[マイプロファイル]メニューについて

個人プロファイル、環境設定、ログインパスワード、表示アクセス権限を設定するには、マイパスワードメニューを使用します。

個人ユーザー情報の設定

必要な電子メールアドレスや、ほとんどのWebサイトページで使用される文字エンコーディングの設定など、アカウントに関連付けられた個人ユーザー表示を管理できます。

選択した文字エンコーディングは、メタタグで上書き文字セットエンコーディングが指定されていない限り、アカウント内のWebページに適用されます。 文字エンコーディングはアカウント設定ページにも適用されます。 デフォルト値は「Western European (ISO-8859-1)」です。

電子メールアドレスを指定する場合は、ASCII文字のみを含める必要があります。 標準の英字(a…z)文字または数値(0..9)文字。ユーザー名とドメインを区切るために使用される@文字は1つだけです。 _+-.!#$'%&*?^、a14/>と}も使用できます。 = {電子メールアドレスにピリオド(.)を開始できません。

環境設定の設定」を参照してください。

ログインパスワードの変更」を参照してください。

ログインのキャンセルを参照してください。

アクセス権限の表示を参照してください。

個人ユーザ情報を設定するには

  1. 製品メニューで、Settings/My Profile/Personal Information​をクリックします。

  2. Personal Informationページで、必要なフィールドを指定します。

    Email Addressフィールドのみが必要です。

  3. クリック Save Changes.

環境設定

ユーザーインターフェイスに固有の環境設定を指定できます。

例えば、デフォルトとして使用するルールビルダーのユーザーインターフェイスに関する環境設定を設定できます。 または、保存時にテンプレートタグ属性を検証したり、保存時にガイド付き検索オブジェクトへのテンプレート参照を検証したりできます。

個人ユーザー情報の設定を参照してください。

ログインパスワードの変更」を参照してください。

ログインのキャンセルを参照してください。

アクセス権限の表示を参照してください。

ビジネスルールについてを参照してください。

テンプレートについてを参照してください。

環境設定を設定するには

  1. 製品メニューで、Settings/My Profile/My Preferences​をクリックします。

  2. My Preferencesページで、必要なフィールドを設定します。

    オプション 説明
    ルールビルダーの環境設定 新しいビジネスルールを構築する際に使用するデフォルトのユーザーインターフェイスを選択できます。 すばやくルールを作成できるシンプルな視覚的なインターフェイス、または制御性と柔軟性を高める高度なオプションインターフェイスを選択できます。 デフォルトの環境設定は「ビジュアル」です。 ビジネスルールを構築する際、設定したルールビルダーの環境設定に関係なく、ビジュアルインターフェイスまたは高度なインターフェイスの使用を切り替えることができます。
    保存時にテンプレートタグ属性を検証 テンプレートエディターでテンプレートを保存する際に、<guided-と<search->のすべての属性を検証します。 「プレゼンテーションまたはトランスポートテンプレートの編集」を参照してください。
    保存時にGSオブジェクトへのテンプレート参照を検証 <guided-*>タグで参照されるメニュー、ファセット、パンくずリスト、カスタムVar、テンプレートなどのガイド付き検索オブジェクトの存在を確認します。
  3. 変更を保存」をクリックします。

ログインパスワードの変更

ログインに使用するパスワードを変更できます。 初回ユーザーには、パスワードが自動的に割り当てられます。

パスワードを忘れた場合は、ログインページの​Forgot your password?​をクリックし、指示に従って新しいパスワードを生成します。

アカウントのパスワードには、次の規則と制限が適用されます。

  • パスワードは大文字と小文字が区別されます。
  • 最小8文字、最大20文字。
  • 最低1文字と1つの数字を含める必要があります。
  • "@"記号を除くすべてのASCIIテキスト文字を使用できます。
  • スペースは使用できます(先頭のスペースは削除されます)。
  • 辞書の単語は使用できません。

個人ユーザー情報の設定を参照してください。

環境設定の設定」を参照してください。

ログインのキャンセルを参照してください。

アクセス権限の表示を参照してください。

ログインパスワードを変更するには

  1. 製品メニューで、Settings/My Profile/Password​をクリックします。
  2. Change PasswordページのCurrent Passwordフィールドに、使用する現在のログインパスワードを入力します。
  3. New PasswordフィールドとNew Password (again)フィールドに、使用する新しいログインパスワードを入力します。
  4. 変更を保存」をクリックします。

ログインを取り消しています

Adobeログインをキャンセルすることができます。 ログインをキャンセルすると、表示されたログイン電子メールで、このアカウントや他のAdobeアカウントにアクセスできなくなります。

アカウント所有者は、ログインをキャンセルする前に、アカウントの所有権を別のアクティブなアカウントユーザーに転送します。 この操作が完了したら、他のアカウントユーザーと同様にログインをキャンセルできます。

アカウント所有権の別のアカウントユーザーへの移行」を参照してください。

アカウントから自分を削除するを参照してください。

アカウントの削除」を参照してください。

ログインをキャンセルするには

  1. アカウント所有権を別のアカウントユーザーに転送します。

    アカウント所有権の別のアカウントユーザーへの移行」を参照してください。

  2. 製品メニューで、Settings/My Profile/Cancel​をクリックします。

  3. Cancel Loginページで、Cancel Login​をクリックします。

  4. Yes​をクリックしてキャンセルを確定します。

アクセス権限の表示

「マイアクセス」権限を持つユーザーは、ロールを使用してページへのアクセスを制限したり、ほとんど使用されないページを削除したりできます。 アクセス権は、所属するロール(存在する場合)を表示します。 現在1つ以上のロールに割り当てられていない場合は、フル無制限のアクセス権を持ちます。

ツリー表示には、制限可能なメンバーセンター内のページと、チェックマークが付いたページへのアクセス権が現在あるかどうかが表示されます。

アカウントへの新しいロールの追加」を参照してください。

アカウントに存在するロールの表示」を参照してください。

ツリー表示内の権限​Can push live​は、そのロール内の任意のユーザーに、ステージングされた任意のアイテムをライブにプッシュする権限を与える特別な制御です。 この機能を持たないロールを作成すると、そのロールのユーザーがライブ検索に影響を与えないように設定をプッシュできるユーザーが作業内容を確認し、ライブ検索を行うまで、そのロールのユーザーを保証できます。

Run live indexes​権限と​Run stage indexes​権限は、インデックスを実行する権限をロール内のユーザーに付与または拒否するために使用される特別なコントロールです。

例えば、ステージングされたインデックスを実行できるが、ライブインデックスは実行できないユーザーや、ステージングされた設定をライブにプッシュできるユーザーがロールに存在する場合があります。 このロールのユーザーは、ライブインデックスに影響を与えることなく、ステージングされた環境ですべての作業をテストできます。 一部の設定では、行われた変更をプレビューする前に、インデックスの再構築が必要です。

アクセス権限を変更するには、管理者領域で適切な役割に対する権限を変更する必要があります。

個人ユーザー情報の設定を参照してください。

環境設定の設定」を参照してください。

ログインパスワードの変更」を参照してください。

ログインのキャンセルを参照してください。

アクセス権限を表示するには

  1. 製品メニューで、Settings/My Profile/My Access Privileges​をクリックします。
  2. My Access Privilegesページでツリー表示を展開し、権限または制限付きアクセスを確認します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now