClientConfig clientConfig = ClientConfig.builder()
        .client("acmeclient")
        .organizationId("1234567890@AdobeOrg")
        .build();

TargetClient.create(clientConfig);

// make calls to Adobe Target

このページ