Analytics for Target(A4T)レポート

最終更新日: 2023-07-27
  • 作成対象:
  • Developer

Adobe Target は、デバイス上での判定とサーバー側での Target アクティビティの両方に対して A4T レポートをサポートしています。 A4T レポートを有効にするには、次の 2 つの設定オプションがあります。

  • Adobe Target analytics ペイロードをに自動的に転送します。 Adobe Analyticsまたは
  • ユーザーは、次の分析ペイロードをリクエストします: Adobe Target. (Adobe Target は、 Adobe Analytics 呼び出し元にペイロードを戻す。)
メモ

オンデバイス判定は、A4T レポートのみをサポートします Adobe Target analytics ペイロードをに自動的に転送します。 Adobe Analytics. からの分析ペイロードの取得 Adobe Target はサポートされていません。

前提条件

  1. でアクティビティを設定します。 Adobe Target を使用した UI Adobe Analytics をレポートソースとして追加し、A4T でアカウントが有効になっていることを確認します。
  2. API ユーザーはAdobe Marketing Cloud訪問者 ID を生成し、Target リクエストの実行時にこの ID を利用できるようにします。

Adobe Target Analytics ペイロードを自動的に転送します

Adobe Target は、分析ペイロードをに自動的に転送できます。 Adobe Analytics 次の識別子が指定されている場合:

  1. supplementalDataId:間でステッチに使用される ID Adobe Analytics および Adobe Target. 次の条件を満たすため Adobe Target および Adobe Analytics データを正しく結び付けるには supplementalDataId 両方に渡す必要があります Adobe Target および Adobe Analytics.
  2. trackingServer: Adobe Analytics サーバー。
const TargetClient = require("@adobe/target-nodejs-sdk");

const CONFIG = {
  client: "acmeclient",
  organizationId: "1234567890@AdobeOrg"
};

const targetClient = TargetClient.create(CONFIG);

targetClient.getOffers({
  request: {
    id: {
      marketingCloudVisitorId : "2304820394812039",
      tntId: "d359234570e044f14e1faeeba02d6ab23439914e.35_0",
      thirdPartyId:"23423432"
    },
    experienceCloud: {
      analytics: {
        logging: "server_side",
        supplementalDataId: "7D3AA246CC99FD7F-1B3DD2E75595498E",
        trackingServer: "jimsbrims.sc.omtrds.net"
      }
    },
    execute: {
      mboxes: [{
        name: "some-mbox"
      }]
    }
  }
})
.then(console.log)
.catch(console.error);
ClientConfig config = ClientConfig.builder()
  .client("acmeclient")
  .organizationId("1234567890@AdobeOrg")
  .build();
TargetClient targetClient = TargetClient.create(config);

VisitorId id = new VisitorId()
  .tntId("d359234570e044f14e1faeeba02d6ab23439914e.35_0")
  .thirdPartyId("B234A029348")
  .marketingCloudVisitorId("10527837386392355901041112038610706884");
Context context = new Context().channel(ChannelType.WEB);
MboxRequest mbox = new MboxRequest()
  .name("some-mbox")
  .index(0);
ExecuteRequest executeRequest = new ExecuteRequest()
  .mboxes(Arrays.asList(mbox));

AnalyticsRequest analyticsRequest =
    new AnalyticsRequest()
        .trackingServer("jimsbrims.sc.omtrds.net")
        .logging(LoggingType.SERVER_SIDE)
        .supplementalDataId("7D3AA246CC99FD7F-1B3DD2E75595498E");
ExperienceCloud expCloud =
    new ExperienceCloud()
        .setAnalytics(analyticsRequest);

TargetDeliveryRequest request = TargetDeliveryRequest.builder()
  .context(context)
  .execute(executeRequest)
  .experienceCloud(expCloud)
  .build();

TargetDeliveryResponse offers = targetClient.getOffers(request);

ユーザーが以下から分析ペイロードを取得する Adobe Target

ユーザーは、 Adobe Analytics 特定の mbox のペイロードをに送信し、 Adobe Analytics 経由 Data Insertion API. When in an Adobe Target リクエストが発生した場合、pass client_side から logging フィールドに値を入力します。 Analytics をレポートソースとして使用しているアクティビティに指定した mbox が存在する場合、ペイロードが返されます。

const TargetClient = require("@adobe/target-nodejs-sdk");
const CONFIG = {
  client: "acmeclient",
  organizationId: "1234567890@AdobeOrg"
};
const targetClient = TargetClient.create(CONFIG);
targetClient.getOffers({
  request: {
    id: {
      marketingCloudVisitorId : "2304820394812039",
      tntId: "d359234570e044f14e1faeeba02d6ab23439914e.35_0",
      thirdPartyId:"23423432"
    },
    experienceCloud: {
      analytics: {
        logging: "client_side"
      }
    },
    execute: {
      mboxes: [{
        name: "some-mbox"
      }]
    }
  }
})
.then(console.log)
.catch(console.error);
ClientConfig config = ClientConfig.builder()
  .client("acmeclient")
  .organizationId("1234567890@AdobeOrg")
  .build();
TargetClient targetClient = TargetClient.create(config);

VisitorId id = new VisitorId()
  .tntId("d359234570e044f14e1faeeba02d6ab23439914e.35_0")
  .thirdPartyId("B234A029348")
  .marketingCloudVisitorId("10527837386392355901041112038610706884");
Context context = new Context().channel(ChannelType.WEB);
MboxRequest mbox = new MboxRequest()
  .name("some-mbox")
  .index(0);
ExecuteRequest executeRequest = new ExecuteRequest()
  .mboxes(Arrays.asList(mbox));

AnalyticsRequest analyticsRequest =
    new AnalyticsRequest()
        .logging(LoggingType.CLIENT_SIDE);
ExperienceCloud expCloud =
    new ExperienceCloud()
        .setAnalytics(analyticsRequest);

TargetDeliveryRequest request = TargetDeliveryRequest.builder()
  .context(context)
  .execute(executeRequest)
  .experienceCloud(expCloud)
  .build();

TargetDeliveryResponse offers = targetClient.getOffers(request);

指定した後 logging = client_sideの場合、ペイロードが mbox フィールドに格納されます。

Target からの応答に analytics -> payload プロパティを次のように転送します: Adobe Analytics. Adobe Analytics は、このペイロードの処理方法を知っています。 これは、次の形式を使用して、GETリクエストでおこなうことができます。

https://{datacollectionhost.sc.omtrdc.net}/b/ss/{rsid}/0/CODEVERSION?pe=tnt&tnta={payload}&mid={mid}&vid={vid}&aid={aid}

クエリー文字列パラメーターおよび変数

フィールド名 必須 説明
rsid レポートスイート ID
pe ページイベント。 常にに設定 tnt
tnta で Target サーバーによって返された Analytics ペイロード analytics -> payload -> tnta
mid Marketing Cloud 訪問者 ID

必須ヘッダー値

ヘッダー名 ヘッダー値
ホスト Analytics データ収集サーバー ( 例: adobeags421.sc.omtrdc.net)

A4T データ挿入 HTTP Get 呼び出しの例

https://demo.sc.omtrdc.net/b/ss/myCustomRsid/0/MOBILE-1.0?pe=tnt&tnta=285408:0:0|2&mid=2304820394812039

このページ