直接ヒットについて

直接ヒットを使用すると、顧客が一致する用語を検索した場合に、顧客を指定のURLにリダイレクトできます。 この種の機能を使用すると、Webサイトの検索のナビゲーションを改善できます。

直接ヒットの使用

直接ヒットは2つの主要な要素で構成されます。webサイトのURLと、1つ以上のカンマ区切りの検索用語。 直接ヒットは次のように指定します。

    website_URL: term
    website_URL: term, term, term

例えば、会社のWebサイトに、すべての利用条件を指定するページがあるとします。 顧客が用語と条件を検索した場合、結果を表示する代わりに、顧客を用語と条件ページにリダイレクトできます。

    https://www.mycompany.com/policies.asp?article=terms: terms and conditions, terms, conditions, security
    https://www.mycompany.com/press/news.asp: press releases, press

クエリ用語が直接ヒットと一致しない場合、検索結果は通常の方法で返されます。

直接ヒットの設定

検索結果を返す代わりに、WebブラウザーをURIにリダイレクトする検索用語を指定できます。

空白行と、「#」(ハッシュ)文字で始まるコメント行が使用できます。

ダイレクトヒットを設定するには

  1. 製品メニューで、Rules/Direct Hits​をクリックします。

  2. Direct Hitsフィールドに、WebサイトのURLと、1つ以上のカンマ区切りの検索用語を入力します。

  3. クリック Save Changes.

  4. (オプション)次のいずれかの操作を行います。

直接ヒットのテスト

ダイレクトヒットルールをライブにプッシュする前に、キーワードを入力してダイレクトヒットをテストできます。

ダイレクトヒットルールの対象でない用語をテストする場合は、通知するメッセージが表示されます。 このようなシナリオでは、ダイレクトヒットルールがWebサイト上で実稼動していた場合、検索結果は通常どおり返されます。 ダイレクトヒットルールが適用される用語をテストする場合、指定したURLへのリダイレクトが発生したことを知らせるメッセージが表示されます。

直接ヒットをテストするには

  1. 製品メニューで、Rules/Direct Hits​をクリックします。

  2. Test Direct Hitsフィールドに検索語句を入力し、Test​をクリックします。

  3. (オプション)次のいずれかの操作を行います。

このページ