オファーの取得 (Java)

最終更新日: 2023-07-27
  • トピック:
  • APIs/SDKs
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

説明

getOffers() は、決定を実行し、次の場所からエクスペリエンスを取得するために使用されます。 Adobe Target.

メソッド

getOffers

The TargetClient.getOffers メソッドのシグネチャは次のように表示されます。

リクエスト

TargetDeliveryResponse TargetClient.getOffers(TargetDeliveryRequest request)

TargetDeliveryRequest が TargetDeliveryRequest.builder.

応答

TargetDeliveryRequestBuilder TargetDeliveryRequest.builder()

パラメーター

The TargetDeliveryRequestBuilder オブジェクトの構造は次のとおりです。

名前 タイプ 必須 説明
コンテキスト コンテキスト リクエストのコンテキストを指定します
sessionId 文字列 ×
thirdPartyId 文字列 × 各呼び出しで送信できるユーザーの会社識別子。
cookie リスト × 以前に返された Cookie のリスト Target 同じユーザーのリクエスト。
customerIds マップ × VisitorId 互換形式の顧客 ID
execute ExecuteRequest × ページ読み込みまたは mbox リクエストを実行します。 サーバー側で即座に評価されます
prefetch PrefetchRequest × プリフェッチするビュー、ページ読み込み、または mbox リクエスト。 コンバージョン時に返される通知トークンを含むが返されます。
通知 リスト × プリフェッチされたコンテンツが表示された内容に関する通知を送信するために使用されます。
requestId 文字列 × 応答で返されるリクエスト ID。 存在しない場合は自動的に生成されます。
impressionId 文字列 × 存在する場合、同じ ID を持つ 2 番目以降のリクエストでは、アクティビティ/指標のインプレッション数は増分されません。 存在しない場合は自動的に生成されます。
environmentId 長い × 有効なクライアント環境 ID。 指定されていない場合、指定されたホストに基づいてホストが決定されます。
プロパティ プロパティ × 「トークン」フィールドで at_property を指定します。 配信のスコープを制御するために使用できます。
trace トレース × Delivery API のトレースを有効にします。
qaMode QAMode × リクエストで QA モードを有効にするには、このオブジェクトを使用します。
locationHint 文字列 × Target エッジクラスターの位置のヒント。 このリクエストの特定のエッジクラスターをターゲットにするために使用します。
訪問者 訪問者 × カスタム訪問者 API オブジェクトを提供するために使用します。
ID VisitorId × 訪問者の識別子を格納したオブジェクト。 例: tntId、thirdParyId、mcId、customerIds。
experienceCloud ExperienceCloud × Analytics との統合を指定します。 指定されなかった場合、cookie を使用して自動的に入力されます。
tntId 文字列 × のプライマリ識別子 Target を設定します。 targetCookies から取得済み。 指定されていない場合は自動生成されます。
mcId 文字列 × 異なる Adobe ソリューション (ECID)。 targetCookies から取得済み。 指定されていない場合は自動生成されます。
trackingServer 文字列 × Adobe Analytics Server Adobe Target および Adobe Analytics を使用して、データを正しく結合できます。
trackingServerSecure 文字列 × The Adobe Analytics Secure Server ~のために Adobe Target および Adobe Analytics を使用して、データを正しく結合できます。
decisioningMethod DecisioningMethod × オンデバイス判定の ON_DEVICE またはハイブリッド判定方法を明示的に設定するために使用できます。

各フィールドの値は、 Target ビュー配信 API リクエストの仕様。 詳しくは、 Target ビュー配信 API​を参照してください。 http://developers.adobetarget.com/api/#view-delivery-overview

応答

The TargetDeliveryResponse 返送者: TargetClient.getOffers() は次の構造を持ちます。

名前 タイプ 説明
request TargetDeliveryRequest​ Target request
応答 DeliveryResponse Target 応答
cookie リスト このユーザーのセッションメタデータのリスト。 このユーザーの次のターゲットリクエストで渡す必要があります。
visitorState マップ 訪問者 API で使用する訪問者の状態をクライアント側で設定する
responseStatus ResponseStatus 応答のステータスを表すオブジェクト

The ResponseStatus 応答には、次のフィールドが含まれます。

名前 タイプ 説明
status int から返された HTTP ステータス Target
message 文字列 HTTP ステータスが 200 でない場合のステータスメッセージ
remoteMboxes 文字列のリスト オンデバイス判定に使用されます。 完全にデバイス上で判断できないリモートアクティビティを持つ mbox のリストが含まれます。
remoteViews 文字列のリスト オンデバイス判定に使用されます。 完全にデバイス上で判断できないリモートアクティビティを持つビューのリストが含まれます。

The TargetCookie ユーザーセッションのデータを保存するために使用されるオブジェクトの構造は次のとおりです。

名前 タイプ 説明
name 文字列 cookie 名
value 文字列 cookie の値の場合、値は文字列に変換されます
maxAge 数値 maxAge オプションは、設定の有効期限を現在の時間(秒)に対して設定する際に便利です

Cookie の有効期限を気にする必要はありません。 Target は、SDK 内で maxAge を処理します。

リクエスト

ClientConfig clientConfig = ClientConfig.builder()
        .client("acmeclient")
        .organizationId("1234567890@AdobeOrg")
        .build();

TargetClient targetJavaClient = TargetClient.create(clientConfig);

List<MboxRequest> mboxRequests = new ArrayList<>();
mboxRequests.add((MboxRequest) new MboxRequest().name("a1-serverside-ab").index(1));

TargetDeliveryRequest targetDeliveryRequest = TargetDeliveryRequest.builder()
        .context(new Context().channel(ChannelType.WEB))
        .execute(new ExecuteRequest().setMboxes(mboxRequests))
        .build();

応答

TargetDeliveryResponse targetResponse = targetJavaClient.getOffers(targetDeliveryRequest);

このページ