SEOについて

SEO(検索エンジン最適化)メタタグを使用すると、ページの特定の要素をカスタマイズし、検索エンジンの配置を改善できます。

SEOを使用

このような各要素を、開始テキストの後に単語のリストが続くように定義できます。 単語のリストには、次のものがあります。

  • 選択した期間(「先月」など)におけるサイトでよく使用される検索フレーズ。カスタム除外の対象となります。
  • ページの検索元の1つ以上のフィールドの値セット。
  • リストで定義する静的な語句

SEOで最も一般的なページ要素は、ページタイトル、「キーワード」、「説明」メタタグです。 これらの3つのページ要素の設定を定義できます。 さらに、次の3種類のページのそれぞれに対して、これら3つの設定を定義できます。検索結果ページ、ブラウズページおよび項目の詳細ページ

SEO設定を保存またはプレビューすると、小さなセグメントの検索(トランスポート)テンプレートが生成され、<search-include>テンプレートタグを使用して他の検索テンプレートに含めることができます。 例えば、次の項目を含む別のテンプレートに、「検索結果ページのタイトル」フィールドを含めることができます。

<search-include file="seo/seo_search_title.tpl" />

SEOフィールドの<search-include>タグのfile属性に指定できる9つの値は次のとおりです。

  • seo/seo_search_title.tpl
  • seo/seo_search_description.tpl
  • seo/seo_search_keywords.tpl
  • seo/seo_browse_title.tpl
  • seo/seo_browse_description.tpl
  • seo/seo_browse_keywords.tpl
  • seo/seo_item_title.tpl
  • seo/seo_item_description.tpl
  • seo/seo_item_keywords.tpl

プレゼンテーションテンプレートでSEOフィールドを使用するには、いくつかの手順を実行します。

まず、前述の<search-include>を使用して、<general>要素内のXML検索テンプレートに目的のフィールドを含めます。

次に、各<search-include>タグを<general-field>タグと</general-field>タグで囲み、次の例のようにname属性にフィールド名を指定します。

<general> 
    <general-field name="seo_search_title"><search-include file="seo/seo_search_title.tpl" /></general-field> 
    <general-field name="seo_search_description"><search-include file="seo/seo_search_description.tpl" /></general-field> 
    <general-field name="seo_search_keywords"><search-include file="seo/seo_search_keywords.tpl" /></general-field> 
</general>

次の例のように、プレゼンテーションテンプレートで<guided-general-field>タグを使用して、必要な場所に名前付きフィールドを挿入できます。

<title><guided-general-field gsname="default" field="seo_search_title"></title> 
<meta name="description" content="<guided-general-field gsname="default" field="seo_search_description">"/> 
<meta name="keywords" content="<guided-general-field gsname="default" field="seo_search_keywords">"/>

gsname属性を使用して、この場合は「デフォルト」検索を指定します。

また、Webページで使用できる9つの異なるSEOフィールドを定義できます。 以下が含まれます。

  • 検索結果ページ — タイトル、説明、キーワード
  • ブラウズページ — タイトル、説明、キーワード
  • 項目の詳細ページ — タイトル、説明、キーワード

9つのフィールドはすべて同じ設定で定義されます。 実際、「検索結果ページ」の「タイトル」フィールドなど、9つのフィールドの名前は、使い方の提案にすぎません。 プレゼンテーションテンプレートや検索テンプレートの任意のコンテキストで、任意のフィールドを使用できます。

テンプレートについても参照してください。

プレゼンテーションテンプレートタグ」も参照してください。

検索テンプレートタグ」も参照してください。

検索結果の単語リストの設定」も参照してください。

検索結果の単語リストの設定

ページタイトル、説明、キーワードに含まれる検索結果の語句のリストを設定できます。

検索結果の単語リストを設定するには

  1. 製品メニューで、Settings/SEO/Search Result Pages​をクリックします。

  2. SEO Browse Pages Word ListページのTitle、Description、Keywordsの各グループで、必要なオプションを設定します。

    オプション

    説明

    タイトル |説明 |キーワード開始

    リストという単語の前に表示するテキストです。

    例えば、キーワードリストを「ブランド」という語で始めるとします。

    最頻検索を含める

    検索を含める期間。

    最大検索数

    含める検索の最大数。

    フィールド値を含む

    結果の単語リストに含まれるフィールド値。

    こ追加れらの語句

    検索結果のページタイトル、ブラウズページのタイトル、または項目の詳細ページのタイトルに追加する単語をリストします。

    編集」をクリックして、リストに単語を追加します。

    1行に1つの単語またはフレーズを追加できます。 完了したら、「変更を保存」をクリックし、ページを閉じてメインのSEOページに戻ります。

    これらの語句を削除(含まれるフィールド値を除く)

    検索結果のページタイトル、ブラウズページのタイトル、または項目の詳細ページのタイトルから削除する単語をリストします。

    編集」をクリックして、削除するリストに単語を追加します。

    1行に1つの単語またはフレーズを追加できます。 完了したら、「変更を保存」をクリックし、ページを閉じてメインのSEOページに戻ります。

  3. (オプション)「プレビューサンプル出力」をクリックして、設定したSEOフィールドの結果値をプレビューします。

    設定したSEOメタタグのプレビューを参照してください。

  4. 変更を保存」をクリックします。

  5. (オプション)結果をプレビューする場合は、ステージングされたサイトインデックスを再構築します。

    ステージングされたWebサイトの増分インデックスの設定」を参照してください。

  6. (オプション)SEO Search Results Word Listページで、次のいずれかの操作を行います。

ブラウズページのリストの設定

ページタイトル、説明、キーワードに含まれるブラウズページの語句のリストを設定できます。

ブラウズページのワードリストを設定するには

  1. 製品メニューで、Settings/SEO/Browse Pages​をクリックします。

  2. SEO Browse Pages Word ListページのTitle、Description、Keywordsの各グループで、必要なオプションを設定します。

    検索結果の単語リストの設定のオプションの表を参照してください。

  3. (オプション)「プレビューサンプル出力」をクリックして、設定したSEOフィールドの結果値をプレビューします。

    設定したSEOメタタグのプレビューを参照してください。

  4. 変更を保存」をクリックします。

  5. (オプション)結果をプレビューする場合は、ステージングされたサイトインデックスを再構築します。

    ステージングされたWebサイトの増分インデックスの設定」を参照してください。

  6. (オプション)SEO Browse Pages Word Listページで、次のいずれかの操作を行います。

項目の詳細の単語リストの設定

ページタイトル、説明、キーワードに含まれる項目の詳細な語句のリストを設定できます。

項目の詳細の単語リストを設定するには

  1. 製品メニューで、Settings/SEO/Item Detail Pages​をクリックします。

  2. SEO Item Detail Word ListページのTitle、Description、Keywordsの各グループで、必要なオプションを設定します。

    検索結果の単語リストの設定のオプションの表を参照してください。

  3. (オプション)「プレビューサンプル出力」をクリックして、設定したSEOフィールドの結果値をプレビューします。

    設定したSEOメタタグのプレビューを参照してください。

  4. 変更を保存」をクリックします。

  5. (オプション)結果をプレビューする場合は、ステージングされたサイトインデックスを再構築します。

    ステージングされたWebサイトの増分インデックスの設定」を参照してください。

  6. (オプション)SEO Item Detail Word Listページで、次のいずれかの操作を行います。

設定したSEOメタタグのプレビュー

設定したSEOフィールドの結果値をプレビューして、その使用場所に何が挿入されるかを確認できます。

SEOフィールドには、フィールドに含める値を含めることができるので、検索結果は、指定した検索クエリに依存する場合があります。

設定したSEOメタタグをプレビューするには

  1. 製品メニューで、Settings/SEO/Search Result Pages​をクリックします。

  2. SEOページで、「プレビューサンプル出力」をクリックします。

  3. SEO PreviewページのEnter sample queryフィールドに、検索するクエリ語を入力します。

  4. 検索」をクリックします。

    表示される「タイトル」、「説明」、「キーワード」フィールドには、先ほど入力した検索クエリに基づいて、ページに挿入されるコンテンツが表示されます。

  5. 閉じる」をクリックして、メインのSEOページに戻ります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now