テンプレート

テンプレート

プレゼンテーションテンプレートタグ

プレゼンテーションテンプレート用のサイト検索/マーチャンダイジングタグと属性のリスト。

プレゼンテーションテンプレートは、サイト検索/マーチャンダイジングで定義されるプレゼンテーションテンプレートタグを含むHTMLファイルです。 これらのタグは、顧客に表示される検索結果の形式設定を示します。

テンプレートについてを参照してください。

次のプレゼンテーションタググループから選択できます。

宣言

宣言は、トップレベルのプレゼンテーションテンプレートの最上部に設定できる特別なガイド付き宣言タグです。 これ以降の宣言(含まれるテンプレート内の宣言を含む)は無視されます。

タグ

説明

1

<guided-content-type-header content="content-type">

デフォルトでは、プレゼンテーションテンプレートはMIMEタイプがtext/htmlの状態で戻されます。 このタグで使用するcontent-typeは変更できます。

プレゼンテーションテンプレートで、このタグをできるだけ高く宣言します。 このタグを使用して、同じ行に他のテキストを追加しないでください。

2

<guided-xml-declare>

XMLを返す場合は、このタグを使用してXML宣言を作成できます。 このタグをプレゼンテーションテンプレートの最初の行にします。 このタグを使用する場合、最初の行の <guided-content-type-header> で上書きしない限り、content-typeは自動的にtext/xmlに設定されます。 文字セットを指定しない場合、デフォルトはUTF-8です。 このタグは、XMLドキュメントで次のように出力されます。

<?xml version="1.0" encoding="charset-name" standalone="yes" ?>

結果

タグ

説明

3

<guided-results></guided-results>

guided-resultsタグは、結果ループの境界を定義します。 gsname 属性を指定すると、任意の結果セットにアクセスできます。 gsname が指定されない場合は、デフォルトの検索結果が表示されます。

2

<guided-result-link></guided-result-link>

特定の結果へのリンクを作成するには、 guided-result-link タグを使用します。 gsname 属性を定義すると、「search-url」を参照する標準の「loc」タグの代わりに、インデックスのフィールドを使用できます。 クラスやターゲットなど、他の属性も渡すことができ、結果のアンカータグに出力されます。

3

<guided-result-img gsname="fieldname">

<guided-result-img> タグは、生の img タグ内に変数を埋め込む代わりに、イメージタグの作成に役立ちます。

gsname 属性で、イメージパスに使用するフィールドを指定します。 結果は、定義した標準HTML属性を持つ img タグが渡されます。 次の例を見てみましょう。

<guided-result-img gsname="thumbnail"  class="thumb" border="0"/>

becomes:

<img src="prod8172.jpg" class="thumb"  border="0"/>

4

<guided-result-field gsname="fieldname">

結果に表示する情報は、 <guided-result-field> タグとして表示されます( <guided-result-img> タグなどの自動生成タグを使用する場合を除く)。

gsname に検索インデックスフィールドの名前を指定します。 渡された文字列と完全に一致するものがテンプレートに出力されます。

このフィールドをトランスポートテンプレートで指定したものとは異なる方法でエスケープする場合は、エスケープオプションを指定できます。

このエンコーディングは、トランスポートテンプレートで指定されたエンコーディングの上に適用されます。

5

<guided-if></guided-if-result-field>

この条件タグのセットは、表示する特定のフィールドにコンテンツがある場合にtrueになります。 コンテンツが存在しない場合、条件はfalseです。 タグを使用して、周囲のHTMLを表示するかどうか(値が存在しない場合)、または別の画像を表示するかどうか(その他)を決定できます。

<guided-if-result-field gsname="thumbnail">     <guided-result-img gsname="thumbnail" class="thumb" /> <guided-else-result-field>     <img src="nothumb.jpg" class="nothumb" /> </guided-if-result-field>

6

<guided-if[-not]-result-wrap> <guided-else-result-wrap> </guided-if[-not]-result-wrap>

列に結果を表示する場合、このタグは、現在の結果が列の終わりを示すかどうかを識別するために使用されます。

ブール条件がtrueの場合、HTMLが結果の末尾に追加され、行の最後に追加され、新しい行が開始されます。 最後の行の場合は、新しい行は開始されません。

そのタグの詳細については、 <guided-if-not-last> を参照してください。

<guided-if-result-wrap>      </div>      <guided-if-not-last>          <div>      </guided-if-not-last>  </guided-if-result-wrap>

7

<guided-results-found>

バックエンド検索リクエストが結果を返した場合は1を返し、返さなかった場合は0を返します。 gsname が指定されていない場合、タグはプライマリ検索と見なします。 このタグは、JavaScriptルーチンにロジックを渡す場合に役立ちます。

8

<guided-results-total>

指定した結果セットの結果の合計数を返します。 gsname が指定されていない場合に、デフォルトの検索と見なします。

9

<guided-results-lower>

指定した結果セットに対して、ページ上で下位の結果の結果数を返します。 gsname が指定されていない場合に、デフォルトの検索と見なします。

10

<guided-results-upper>

指定した結果セットに対して、ページ上の上位の結果の結果数を返します。 gsname が指定されていない場合に、デフォルトの検索と見なします。

11

&amp;lt;/guided-if[-not]-results-found&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

結果が見つかった場合にコンテンツを表示します。 または、結果が見つからない場合は結果HTMLを表示しません。

<guided-if-results-found gsname="products">     <guided-results gsname="products">         ...     </guided-results> <guided-else-results-found>      No results were found. </guided-if-results-found>

12

<guided-result-title />

<guided-result-title> タグは、 <title> transportタグで指定されたタイトルトランスポートテンプレートフィールドの値を指定します。

13

<guided-result-description />

<guided-result-description> タグは、 <description> トランスポートタグで指定された説明トランスポートテンプレートフィールドの値を指定します。

14

<guided-result-loc />

< guided-result-loc> タグは、 <loc> transportタグで指定されたloc transport templateフィールドの値を指定します。

15

&amp;lt;/guided-if-result-field&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

Trueを指定すると、特定のフィールドに表示するコンテンツが含まれます。 コンテンツが存在しない場合、条件はfalseです。 タグを使用して、周囲のHTMLを表示するかどうか、値が存在しないか、別の画像を表示するかなどを決定します。

<guided-if-result-field gsname="thumbnail">      <guided-result-img gsname="thumbnail" class="thumb"/> <guided-else-result-field>      <img src="nothumb.jpg" class="nothumb"/> </guided-if-result-field>

16

<guided-result-attribute-table gsname="tablename">

このタグは、トランスポートテンプレートで <attribute_table> トランスポートタグで定義されているループスルー属性テーブルを提供します。 属性テーブルのフィールド値を表示する <guided-result-attribute-table-field> タグがあります。 また、ループ内で、プレーン guided-result-field タグを使用して、他の結果フィールドを表示することもできます。

17

<guided-result-attribute-table-field gsname="fieldname">

トランスポートテンプレートでの定義に従って、属性テーブルのフィールドを表示します。

...

&amp;lt;ul&amp;gt;

&amp;lt;guided-result-attribute-table&amp;nbsp;gsname=&quot;downloads&quot;&amp;gt;
&amp;nbsp;&amp;lt;li&amp;gt;
&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;lt;a&amp;nbsp;a&amp;lt;guided-result-atable-field-sp=;gsname=&quot;download_link&quot;&amp;nbsp;/&amp;gt;&quot;&amp;gt;
&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;lt;guided-result-attribute-table-field&amp;nbsp;gsname=&quot;download_title&quot;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;sp;;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;lt;/a&amp;gt;&amp;nbsp;(&amp;lt;guided-result-field&amp;nbsp;gsname=&quot;title&quot;/&amp;gt;)






&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;lt;li&amp;gt&amp;get;guided-result&amp;gt;lt&amp;get;lt&rbrace;

&amp;lt;/guided-results&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

18

<guided-trace>

特定の検索用のトランスポートテンプレートによって出力されるJSONデータの一般セクション内のトレースデータ内にあるトレース情報を出力します。

検索名を指定しない場合、デフォルトが使用されます。

19

<guided-result-trace />

現在の検索結果のトランスポートテンプレートによって出力されたJSONデータの結果/トレース情報内のJSONコンテンツを出力します。

このタグは、 <guided-results></guided-results> ループ内でのみ有効です。

ファセット

ファセットは、検索結果を詳細に調べるためのナビゲーションコンポーネントです。 ファセットタグを使用すると、プレゼンテーションテンプレートに様々なファセットを表示できます。 ファセットは名前で参照します。

ファセットについてを参照してください。

「Facet Rail」についてを参照してください。

動的ファセットについてを参照してください。

タグ

説明

1

<guided-dynamic-facets></guided-dynamic-facets>

任意の検索に対する動的ファセットのループコンテキスト。

<guided-facet> プレゼンテーションテンプレートタグを編集し、gsname属性が <guided-dynamic-facets> ループコンテキストによって自動的に提供されるようにします。

2

<guided-facet-display-name gsname=" facetname " />

ファセットの表示ラベルを返します。

ファセットでトランスポートテンプレートで <display-name> タグが使用されている場合、そのタグのコンテンツがラベルになります。

3

<guided-facet-rail></guided-facet-rail>

ファセットパネルの各ファセットの繰り返しパターンとして使用されるプレゼンテーションテンプレートのセクションを定義します。

ファセットパネルに属する各ファセットは、このセクションを使用して出力を評価します。

ファセットパネルの例を次に示します。

<guided-facet-rail>   <guided-facet>     <guided-facet-display-name/>     ...     </guided-facet>   </guided-facet-rail>

次のタグは、 <guided-facet-rail> タグ内の値が検索時に動的に決定され、適切に置き換えられる場合、 gsname 属性は必要ありません。

  • ガイド・ファセット
  • guided-facet-display-name
  • guided-facet-total-count
  • guided-facet-undo-link
  • guided-facet-undo-path
  • ガイド付きファセット動作

ファセットパネルページの並べ替え条件によって、ファセットの位置が決まります。 並べ替え順は、「ファセットの並べ替えリスト」ドロップダウンメニューから選択できます。

このタグでは、オプションで _dynamic_facetsのgsname属性値を受け入れることができます。この値は、任意の動的ファセットに対してループコンテキストを提供し ます。この事前定義されたファセットパネルは、Business Rulesユーザーインターフェイスにも表示され、ファセットパネル'_dynamic_facets'のアクションプッシュファセットXをY "に配置できます。

「Facet Rail」についてを参照してください。

動的ファセットについても参照してください。

4

<guided-facet gsname=" facetname " height=" 60px " width=" 120px "></guided-facet>

guided-facet タグを使用して、すべてのファセットタグが特定のファセットに関連付けられる領域を定義します。 また、このタグはブール型タグでもあり、ファセットに値が存在しない場合は、すべてのコンテンツを非表示にします。 この場合、ファセット値を出力するポイントはありません)。

高さと幅の属性はオプションで、サイズはピクセル単位(px)で指定します。 Visual Rule Builder(VRB)ではこれら2つの属性を使用し、ファセットが非表示の場合に、インタラクティブなプレースホルダーとして点線のボックスを表示します。

表示名がファセット内にあり、ファセットが非表示の場合、その名前も非表示になります。 ただし、名前がファセットの外にある場合、ゾーンタグまたは guided-if-facet-visible タグがファセットの周りに含まれている場合にのみ、名前を非表示にできます。

5

<guided-if></guided-if>

この条件付きタグは、ファセット値の数が設定で定義されている長さのしきい値を超えている場合にtrueになります。 リストが長すぎる場合にファセットを別のUI要素(切り捨てられたリストやスクロールボックスなど)として表示するには、この関数を使用します。

<guided-facet name="category">     <guided-if-facet-long>         <select>             <guided-facet-values>                 <guided-facet-option />             </guided-facet-values>         </select>     <guided-else-facet-long>         <guided-facet-values>             <guided-facet-value-link><guided-facet-value /></guided-facet-link>         </guided-facet-values>     </guided-if-facet-long> </guided-facet>

gsname 属性を使用して特定のファセットを直接参照することで、 guided-facet ブロックのコンテキスト外でこの条件を使用することもできます。

<guided-if-facet-long gsname="category">     The category facet is very long! </guided-if-facet-long>

6

<guided-if></guided-if>

この条件付きタグは、ファセットが少なくとも1回クリックされ、現在ファセット値が選択されている場合にtrueになります。 ファセットがクリックされたかどうかに応じて、HTMLタグまたはgsタグの表示/非表示を切り替えるために使用されます。

<guided-facet name="category">     <guided-if-facet-selected>         This facet has been selected.  You can no longer refine it.     <guided-else-facet-selected>     <guided-facet-values>         <guided-facet-value-link><guided-facet-value /></guided-facet-link>     </guided-facet-values>     </guided-if-facet-selected> </guided-facet>

gsname 属性を使用して特定のファセットを直接参照することで、 guided-facet ブロックのコンテキスト外でこの条件を使用することもできます。

<guided-if-facet-selected gsname="category">     The category facet is selected! </guided-if-facet-selected>

7

<guided-if></guided-if>

ファセット値が1つだけの場合、この条件付きタグはtrueです。 結果を絞り込むことができない場合は、タグを使用してファセットの表示を変更します。

<guided-facet name="category">     <guided-if-facet-single>         Facet is not refinable.     <guided-else-facet-single>         <guided-facet-values>             <guided-facet-value-link><guided-facet-value /></guided-facet-link>         </guided-facet-values>     </guided-if-facet-single> </guided-facet>

gsname 属性を使用して特定のファセットを直接参照することで、 guided-facet ブロックのコンテキスト外でこの条件を使用することもできます。

<guided-if-facet-single gsname="category">     There is only one value in the category facet! </guided-if-facet-single>

8

<guided-if></guided-if>

ファセットが複数選択の場合、この条件タグはtrueです。 タグを使用して、 <guided-facet-rail> または <guided-dynamic-facets> タグ内のファセットの表示を変更します。

&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;lt;guided-if-facet-multiselect&amp;gt;
&amp;nbsp;...
&amp;nbsp;&amp;lt;guided-else-facet-multiselect&amp;gt;
&amp;nbsp;...
&amp;nbsp;&amp;lt;/guided-if-facet-multiselect&amp;gt;
&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;...
&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;lt;/guided-facet&amp;gt;
&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;lt;/guided-facet-rail&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

9

<guided-facet-values> facetname "]></guided-facet-values>

これは、ファセット値ループイテレータタグです。 名前の guided-facet ブロックのコンテキスト内で定義できます。この場合、 gsname を省略できます。 または、 guided-facet ブロックの外側に定義できますが、 gsname 属性を使用して、表示するファセット値のセットを指定する必要があります。

また、このタグを使用して、名前付きの guided-facet ブロックのコンテキスト外にファセット値を表示することもできます。 gsname 属性を使用して、特定のファセットを直接参照します。

<script>      registerFacetValues('category', '<guided-facet-values gsname="category"><guided-facet-value/>,</guided-facet-values>'); </script>

10

<guided-facet-value>

現在のファセット値の文字列を出力します。

デフォルトでは、値はHTMLエスケープです。 値のエスケープ方法は、エスケープオプションを使用して変更できます。

11

<guided-facet-count />

現在のファセット値と一致する結果の数を出力します。

12

<guided-facet-value-link></guided-facet-value-link>

サイト訪問者がクリックするファセット値文字列を囲むリンクを作成します。 パスが自動的に生成され、現在のファセット値で結果が絞り込まれます。 アンカータグへの属性の直接渡しをサポートします。

<guided-facet-values>     <guided-facet-value-link class="facetlink"><guided-facet-value /></guided-facet-value-link> </guided-facet-values>

13

<guided-if-facet-value-selected> <guided-else-facet- value-selected> </guided-if-facet-value-selected>

ファセット値が現在選択されている場合に、ファセット値の表示を変更します。 選択済みの場合は、ほとんどの場合、リンクできなくなります。

<guided-facet-values>      <guided-if-facet-value-selected>          <b><guided-facet-value/></b>      <guided-else-facet-value-selected>          <guided-facet-link><guided-facet-value/></guided-facet-link>         </guided-if-facet-value-selected> </guided-facet-values>

14

&amp;lt;/guided-if[-not]-facet-value-ghost&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

ファセット値がゴースト値の場合に、ファセット値の表示を変更します。 ファセット値がゴースト値の場合、通常、ファセット値は斜体で表示され、その値が欠落しているか「ホスト化」されていることを示します。

次のコードの抜粋は、ファセットブロックの例です。

<guided-facet-values>     <guided-if-facet-value-selected>         <b><guided-facet-value /> (<guided-facet-count />)</b>             <guided-else-facet-value-selected>                 <guided-if-facet-value-ghost>                     <i><guided-facet-value /> (0)</i>                 <guided-else-facet-value-ghost>             <guided-facet-link class="link"><guided-facet-value /></guided-facet-link> (<guided-facet-count />)         </guided-if-facet-value-ghost>     </guided-if-facet-value-selected> </guided-facet-values>

15

<guided-facet-undo-link gsname=" facetname "></guided-facet-undo-link>

特定のファセットに対して「元に戻す」リンクを表示します。 複数選択ファセットがある場合、このリンクは指定されたファセットの値のすべてを選択解除します。 ファセットに名前を付けます。 ファセットが現在選択されていない場合、リンクは現在のパスになります。

以下は、このタグの使用例です。

<guided-if-facet-selected gsname="category">     <guided-facet-undo-link gsname="category">Undo Category</guided-facet-undo-link> </guided-if-facet-selected>

16

<guided-if-facet-long [gsname="facetname"]> <guided-else-facet-long></guided-if-facet-long>

この条件付きタグは、ファセット値の数が設定で定義されている長さのしきい値を超えている場合にtrueになります。 リストが長すぎる場合に、切り捨てられたリストやスクロールボックスなど、ファセットを別のユーザーインターフェイス要素として表示する場合に使用します。

<guided-facet gsname="category">      <guided-if-facet-long>          <div class="long_facet">              <guided-facet-values>                  <guided-facet-link><guided-facet-value/></guided-facet-link>              </guided-facet-values>          </div>      <guided-else-facet-long>          <div class="facet">              <guided-facet-values>                  <guided-facet-link><guided-facet-value/></guided-facet-link>              </guided-facet-values>          </div>      </guided-if-facet-long>  </guided-facet>

gsname 属性を使用して特定のファセットを直接参照することで、 guided-facet ブロックのコンテキスト外でも、この条件を使用できます。

<guided-if-facet-long gsname="category">      The category facet is very long! </guided-if-facet-long>

17

<guided-if-facet-selected [gsname="facetname"]> <guided-else-facet-selected></guided-if-facet-selected>

この条件付きタグは、ファセットが少なくとも1回クリックされ、現在ファセット値が選択されている場合にtrueになります。 ファセットがクリックされたかどうかに応じて、HTMLタグまたはgsタグの表示/非表示を切り替えるために使用できます。

<guided-facet gsname="category">      <guided-if-facet-selected>          This facet has been selected.  You can no longer refine it.      <guided-else-facet-selected>          <guided-facet-values>              <guided-facet-link><guided-facet-value/></guided-facet-link>          </guided-facet-values>      </guided-if-facet-selected> </guided-facet>

gsname 属性を使用して特定のファセットを直接参照することで、 guided-facet ブロックのコンテキスト外でこの条件を使用することもできます。

<guided-if-facet-selected gsname="category">      The category facet is selected! </guided-if-facet-selected>

18

<guided-if-facet-single [gsname="facetname"]> <guided-else-facet-single></guided-if-facet-single>

ファセット値が1つだけの場合、この条件付きタグはtrueです。 結果を絞り込む機能がない場合は、この関数を使用してファセットの表示を変更できます。

<guided-facet gsname="category">      <guided-if-facet-single>          Facet is not refinable.      <guided-else-facet-single>          <guided-facet-values>              <guided-facet-link><guided-facet-value/></guided-facet-link>          </guided-facet-values>      </guided-if-facet-single> </guided-facet>

gsname 属性を使用して特定のファセットを直接参照することで、 guided-facet ブロックのコンテキスト外でも、この条件を使用できます。

<guided-if-facet-single gsname="category">      There is only one value in the category facet! </guided-if-facet-single>

19

<guided-if-facet-has-values [gsname="facetname"]> <guided-else-facet-has-values></guided-if-facet-has-values>

この条件を使用すると、指定したファセットに値がまったくないかどうかを確認できます。 空のファセットの代わりに別のファセットを表示する場合に使用できます。

20

<guided-facet-total-count gsname=" facetname " />

特定のファセット内の結果の合計数を出力します。

21

<guided-facet-value gsname=" associated custom facet value ">

ファセットに関連付けられている値の文字列を出力します。 ファセットには、0個以上のフィールドを関連付けることができます。 フィールドが関連付けられることはまれです。このような場合には、トランスポートテンプレートを設定します。

22

<guided-if-facet-value gsname=" associated custom facet value " /><guided-else-facet-value></guided-if-facet-value>

ファセット値に関連するフィールド値があるかどうかをテストします。

23

<guided-facet-link> 値 "]+></guided-facet-link>

顧客がクリックできるファセット値文字列を囲むリンクを作成します。 パスが自動的に生成され、現在のファセット値で結果が絞り込まれます。 アンカータグへの属性の直接渡しをサポートします。

<guided-facet-values>      <guided-facet-link class="facetlink"><guided-facet-value/></guided-facet-link> </guided-facet-values>

24

<guided-facet-value-path>

ファセット値への独自のリンクを作成します。

<guided-facet-values>      <guided-lt/>a href="<guided-facet-value-path/>"<guided-gt/><guided-facet-value/></a> </guided-facet-values>

デフォルトでは、この値はURLエスケープされています。 ただし、エスケープパラメーターを使用して使用するエスケープモードを指定することで、別のエンコーディングレイヤーを追加できます。

25

<guided-facet-value-children></guided-facet-value-children>

<guided-facet-values> が各ファセット値を繰り返し処理すると、このタグはネストされたファセットのすべての子値を繰り返します。 このタグ内で、リンクの作成、元に戻すリンクの作成、ファセット値の表示に一般的なファセットタグを使用します。 このタグはネストされたループ処理を行うので、 <guided-facet-values> 内にある必要があります。

このタグの使用例を次に示します。

<guided-facet-values>   <guided-facet-link title='<guided-facet-value />'><guided-facet-value /> (<guided-facet-count />)</guided-facet-link>   <guided-if-facet-value-has-children>    <guided-facet-value-children>     <guided-facet-link title='<guided-facet-value />'><guided-facet-value /> (<guided-facet-count />)</guided-facet-link>    </guided-facet-value-children>   </guided-if-facet-value-has-children> </guided-facet-values>

26

<guided-if-facet-value-has-children> <guided-else-facet- value-has-children> </guided-if-facet-value-has-children>

現在のファセット値に子の値があるかどうかをテストします。 <guided-facet-value-children> タグを使用する前にを使用することをお勧めします。 「else」句はオプションです。

27

&amp;lt;guided-else[-not]-facet-value-above-length-threshold&amp;gt;

&amp;lt;/guided-if[-not]-facet-value-above-length-threshold&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

ファセット値ループ内の現在のファセット値が長さのしきい値を超えているかどうかを判定します。 通常は、長いファセットにしきい値を下回る値のみを表示する目的で使用されます(ユーザーが以前にファセットの下に表示される「詳細」リンクを選択した場合を除く)。

28

&amp;lt;guided-else[-not]-facet-value-equals-length-threshold&amp;gt;

&amp;lt;/guided-if[-not]-facet-value-equals-length-threshold&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

ファセット値ループ内の現在のファセット値が長さのしきい値と等しいかどうかを判定します。

29

<guided-facet-value-undo-link></guided-facet-value-undo-link>

特定の選択されたファセット値に対する元に戻すリンクを表示します。 これを使用して、選択したファセット値の横に「元に戻す」リンクを表示します。 この元に戻すリンクは、選択した特定の値を元に戻すだけなので、選択したすべての値の選択を解除する <guided-facet-undo-link> とは異なります。

注意: ファセットに複数選択の動作がない場合、2つの元に戻すリンクの動作は同じです。 つまり、ファセットには1つの選択された値しか含めることができません。

ファセットが現在選択されていない場合、リンクは現在のパスになります。 このタグは、 guided-facet-values ループ内でのみ使用します。

30

<guided-facet-value-undo-path />

独自のファセット値の元に戻すリンクを作成します。

31

<guided-facet-undo-path gsname=" facetname " />

独自のファセットの元に戻すリンクを作成します。

<guided-facet-undo-link> タグと同様ですが、独自の元に戻すリンクを作成するための生のパスを提供します。

32

<guided-if-facet-value-matches facetname="facetname" value="value"><guided-else-facet-value-matches> </guided-if-facet-value-matches>

特定のファセットに選択された値または単一の値「値」が含まれる場合、条件に応じてHTMLを表示します。 このタグのセットは、多くの場合、別のファセットで選択した値に基づいてファセットを表示するのに使用されます。

33

<guided-facet-behavior gsname=" facetname " />

通常、共通、複数選択などのファセットの動作を決定します。 XML結果を受け取り、その動作に基づいてファセットの表示方法を動的に変更する必要がある顧客にとって役立ちます。

34

&amp;lt;/guided-if-facet[-not]-visible&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

このタグで折り返されるコンテンツは、ファセットの表示状態に基づいて非表示または表示されます。 ビジネスルールでファセットを直接表示または非表示にした場合、ファセット内のコンテンツはすべて非表示になり、表示されます。 これらのタグをファセットで囲む必要はありません。

このタグの一般的な使用法は、表示名がファセットの外にある場合に表示名を非表示にすることです。 表示名の周りにこのタグを含めると、ファセットが非表示の場合に名前が表示されなくなります。

このタグは、ゾーンを置き換えるものであり、ゾーンを使用する場合と同じパフォーマンス上の利点を多数持ちます。

パンくず

パンくずリストを参照してください。

タグ

説明

1

<guided-breadcrumb> breadcrumbname "]></guided-breadcrumb>

パンくずリストのループタグ。 開始タグと終了タグの間のコンテンツは、現在の状態のクエリ番号ごとに反復されます。

gsname を省略した場合は、"default"という名前の階層リンクが使用されます。

2

<guided-breadcrumb-link></guided-breadcrumb-link>

階層リンク内にリンクを作成します。 デフォルトの動作は「goto」動作です。 リンクの動作が異なる場合は、 gsname オプションの属性を使用して、「remove」または「drop」を指定します。 タグに含まれる属性は、結果のアンカータグに渡されます。

<guided-breadcrumb>      <guided-breadcrumb-link gsname="remove" class="bc_link">          <guided-breadcrumb-value/>      </guided-breadcrumb-link> </guided-breadcrumb>

3

<guided-breadcrumb-value />

valueタグは、現在の階層リンクイテレーションの変換された値を出力します。 これは、 guided-breadcrum ブロックのコンテキストでのみ使用されます。

<guided-breadcrumb>      <guided-breadcrumb-link>          <guided-breadcrumb-value/>      </guided-breadcrumb-link> </guided-breadcrumb>

4

<guided-breadcrumb-label />

labelタグは、階層リストの値のラベルを出力します。階層リストの値の詳細は、どのファセットが選択されたかによって示されます。 これは、 guided-breadcrum ブロックのコンテキストでのみ使用されます。

<guided-breadcrumb>      <guided-breadcrumb-link>          <guided-breadcrumb-label/>: <guided-breadcrumb-value/>      </guided-breadcrumb-link> </guided-breadcrumb>

5

<guided-if-breadcrumb-label> <guided-else- breadcrumb-label> <guided-if-breadcrumb-label />

この条件付きタグは、現在の階層リンクの値にラベルが含まれている場合に、コンテンツを条件付きで表示するために使用されます。 ラベルが実際に存在する場合にのみ、ラベルを表示し、コンテンツを関連付けるために使用します。 これは、 guided-breadcrum ブロックのコンテキストでのみ使用されます。

<guided-breadcrumb>      <guided-breadcrumb-link>          <guided-if-breadcrumb-label>              <guided-breadcrumb-label/>:          </guided-if-breadcrumb-label>      <guided-breadcrumb-value/></guided-breadcrumb-link> </guided-breadcrumb>

6

<guided-breadcrumb-path>

独自の階層リンクの構築に使用します。

メニュー

メニューについてを参照してください。

タグ

説明

3

<guided-menu gsname="menuname"></guided-menu>

これは、メニュー値のループ反復子タグです。 gsname 属性を使用して、表示するメニュー項目のセットを指定します。

2

<guided-menu-item-link></guided-menu-item-link>

メニュー項目の現在の検索を絞り込むためのURLが表示されます。

3

<guided-menu-item-option>

通常、テンプレートの選択コントロールにメニューが表示されます。 このタグを使用すると、selectコントロールのオプションを生成するHTMLが生成されるので、selectコントロールの構築が容易になります。

例えば、次のコードブロックがあります。

<select name="sort" onchange="gcGo(this);"> <guided-menu gsname="sort"> <guided-menu-item-option/> </guided-menu> </select>

次のようなHTMLを生成できます。

<select name="sort" onchange="gcGo(this);">   <option value="?sort=relevance;sp_sfvl_field=product-type|category|size;" selected="selected">Sort by Relevance</option>   <option value="?sort=avail-code;sp_sfvl_field=product-type|category|size;">Sort by Availability</option>   <option value="?sort=price;sp_sfvl_field=product-type|category|size;">Sort by Price</option> </select>

4

<guided-menu-item-value />

メニューに関連付けられている値の文字列を返します。

5

<guided-menu-item-label />

メニューに関連付けられているラベルの文字列を返します。

6

<guided-menu-item-path />

パス文字列を返します。 パスにパラメータを追加し、カスタムリンクを作成する場合は、タグを使用します。

7

<guided-if-menu-item-selected> <guided-else-menu- item-selected> </guided-if-menu-item-selected>

現在のメニュー項目が選択されているかどうかを示す1または0を返します。

Pagenav

ページナビゲーションタグを使用して、検索結果内を移動できる一連のリンクを作成できます。

タグ

説明

3

<guided-pages></guided-pages>

ページナビゲーションのループタグ。 開始タグと終了タグの間のコンテンツは、各ページで反復されます。

2

<guided-page-link></guided-page-link>

ページナビゲーションにリンクを作成します。

1

<guided-page-link gsname="first|prev|next|last|viewall|viewpages"></guided-page-link>

最初、前、次または最後のページへのリンクを作成します。 また、1つのページのすべてのページを表示するためのリンクを作成することもできます。

4

<guided-page-number />

現在のページ番号を含む文字列を返します。

5

<guided-if-page-selected> <guided-else-page- selected> </guided-if-page-selected>

現在繰り返し処理されているページが選択されている場合、この条件タグのセットはtrueです。 通常、ページナビゲーションコントロールにページ番号を別の形式で表示するために使用します。

6

<guided-if[-not]-page-prev> <guided-else-page- prev> </guided-if[-not]-page-prev>

現在のページに前のページがある場合、この条件タグのセットはtrueです。 通常、前のリンクをページナビゲーションで表示する場合に使用します。

7

<guided-if[-not]-page-next> <guided-else-page- next> </guided-if[-not]-page-next>

現在のページに次のページがある場合、この条件タグのセットはtrueです。 通常、前のリンクをページナビゲーションで表示する場合に使用します。

8

<guided-if[-not]-page-viewall> <guided-else-page- viewall> </guided-if[-not]-page-viewall>

検索が大きな結果セットを返す場合、すべての結果を表示する機能をオファーしたくない場合があります。 したがって、この条件タグのセットを使用して、「すべての表示」リンクを表示するタイミングを決定できます。

9

<guided-if[-not]-page-viewpages> <guided-else-page- viewpages> </guided-if[-not]-page-viewpages>

この条件タグのセットを使用して、表示ページのリンクを表示するタイミングを決定できます。 通常、これは顧客が特定のページを表示できるようにするために使用されます。

10

&amp;lt;guided-else-page-link&amp;gt;
&amp;lt;/guided-if[-not]-page-link&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

ページナビゲーションに最初のページ、前のページ、次のページなどがあるかどうかをテストします。

11

<guided-page-total />

検索結果の合計ページ数を示す文字列を返します。

12

<guided-pagination gsname= "pagination_name"></guided-pagination>

guided-pagination タグを使用して、ページナビゲーション設定が少ない場合に、すべてのページネーションタグが特定のページネーション設定に関連する領域を定義します。

13

next|last|viewwall|viewpages|/&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

ページナビゲーションに独自のリンクを作成します。

14

<guided-if-page-high-eq-last> <guided-else-page- high-eq-last> </guided-if-page-high-eq-last>

ページナビゲーションの最も高いページが合計ページ数と等しいかどうかをテストします。

15

<guided-if-page-low-eq-first> <guided-else-page-low-eq-first> </guided-if-page-low-eq-first>

ページナビゲーションの最も低いページが同じかどうかをテストします。

16

<guided-if-page-is-multipage> <guided-else-page-is-multipage> </guided-if-page-is-multipage>

結果のページが1ページだけか、結果のページが複数かをテストします。

最近実行した検索

次の例のように、最近の検索タグを使用して、以前の検索をすばやく実行できる一連のリンクを作成できます。

<guided-if-recent-searches> 
    <span>Recent Searches</span><br/> 
    <guided-recent-searches> 
        <guided-recent-searches-link><guided-recent-searches-value></guided-recent-searches-link><br/> 
    </guided-recent-searches> 
    <guided-recent-searches-clear-link>Clear Recent Searches</guided-recent-searches-clear-link> 
</guided-if-recent-searches>

最近の検索の設定」を参照してください。

タグ

説明

3

<guided-recent-searches></guided-recent-searches>

最近の検索のループタグ。 開始タグと終了タグの間のコンテンツは、各ページで反復されます。

2

<guided-recent-searches-link [attr="value"]+> </guided-recent-searches-link>

最近の検索へのリンクを作成できます。 HTML属性を直接アンカータグに渡すことができます。

1

<guided-recent-searches-path />

guided-recent-searches ループ内で、最近の検索の相対URLパスを取得できます。 通常は、 guided-recent-search-link を使用します。 ただし、独自のリンクを作成する場合は、このタグを使用できます。 次に例を示します。

<guided-lt/>a&nbsp;href="<guided_recent_searches_path>"><guided-recent-searches-value></a>

4

<guided-recent-searches-value>

最近の検索に関連付けられたクエリ用語を取得できます。

5

<guided-recent-searches-clear-link></guided-recent-searches-clear-link>

顧客が最近保存した検索をクリアする機能をオファーできます。

6

<guided-recent-searches-clear-path />

<guided-recent-searches-clear-link> が使用するパスを返します。これにより、独自のリンクを作成できます。

7

&amp;lt;/guided-if-recent-searches&amp;gt;   &lt;/p>  &lt;/td>

顧客が最近の検索を実行した場合に、最近の検索を表示できます。

本気か?

検索で結果が返されず、検索語句がアカウントの辞書にない場合は、「あなたの平均」タグを使用して、提案への一連のリンクを作成できます。 次に、Did You Meanタグの使用例を示します。

<guided-if-suggestions> 
    <span>Did You Mean?</span><br/> 
    <guided-suggestions> 
        <guided-suggestion-link><guided-suggestion/></guided-suggestion-link><br/> 
    </guided-suggestions> 
</guided-if-suggestions>

「Did You Mean」についてを参照してください。

タグ

説明

3

<guided-suggestions></guided-suggestions>

これは、サーチクエリに対してループを行うためのループタグです。

2

<guided-suggestion-link></guided-suggestion-link>

指定した提案へのリンクを作成します。

3

<guided-suggestion-value />

4

<guided-if[-not]-suggestions><guided-else[-not]- suggestions></guided-if[-not]-suggestions>

提案があるかどうかをテストします。

5

<guided-suggestion-path />

サーチクエリへのパス文字列を返します。 独自のアンカータグを作成する場合に使用できます。 通常、代わりに guided-suggestion-link が使用されます。

6

<guided-suggestion />

提案。

7

<guided-suggestion-result-count />

提案の結果数。

8

<guided-if[-not]-suggestion-autosearch> <guided-else[-not]-suggestion-autosearch> </guided-if[-not]-suggestion-autosearch>

検索結果がゼロの場合にサーチクエリによる自動検索が実行されたかどうかをテストできます(この機能がオンの場合)。

9

<guided-suggestion-original-query />

自動検索が実行された場合に、元のクエリを返します。

使用例:

<guided-if-suggestion-autosearch>     Search for <guided-query-param gsname="q" /> instead of <guided-suggestion-original-query /> </guided-if-suggestion-autosearch>

10

<guided-if[-not]-suggestion-low-results> <guided-else[-not]-suggestion-low-results> </guided-if[-not]-suggestion-low-results>

結果の数が少ないことが原因で提案がある場合、この条件はtrueです。この機能がオンの場合に限ります。

次に、このタグの使用例を示します。

<guided-if-suggestion-low-results>    You have a low result count for <guided-query-param gsname="q" />.    Did you mean: <guided-suggestions>        <guided-suggestion-link>           <guided-suggestion />        </guided-suggestion-link><guided-if-not-last>, </guided-if-not-last>    </guided-suggestions> </guided-if-suggestion-low-results>

オートコンプリート

次のタグを使用して、検索フォームにオートコンプリートを追加できます。 オートコンプリート機能を正しく行うには、head-contentタグとform-contentタグが必要です。 オートコンプリートのJavaScriptとCSSをプレゼンテーションテンプレートにハードコーディングするのではなく、タグを使用することをお勧めします。 これは、タグを使用すると、テンプレートを手動で更新することなく、オートコンプリート設定を変更した場合に、テンプレートで新しい敗北キャッシュIDをすべて取得できるからです。

オートコンプリートについてを参照してください。

タグ

説明

1

<guided-if-autocomplete> <guided-else-autocomplete> </guided-if-autocomplete>

オートコンプリート機能が有効かどうかを検出します。 タグを使用して、オートコンプリートに必要なヘッドおよびフォームコンテンツをオプションで取得できます。 これにより、この機能のオン/オフを切り替え、プレゼンテーションテンプレートを変更する必要がなくなります。

2

<guided-ac-css />

プレゼンテーションテンプレートのheadで使用され、オートコンプリート用の適切なCSSスクリプトインクルードに置き換えられます。

3

<guided-ac-form-content />

フォーム内のオートコンプリートタグをハードコーディングする代わりに、プレゼンテーションテンプレートの検索フォーム( <form> タグと </form> タグの間)で使用されます。 タグは、オートコンプリート機能を動作させるために必要な適切なHTMLに置き換えられます。

4

<guided-ac-javascript />

Autocomplete JavaScriptへのリンクを生成します。 最良のパフォーマンスを得るために、このタグをページの下部付近に配置してから、終了タグ「body」を付けることをお勧めします。

格納

次のタグを使用して、ユーザーが現在入っているストアをテストし、表示します。

タグ

説明

1

<guided-store />

現在のストアを出力します。

2

<guided-if-store-defined> <guided-else-store-defined> </guided-if-store-defined>

ユーザーがストアにいるかどうかを検出します。

3

<guided-if-store gsname="store"> <guided-else-store> </guided-if-store>

gsname パラメーターで指定されたストアにユーザーが存在するかどうかを検出します。

ゾーン

タグ

説明

3

<guided-zone gsname="zone area">

任意のコンテンツをゾーンタグで囲むと、その領域からゾーンを作成できます。 これにより、必要に応じて、ビジネスルールを使用してゾーンを表示できます。 既定では、ゾーンは常に表示されます。 オプションの検索パラメーターとファセットパラメーターを使用して、ゾーンに関連付けられている検索またはファセットを示すことができます。 この機能により、ゾーンが非表示の場合に検索またはファセットをスキップし、検索時間のパフォーマンスを向上させることができます。 高さと幅の属性はオプションです。ゾーンを削除した場合のVisual Rule Builderでのプレースホルダの表示方法を設定する際に使用します。

可能な場合は、ゾーンの代わりに guided-if-facet[-not]-visible タグを使用します。 プレゼンテーションテンプレートが簡単になります。

2

<guided-if-zone gsname="zone area"> <guided-else-zone> </guided-if-zone>

この一連のタグを使用すると、ゾーンが現在表示されている場合のテストが可能になります。 ゾーンを表示する場合にのみ表示したいコンテンツがページ上にある場合に便利です。

ループインジケーター

これらのループブロックでは、次の各ループインジケーターを使用できます。

  • 誘導結果
  • guided-facet-values
  • 誘導パンくず
  • guided-menu-items
  • ガイド付きページ

タグ

説明

3

<guided-if[-not]-first><guided-else[-not]-first> </guided-if[-not]-first>

この条件は、現在の繰り返しがループの最初の繰り返しである場合にtrueになります。 これは、最初の結果または最初のページを意味するわけではありませんが、最初のページが表示されます。 サイト訪問者が1ページにつき10回の結果セットの2ページ目にある場合、最初の反復は結果11になります。

2

<guided-if[-not]-last><guided-else[-not]-last> </guided-if[-not]-last>

この条件は、現在の繰り返しがループの最後の繰り返しである場合にtrueになります。 これは、最後の結果または最後のページを意味するわけではなく、現在のコンテキスト(ページ)で最後に表示される結果を意味します。 サイト訪問者が、200件の結果を含み、1ページにつき10件の結果しかない結果セットの1ページ目にある場合、最後の反復は結果200ではなく結果10になります。

3

<guided-if[-not]-odd><guided-else[-not]-odd> </guided-if[-not]-odd>

この条件は、現在の反復がループの奇数の反復(偶数の反復に対する)の場合にtrueになります。 これは、行の様々な色を表示する場合に便利です。

4

<guided-if[-not]-even><guided-else[-not]-even> </guided-if[-not]-even>

この条件は、現在の繰り返しがループの偶数の繰り返し(奇数の繰り返しに対する)の場合にtrueになります。 これは、行の様々な色を表示する場合に便利です。

5

<guided-if[-not]-alt><guided-else[-not]-alt> </guided-if[-not]-alt>

この条件は、現在の反復がループの偶数反復である場合にtrueになります。 これは、行の様々な色を表示する場合に便利です。

6

<guided-if[-not]-inner><guided-else[-not]-inner> </guided-if[-not]-inner>

現在の繰り返しが最初と最後のどちらでない場合に、その間のテキストを含めます。

7

<guided-if[-not]-outer><guided-else[-not]-outer> </guided-if[-not]-outer>

現在の繰り返しが最初または最後の場合に、その間のテキストを含めます。

8

<guided-loop-index>

ループの繰り返しごとに値が増加する整数(0から始まる)。

9

<guided-loop-counter>

ループの繰り返しごとに値が増加する整数(1から始まる)。

その他の言語

次のタグを使用して、独自のミニファセットの作成など、テンプレートを使用してより高度な操作を行うことができます。

タグ

説明

1

<guided-current-path>

現在使用されているパスが表示されます。 通常は、既存の検索に新しいパラメーターを追加するリンクを作成する際に使用します。 デフォルトでは、パスはURLエスケープされています。 使用するエスケープモードは、escapeパラメーターを使用して指定できます。

例:

<a href="<guided-current-path />&lang=fr"> French Version

この例では、検索処理ルールでlangを使用してフランス語のバージョンを選択しています。

現在のパスには、常に1つ以上のクエリパラメーターが含まれています。 他のクエリパラメータが存在しない場合は、 q=* に設定すると、より多くのパラメータを追加しやすくなります。

2

基本パス

ベースパスを使用してリンクを作成する場合は、 href の開始で / を使用し、パラメーターを追加します。

<a href="/">All Products</a> Would create a link "All Products" to your basepath, for example https://search.mycompany.com/

1

<guided-query-param gsname="query_parameter">

URL上にあるクエリパラメーターの既存の値を取得できます。 パラメーターが存在しない場合、このタグは空の文字列を返します。 エスケープオプションを指定しない場合、返される文字列は自動的にHTMLエスケープされます。HTMLエスケープまたはURLエスケープのどちらかを指定できます。

例:

&amp;lt;guided-クエリ-param&amp;nbsp;gsname=&quot;q&quot;&amp;nbsp;/&amp;gt;
ges&amp;nbsp;you&amp;nbsp;you&amp;nbsp;the&amp;nbsp;value&amp;nbsp;pants

&amp;lt;gsname=&quot;&amp;nbsp;/&amp;gt;
は&amp;nbsp;you&amp;sp;the&amp;nbsp;valueを与えるnbsp;en

&amp;lt;guided-クエリ-param&amp;nbsp;gsname=&quot;test&quot;&amp;nbsp;/&amp;gt;
ges&amp;nbsp;you&amp;nbsp;empty&amp;nbsp;string

&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;&amp;nbsp;   &lt;/p>  &lt;/td>

4

<guided-query-param-name gsname="param#" offset="offset_number" />

ガイド付き検索には、階層リンクコントロールで使用されるクエリ番号の概念があります。 guided-クエリ-param-name を使用すると、プレゼンテーションテンプレート内のリンクの一部としてパラメーターを定義できます。この場合、ガイド付き検索で正しいクエリ番号が自動的に見つかります。 gsname には「x」が含まれています。これは、ガイド付き検索で正しい番号に置き換えられます。 オフセット値は0 ~ 15の範囲で指定できます。0は次に使用可能なクエリ番号が使用されることを示します。 「1」は、1を追加することを示します。

guided-current-path と組み合わせると、独自のミニファセットリンクを構築したり、追加のドリルダウンレベルを許可したりできます。

例:

<a href="<guided-current-path         />&<guided-query-param-name gsname="q#" offset="0"         />=mens&<guided-query-param-name gsname="x#" offset="0"         />=category" >Category:Men</a>        

<a href="<guided-current-path         />&<guided-query-param-name gsname="sp_q_exact_#" offset="0"         />=mens&<guided-query-param-name gsname="sp_x_#" offset="0"         />=category&<guided-query-param-name gsname="sp_q_exact_#" offset="1"         />=Jeans&<guided-query-param-name gsname="sp_x_#" offset="1"         />=product-type" >Cat:Men - Product:Jeans</a>

5

<guided-include gsfile="filename" />

その他のテンプレートファイルを含めることができます。 つまり、サブテンプレートをモジュールとして使用して複数のテンプレートを作成できます。

次の例では、パンくずリストファセットファイルが含まれています。

<guided-include gsfile='breadcrumbs.tmpl' /> <guided-include gsfile='facets.tmpl' />

動的なインクルードはサポートされていません。 つまり、 gsfile を変数にすることはできません。

6

<guided-search-time>

検索に要した時間を示します。 返される検索時間の値はミリ秒単位で指定されます。

7

<guided-fall-through-searches>

検索結果のページを作成するのに使用されるコア検索の数を返します。

8

<guided-if-fall-through-search></guided-if-fall-through-search>

コア検索の数が1より大きいかどうかをテストします。

9

<guided-if[-not]-even><guided-else[-not]-even> </guided-if[-not]-even>

この条件は、現在の繰り返しがループの偶数の繰り返し(奇数の繰り返しに対する)の場合にtrueになります。 これは、行の様々な色を表示する場合に便利です。

10

<guided-if[-not]-alt><guided-else[-not]-alt> </guided-if[-not]-alt>

この条件は、現在の反復がループの偶数反復である場合にtrueになります。 これは、行の様々な色を表示する場合に便利です。

11

<guided-if[-not]-inner><guided-else[-not]-inner> </guided-if[-not]-inner>

現在の繰り返しが最初と最後のどちらでない場合に、その間のテキストを含めます。

12

<guided-if[-not]-outer><guided-else[-not]-outer> </guided-if[-not]-outer>

現在の繰り返しが最初または最後の場合に、その間のテキストを含めます。

13

<guided-if-first-search><guided-else-first-search> </guided-if-first-search>

最初の検索を行っているかどうかを確認できます(クエリは、検索ボックスからの検索の結果でした)。

14

<guided-search-url />

このタグをテンプレートで使用すると、検索フォームのアクションをハードコーディングせずに保存できます。 ステージング済みまたはライブ環境にいる場合を検出し、それに応じて変更を行います。

15

<guided-if-query-param-defined gsname="query_parameter"> <guided-else-query-param-defined> </guided-if-query-param-defined>

この一連のタグを使用すると、検索パスで定義されているCGIパラメーターをテストできます。 パラメーターの値が定義されている場合にのみ、テストできます。

16

<guided-next-query-number>

テンプレートを駆動するガイド付き検索エンジンは、エンジンが生成する新しいリンクごとに次に使用可能なクエリ番号を使用する「浮動クエリ番号」の概念を持ちます。 このタグを使用すると、次のクエリ番号またはオフセットを取得して、結果セットにドリルダウンするカスタムリンクを作成できます。 オフセットを使用すると、次のクエリ番号にオフセットできます。 例えば、1つのファセットを選択した場合、次のクエリ番号は2で、オフセットが1のクエリ番号は3になります。

17

<guided-custom-var gsname="custom_variable">

処理ルールで定義されているカスタム変数の既存の値を取得できます。 エスケープオプションを指定しない場合、返される文字列は自動的にHTMLエスケープされます。 html url js 、または 0 のいずれかを指定できます。 処理ルールを使用して受信CGIパラメーターをカスタム変数にコピーし、その変数をテンプレートに表示または使用する場合、エスケープ設定をnoneまたはjsに設定して、検索にXSS脆弱性を作成できます。

18

<guided-if-custom-var-defined gsname="custom_variable"> <guided-else-custom-var-defined> </guided-if-custom-var-defined>

処理ルール(クエリクリーニング、検索前処理、検索後処理)でカスタム変数が定義されているかどうかをテストできます。

19

<guided-general-field gsname="searchname" field="fieldname">

トランスポートテンプレートで定義された一般的なフィールドの内容を表示できます。 エスケープオプションを指定しない場合、返される文字列は、そのフィールドのトランスポートテンプレートで指定した形式でエンコードされます。 エスケープオプションの指定は、トランスポートテンプレートと同様に、フィールドをエンコードしている形式の上に適用されます。 html url js json 、または 0 のいずれかを指定できます。

20

<guided-if-general-field gsname="searchname" field="fieldname"> <guided-else-general-field> </guided-if-general-field>

トランスポートテンプレートで定義された一般フィールドの内容が存在するかどうかをテストできます。

21

<guided-cookie-value gsname="cookie_name">

cookieが使用可能であると仮定して、cookieの値を取得できます。 エスケープオプションを指定しない場合、返される文字列は自動的にHTMLエスケープされます。 html url js json 、または 0 のいずれかを指定できます。

22

<guided-if-cookie gsname="cookie_name"> <guided-else-cookie> </guided-if-cookie>

Cookieが存在するかどうかのテストを有効にします。

23

<guided-banner gsname="banner area">

特定の領域のバナーを出力します。 オプションのwidthとheightの属性は、ビジュアルルールビルダーで使用できます。これにより、意味のあるプレースホルダーを表示して、ユーザーがバナーを選択できるようになります。 デフォルトでは、バナーはエスケープされません。 代わりに、プレゼンテーションテンプレートにHTMLを挿入する必要があります。 ただし、JSONテンプレートを作成する場合は、jsエスケープオプションを使用することを検討してください。

例:

<guided-banner gsname="top" width="400px"  height="50px"/>

24

<guided-if-banner-set gsname="banner area"> <guided-else-banner-set> </guided-if-banner-set>

バナー領域が設定されているかどうかのテストを有効にします。

25

<guided-if-simulator-mode> <guided-else-simulator-mode> </guided-if-simulator-mode>

シミュレーターまたはビジュアルルールビルダーで検索を表示している場合を検出できます。 通常は、追加のデバッグ情報を表示するために使用されます。

26

<guided-if-tnt-business-rules> <guided-else-tnt-business-rules> </guided-if-tnt-business-rules>

Adobe Targetキャンペーンを参照するビジネスルールがあるかどうかを検出できます。 Adobe Targetとの統合の一部として、必要がないときにターゲットにぶつからないように、通常使用されます。

27

<guided-redirect />

デフォルトでは、リダイレクトは自動的に実行されます。 ただし、WebアプリケーションにXMLまたはJSON応答を返すようにSite Search/Merchandisingを設定した場合は、Webアプリケーションで302/301応答を解析するか、結果セットの一部としてリダイレクトを渡すかを選択できます。 リダイレクトを結果セットの一部として渡す場合は、このタグをテンプレートで使用してリダイレクト場所を出力できます。

28

<guided-if-redirect> <guided-else-redirect> </guided-if-redirect>

結果セットにリダイレクトを返すようにSite Search/Merchandisingを設定した場合、このタグセットを使用して、出力へのリダイレクトがあるかどうかを判断できます。

29

<guided-lt /> <guided-gt />

この一連のタグを使用すると、ガイド付きテンプレートタグをHTML属性内に埋め込むことができます。

例:

<guided-lt/>div <guided-if-facet-long>         style="height: 125px; overflow:         auto;"</guided-if-facet-long><guided-gt/>

トランスポートテンプレートタグ

トランスポートテンプレートは、バックエンド検索からGuided Searchプレゼンテーションレイヤーにデータを渡すXMLテンプレートです。

プレゼンテーションレイヤーには、複数の検索結果を表示する単一のプレゼンテーションテンプレートを用意することができます。 各検索では、同じトランスポートテンプレートまたはカスタムトランスポートテンプレートを使用して、プレゼンテーションレイヤーにデータを渡すことができます。

トランスポートテンプレートは、プレゼンテーションレイヤーにデータを渡す目的でのみ使用されるので、検索結果の表示に関連するHTMLはありません。 トランスポートテンプレートは、トランスポートテンプレートXMLタグを使用して、ファセット、パンくずリスト、メニューなどのガイド付き検索コンポーネントに入力するための検索結果を渡します。 これらのタグ内では、標準の検索テンプレートタグを使用して実際の値が表示されます。

プレゼンテーションまたはトランスポートテンプレートの編集」を参照してください。

検索テンプレートタグを参照してください。

トランスポートテンプレートタグ

説明

<guided-xml></guided-xml>

プレゼンテーションレイヤーがトランスポートテンプレートから解析される内容を検出するために使用するルートXMLタグです。

<general></general>

タグは、結果セットに基づいて概要データを提供する検索テンプレートタグを囲みます。 通常、これらのタグには、検索結果の総数、低い結果、高い結果を得るための検索タグが含まれます。 次の例のように、 general-field タグで任意の数の追加のグローバルフィールドを定義できます。

<general>   <total><search-total /></total>   <lower><search-lower /></lower>   <upper><search-upper /></upper>   <general-field name="my_custom_field">Some global content</general-field> </general>

<results></results>

タグは検索結果に含まれるので、ガイド付き検索では検索場所がわかります。

<result></result>

タグは各検索結果に含まれるので、ガイド付き検索では、次の例のように、1つの検索結果開始のコンテンツのどこで終わるかが認識されます。

<results>   <search-results>     <result>       <index><search-index /></index>       <loc><search-cdata><search-url length="500" /></search-cdata></loc>     </result>   </search-results> </results>

<attribute-table name="tablename">

複数値のリストで各項目をループ処理して1つの結果を得ることができます。 このタグは結果内でのみ使用します。 次の例のように、結果フィールドに属する属性を繰り返し処理できます。

<results>   <search-results>     <result>       <index><search-index /></index>       <loc><search-url /></loc>       <title><search-title /></title>       <attribute-table name="downloads">         <field name="download_title"><search-display-field name="download_title" /></field>         <field name="download_link" delimiter="|"><search-display-field name="download_link" /></field>       </attribute-table>     </result>   </search-results> </results>

<facets></facets>

ファセットを設定する結果を渡します。

<dynamic-facet></dynamic-facet>

ファセットを動的ファセットとして指定することも、ファセットパネルのメンバーとして指定することもできます。 ただし、関連するプレゼンテーションテンプレートタグに対する処理は独立しています。

つまり、動的なファセットループコンテキスト内でファセットパネルのループコンテキストをネストすることはできません。また、その逆もできません。

動的なファセットと有料のファセットの両方で、特定の検索に対して返された動的ファセットのみが、ファセットパネルのループコンテキスト内に表示されます。

<facet name="name"></facet>

各ファセットには独自のファセットタグがあり、nameパラメーターがファセット名と一致します。 検索タグは、次の例のように、ファセット値のファセットタグ内で使用されます。

<facets>   <facet name="brand">     <values><search-field-value-list name="brand" quotes="no" commas="yes" data="values" sortby="values" /></values>     <counts><search-field-value-list name="brand" quotes="no" commas="yes" data="counts" sortby="values" /></counts>   </facet>   <facet name="category">     <values><search-field-value-list name="category" quotes="no" commas="yes" data="values" sortby="values" /></values>     <counts><search-field-value-list name="category" quotes="no" commas="yes" data="counts" sortby="values" /></counts>   </facet> </facets>

スロットファセットを使用するアカウントでは、Dynamicタグと表示名タグを使用できます。 これらのタグはどちらも、ビジネスルールを作成する際に、スロット化されたファセットと実際のファセットのマッピングを容易にします。

<facets>   <facet name="facet_values01">  <dynamic>1</dynamic>  <display-names><search-field-value-list name="facet_names01" quotes="no" commas="yes" data="values" sortby="values" /></display-names>     <values><search-field-value-list name="facet_values01" quotes="no" commas="yes" data="values" sortby="values" /></values>     <counts><search-field-value-list name="facet_values01" quotes="no" commas="yes" data="counts" sortby="values" /></counts>   </facet>

<search-display-field separator=",">

区切り文字属性を使用すると、リスト用のsearch-display-fieldデータを出力するときに使用する区切り文字を変更できます。 デフォルトはコンマです。

通常、使用する区切り文字は、フィールドコンテンツに簡単に表示されないものにする必要があります。

<suggestions></suggestions>

「Did You Mean」の提案をタグで囲み、ガイド付き検索で、提案が含まれるXMLノードを認識できるようにします。

「Did You Mean」についてを参照してください。

<suggestion></suggestion>

次の例のように、各「Did You Mean」提案をタグで囲みます。

<search-if-suggestions>   <suggestions>     <search-suggestions>       <suggestion><search-suggestion-text /></suggestion>     </search-suggestions>   </suggestions> </search-if-suggestions>

「Did You Mean」についてを参照してください。

検索テンプレートタグ

検索テンプレートは、サイト検索/マーチャンダイジングで定義されるテンプレートタグを含むHTMLファイルです。 これらのタグは、検索結果の形式設定を示します。 次のリファレンスには、各検索テンプレートタグとその属性に関する簡単な説明が含まれています。

メモ

トランスポートテンプレートファイル(.tpl)では、検索テンプレートタグのみを使用します。

以下の検索テンプレートタググループと参照マテリアルから選択できます。

結果のループ内でのみ有効なタグには、次のものが含まれます。

テンプレート全体で有効なタグには、次のものがあります。

検索テンプレートの参照トピック

結果のループタグについて

結果のループタグは、テンプレートシステムの最も役立ちます。 検索中にタグが見つかると、HTMLが繰り返され、検索結果の開始タグと終了タグの間に他のタグが続きます。他のタグは検索結果に置き換えられます。

<search-results> ... </search-results>

結果のループタグは、検索結果を表示するHTMLを囲みます。 タグ間のHTMLが結果ごとに繰り返され、ページに表示されます。

次のタグは、結果ループ内でのみ有効です。

結果のループ文字列タグ

次のタグは文字列を返します。

結果のループタグについてを参照してください。

タグ

説明

3

<search-index>

現在の結果の数値インデックスを返します。

2

<search-title length="XX">

現在の結果のページタイトルを返します。 オプションのlength属性を使用して、表示する文字列の長さを制限します。デフォルトは80文字です。

3

<search-bodytext length="XX" encoding="html/javascript/json/perl/url/none">

ページの先頭から始まる本文を返します。 関連する用語は太字で表示されます。 オプションのlength属性を使用して、表示する文字列の長さを制限します。デフォルトは80文字です。 encoding属性はオプションです。出力文字は、HTMLエンコーディング(デフォルト)、Javascriptエンコーディング、Perlエンコーディングまたはなしでエンコードできます。

4

<search-description length="XX" encoding="html/javascript/json/perl/url/none">

現在の結果の説明を返します。 meta descriptionタグが存在し、content属性が空でない場合は、そのテキストが表示されます。 それ以外の場合は、ページの本文の先頭が表示されます。 オプションのlength属性を使用して、表示する文字列の長さを制限します。デフォルトは80文字です。

オプションの encoding 属性は、結果ページの出力をHTMLエンコード、JavaScriptエンコード、Perlエンコード、URLエンコード、エンコードの有無を制御します。 エンコーディングのデフォルト値は html です。 通常は、encoding属性を指定する必要はありません。

5

<search-score rank="dynamic/static/dynamic-raw/static-raw/final-raw" precision="XX">

現在の結果のスコア(0 ~ 100の数値)を返します。 オプション/メタデータ/定義の下にランクフィールドを定義した場合、ランク属性をdynamic ( <search-score rank="dynamic"> )に設定すると、動的ページランクを表示できます。 ランク属性を静的( <search-score rank="static"> )に設定すると、静的ページランクを表示できます。 オプションの精度属性を使用して、表示する小数点以下の桁数を指定できます。 デフォルトは0で、整数スコアが表示されます)。

6

<search-date length="XX" none="text" date-format="date-format-string" gmt="yes/no" language="0/2/language-id">

現在の結果の日付を返します。 現在の結果に日付が関連付けられていない場合は、オプションの「なし」テキスト値が表示されます。 オプションの「none」値を指定しない場合、現在の結果に日付が関連付けられていない場合は、テキスト「No Date」が表示されます。

「date-format」属性には、「%A, %B %d, %Y」などのUNIXスタイルの日付形式文字列(「2016年7月25日月曜日」の場合)を指定します。 "gmt"はデフォルトで"yes"に設定され、日付文字列の時間部分をGMT("yes")で出力するか、アカウントのタイムゾーン("no")で出力するかを制御します。

「language」属性は、出力日付文字列の言語とロケールの規則を制御します。 「0」(デフォルト)は、「アカウントの言語を使用」を意味します。 「2」は、「ドキュメント言語を使用」を意味します。 「言語」値「1」は、将来的に使用するために予約されています。 その他の「言語」値は、特定の言語識別子として解釈されます。例えば、「en_US」は「英語(米国)」を意味します。

オプションのlength属性を使用して、表示する文字列の長さを制限します。デフォルトは80文字です。

7

<search-size>

現在の結果のサイズをバイト単位で返します。

8

<search-url length="XX" encoding="html/javascript/json/perl/url/none">

現在の結果のURLを返します。

オプションの length 属性を使用して、表示する文字列の長さを制限します。デフォルトの文字数は無制限です。

encoding 属性はオプションで、出力文字をHTMLエンコーディング、Javascriptエンコーディング、Perlエンコーディングまたはなしでエンコードできます。

9

<search-url-path-query length="XX">

現在の結果のURLの疑問符を含むパスとクエリの部分を返します。

オプションの length 属性を使用して、表示する文字列の長さを制限します。デフォルトの文字数は無制限です。

10

<search-context length="XX" encoding="html/javascript/json/perl/url/none">

検索語句のコンテキストの次の行を返します。 関連する用語は太字で表示されます。 このタグを繰り返し呼び出して、現在の結果に対して複数のコンテキスト行を表示します。

オプションの length 属性を使用して、表示する文字列の長さを制限します。デフォルトは80文字です。 このタグが <search-if-context> または <search-if-any-context> タグセット(length属性を含む)で囲まれている場合、 length 属性は無視されます。

encoding 属性はオプションで、出力文字をHTMLエンコーディング(デフォルト)、Javascriptエンコーディング、Perlエンコーディングまたはなしでエンコードできます。

11

<search-display-field name="field-name" length="XX" none="text" date-format="date-format-string" gmt="yes/no" language="0/2/language-id" encoding="html/javascript/json/perl/url/none" quotes="yes/no" commas="yes/no" units="miles/kilometers" separator="|">

この高度なタグは、現在の結果の name 属性に指定されたメタデータフィールド(url、タイトル、説明、キー、ターゲット、本文、alt、日付、文字セット、言語、またはオプション > 定義)の内容を表示します。 次に例を示します。

<search-display-field name="title" length="70" none="no title">

検索結果のページのタイトルを出力します。 オプションの none 属性を指定した場合、その値は、フィールドに関連付けられたコンテンツがない場合にのみ結果ページに表示されます。

date-format gmt language 属性は、指定したフィールドのコンテンツタイプが date の場合にのみ関連します。

date-format 属性は、 %A, %B %d, %Y などのUNIXスタイルの日付形式文字列(2016年7月25日(月))を取ります。 gmt はデフォルトで yes に設定され、日付文字列の時間部分をGMT( yes )で出力するか、アカウントのタイムゾーン( no )で出力するかを制御します。

日付形式の文字列を参照してください。

language 属性は、出力日付文字列の言語とロケールの規則を制御します。 0 (デフォルト)は、「アカウントの言語を使用」を意味します。 2は、「ドキュメント言語を使用」を 意味します。言語 1 は将来的に使用するために予約されています。 他の言語値は、特定の言語識別子として解釈されます。例えば、 en_US は「英語(米国)」を意味します。

言語識別子を参照してください。

オプションの length 属性を使用して、表示する文字列の長さを制限します。デフォルトは80文字です。

オプションの encoding 属性は、結果ページの出力をHTMLエンコード、JavaScriptエンコード、Perlエンコード、URLエンコード、エンコードの有無を制御します。 エンコーディングのデフォルト値は html です。 通常は、encoding属性を指定する必要はありません。

オプションの引用符属性は、個々の項目の出力を重複引用符( encoding=perl の場合は一重引用符)で囲むかどうかを制御します。 のデフォルト値は、 no と引用符で囲みます。

オプションのカンマ属性は、個々の項目の出力をコンマで区切るかどうかを制御します。 カンマのデフォルト値は yes です。 カンマ属性は、リストタイプ以外のフィールドでは無視されます。

オプションの units 属性は、近接検索出力フィールドに適用する距離の単位を制御します。 単位のデフォルト値は、指定した近接検索出力フィールドに関連付けられた位置タイプフィールドの「デフォルトの単位」設定から決定されます。

近接検索についてを参照してください。

オプションの区切り文字属性は、リスト型フィールドの出力値の間に挿入される1文字(区切り文字)を定義します。

12

<search-display-field-values name="field-name"> ...<search-display-field-values>

このタグは、現在の結果のメタデータフィールドの値(url、タイトル、説明、キー、ターゲット、本文、alt、日付、文字セット、言語、またはオプション > メタデータ > 定義)を列挙するループを作成します。 このタグを別の <search-display-field-values> タグの中にネストしないでください。 name 属性は、列挙する値を含むフィールドの名前を指定します。 このタグは、許可リスト属性がオンになっている(オプション > メタデータ > 定義の下)フィールドで最も役立ちます。

13

<search-display-field-value date-format="date-format-string" gmt="yes/no" language="0/language-id" encoding="html/javascript/json/perl/url/none">

このタグは、現在の <search-display-field-values> ループの繰り返しに対して、メタデータフィールドの値(url、タイトル、説明、キー、ターゲット、本文、alt、日付、文字セット、言語、またはオプション > 定義)を出力します。 このタグは、 <search-display-field-values> ループ内でのみ有効です。 date-format gmt language 属性は、 <search-display-field-values> タグに含まれるフィールド名のコンテンツタイプが date の場合にのみ有効です。 date-format 属性は、 "%A , %B %d , %Y "などのUNIXスタイルの日付形式文字列を取ります("Monday, July 25, 25, 201)6")。 gmt 属性はデフォルトで yes に設定され、日付文字列の時間部分をGMT( yes )で出力するか、アカウントのタイムゾーン( no )で出力するかを制御します。

language 属性は、出力日付文字列の言語とロケールの規則を制御します。 0 (デフォルト)は、「アカウントの言語を使用」を意味します。他の言語値は、特定の言語識別子として解釈されます。例えば、 en_US は「英語(米国)」を意味します。

オプションの encoding 属性は、結果ページの出力をHTMLエンコード、JavaScriptエンコード、Perlエンコード、URLエンコード、エンコードの有無を制御します。 エンコーディングのデフォルト値は html です。 通常は、encoding属性を指定する必要はありません。

14

<search-display-field-value-count name="field-name">

name属性で指定されたオプション/メタデータ/定義で定義されたメタデータフィールド(url、タイトル、説明、キー、ターゲット、本文、alt、日付、文字セット、言語)の現在の結果の値の合計を出力します。 このタグは、結果のループ内の任意の場所に含めることができます。

15

<search-display-field-value-counter>

現在の <search-display-field-values> ループの繰り返しに対する序数カウンタ(1、2、3など)を出力します。 このタグは、 <search-display-field-values> ループ内でのみ有効です。

16

<search-dynamic-facet-fields>

この検索に対して返される動的ファセットフィールドのループコンテキストを開始します。

17

<search-dynamic-facet-field-name>

ループの反復で使用する、現在の動的ファセットフィールドの名前を出力します。

18

<search-result-trace encoding="html/javascript/ json/perl/url/none">

現在の結果の配置に関連する情報を出力します。例えば、結果の位置に影響を与えた結果ベースのアクションなどです。

このタグの出力形式は、次の例のようなJSONです。

{   "sliceID": 5,   "indexID": 5894,   "finalScore": 98.5,   "dynamicScore": 15.3,   "staticScore": 55.456,   "position": 1,   "rbtaActionListID": 117,   "rbtaActionID": 57 }

encoding 属性はオプションです。デフォルト値は html です。

注意: このタグは、コア検索クエリのパラメーターで sp_trace=1 が指定されている場合にのみ出力されます。

バックエンド検索CGIパラメータにある表の48行を参照してください。

結果ループの条件タグ

以下のタグは、HTMLを条件付きでそれらの間に含めます。

結果のループタグについてを参照してください。

タグ

説明

1

<search-if-title> ... </search-if-title>

<search-if-not-title> ... </search-if-not-title>

これらのタグは、次に <search-title> を呼び出すと、ドキュメントのタイトルからテキストが返される(または返されない)場合に、それらの間のHTMLを含みます。

2

<search-if-description length="XX"> ... /search-if-description

<search-if-not-description> ... </search-if-not-description>

これらのタグは、ドキュメントの説明から <search-description> を次に呼び出すと、それらの間のHTMLを含みます。

1

<search-if-bodytext> ... </search-if-bodytext>

<search-if-not-bodytext> ... </search-if-not-bodytext>

これらのタグは、次に <search-bodytext> を呼び出すと、ドキュメントの本文からテキストが返される(または返されない)場合に、それらの間のHTMLを含みます。

4

<search-if-context length="XX"> ... </search-if-context>

<search-if-not-context> ... </search-if-not-context>

これらのタグは、次に <search-context> を呼び出すと空でないコンテキスト文字列が返される(または返されない)場合、それらの間のHTMLを含みます。 length属性は、囲まれた <search-context> タグのlength属性よりも優先されます。

5

<search-if-any-context length="XX"> ... /search-if-any-context

<search-if-not-any-context> ... </search-if-not-any-context>

結果に関連付けられたコンテキスト文字列が存在する(または存在しない)場合、これらのタグ間にHTMLが含まれます。 length属性は、囲まれた <search-context> タグのlength属性よりも優先されます。

6

<search-if-score lower="XX" upper="yy" rank="dynamic/static/dynamic-raw/static-raw/final-raw"> ... </search-if-score>

<search-if-not-score lower="XX" upper="yy" rank="dynamic/static"> ... </search-if-not-score>

現在の結果のスコアがXXとYYの間にある(またはない)場合、これらのタグには、それらの間のHTMLが含まれます。 結果の関連性を示す箇条書きやグラフィックを追加する場合に便利です。 オプション/メタデータ/定義の下にランクタイプフィールドを定義した場合は、ランク属性を動的( <search-if-score="dynamic" lower=XX=YY> )に設定して、動的ページランクを確認できます。 ランク属性を静的( <search-if-score rank="static" lower=XX upper=YY> )に設定すると、静的ページランクを確認できます。

7

<search-if-field name="field-name" value="value"> ... </search-if-field>

<search-if-not-field name="field-name" value="value"> ... </search-if-not-field>

これらの高度なタグには、「name」属性で指定したフィールドにコンテンツが含まれているかどうかに基づいて、間にHTMLが含まれます。 オプションの「value」属性を指定した場合、渡された値が現在の結果のフィールドの値と一致する(または一致しない)かどうかに基づいて、タグ間にHTMLが含まれます。 これらのタグは、( <search-results> </search-results> の間の)結果ループ内でのみ機能します。

結果ループのアンカーリンクタグ

結果のループタグについてを参照してください。

タグ

説明

1

<search-link target="frame-name" hbx-enable="yes/no" hbx-linkid-name="field-name" hbx-linkid-none="text" hbx-linkid-length="XX"> ... </search-link>

このタグのペアによって、タグ間のHTMLの周囲にアンカーリンクが作成されます。 リンクをクリックすると、結果ページが表示されます。 オプションのターゲット属性は、フレーム対応ブラウザが結果ページを表示する名前付きウィンドウを指定します。

hbx-enable属性を「yes」に設定すると、HBXで利用できる分析を利用できます。 hbx-linkid-nameを、追跡するメタデータフィールドの名前に設定します。 例えば、SKU番号で検索結果を追跡するには、hbx-linkid-nameを、SKU情報を含むメタデータフィールドの名前に設定します。

日付型フィールドは現在サポートされていません。 hbx-linkid-nameの値は、生成されたアンカー内のリンクIDに追加されます。 名前の付いたメタデータフィールドが空の場合は常に、リンクIDにhbx-linkid-none属性の値が追加されます。 hbx-linkid-lengthの値は、Metaタグから取得して表示する文字の数を制限します。 デフォルトの文字数は12です。

2

<search-smart-link target="frame-name" hbx-enable="yes/no" hbx-linkid-name="field-name" hbx-linkid-none="text" hbx-linkid-length="XX"> ... </search-smart-link>

このタグのペアは、 <search-link> ... </search-link> タグに似ています。 生成されたアンカーリンクをクリックすると、結果ページが表示されますが、結果の前に最も近いアンカータグまでスクロールされたページが表示されます。 PDFリンクの場合、Acrobatビューアに結果を含むページが表示されます。 オプションのターゲット属性は、フレーム対応ブラウザが結果ページを表示する名前付きウィンドウを指定します。

hbx-enable属性を「yes」に設定すると、HBXで利用できる分析を利用できます。 hbx-linkid-nameを、追跡するメタデータフィールドの名前に設定します。 例えば、SKU番号で検索結果を追跡するには、hbx-linkid-nameを、SKU情報を含むメタデータフィールドの名前に設定します。

日付型フィールドは現在サポートされていません。 hbx-linkid-nameの値は、生成されたアンカー内のリンクIDに追加されます。 名前の付いたメタデータフィールドが空の場合は常に、リンクIDにhbx-linkid-none属性の値が追加されます。 hbx-linkid-lengthの値は、Metaタグから取得して表示する文字の数を制限します。 デフォルトの文字数は12です。

1

<search-if-link-extension> ... </search-if-link-extension>

<search-if-not-link-extension> ... </search-if-not-link-extension>

value属性で結果のURLの末尾と一致する拡張子が指定されている場合、これらのタグには、それらの間のHTMLが含まれます。 このタグは、リンクの拡張に基づいて検索結果にグラフィックを含める場合に役立ちます。 value属性は、次のように1つ以上の拡張子(スペース区切り)のリストです。VALUE=".pdf"またはVALUE=".html .htm"

ループ位置の条件タグ

以下のタグは、条件に応じてそれらの間にテキストを含めます。 これらは、「ループ」タグ内でのみ表示できます。<search-results><search-field-values>。 結果セット内の現在の結果の位置をテストするために使用されます。

結果のループタグについてを参照してください。

タグ

説明

3

<search-if-first> ... </search-if-first>

<search-if-not-first> ... </search-if-not-first>

現在の結果がページ上の最初の結果( <search-results> 内で使用された場合)の場合、または最初のフィールド値( <search-field-values> 内で使用された場合)の場合、これらのタグ間のテキストが含まれます。

2

<search-if-last> ... </search-if-last>

<search-if-not-last> ... </search-if-not-last>

現在の結果がページ上の最後の結果( <search-results> 内で使用された場合)または最後のフィールド値( <search-field-values> 内で使用された場合)の場合、これらのタグ間のテキストが含まれます。 このタグは、結果の間に区切りを挿入するのに使用できます。 例えば、次のように、結果の間に <hr> タグを挿入します。

<search-results>    <search-lt>tr<search-if-alt> class="alt"</search-if-alt><search-gt>       <td><search-url></td>    </tr> </search-results>

3

<search-if-inner> ... </search-if-inner>

<search-if-not-inner> ... </search-if-not-inner>

現在の結果がページの最初と最後の結果でない場合( <search-results> 内で使用される場合)、または最初と最後のフィールド値でない場合( <search-field-values> 内で使用される場合)、これらのタグ間のテキストが含まれます。 タグのnotバージョンは、結果が最初か最後かをテストします。

4

<search-if-alt> ... </search-if-alt>

<search-if-not-alt> ... </search-if-not-alt>

現在の結果がページ上の代替結果( <search-results> 内で使用された場合)の場合、または代替フィールド値( <search-field-values> 内で使用された場合)の場合、これらのタグ間のテキストが含まれます。 「代替」の結果は、ページ上の2番目、4番目、6番目などです。 次の使用例は、代替テーブル行に別のクラスを適用します。 <search-lt> <search-gt> を使用して、 <search-if-alt> タグを タグの「内側」に配置できるようにしてください。

    <search-results>        <search-lt>tr<search-if-alt> class="alt"</search-if-alt><search-gt>           <td><search-url></td>        </tr>     </search-results>

5

<search-if-even> ... </search-if-even>

<search-if-not-even> ... </search-if-not-even>

現在の結果が偶数( <search-results> 内で使用された場合)または偶数( <search-field-values> 内で使用された場合)の場合、これらのタグ間のテキストが含まれます。 <search-index> の値が偶数の場合、検索結果は偶数番号になります。 つまり、結果セット全体内での位置が偶数の場合です。 これは、結果セット全体ではなく、ページ上の結果の位置をテストする <search-if-alt> とは異なる場合があります。 次の2つの表にその違いを示します。

最初のページ、sp_n=1

索引

結果

でも?

Alt?

3

最初の結果

×

×

2

2番目の結果

3

3番目の結果

×

×

4

4番目の結果

5

5番目の結果

×

×

後のページ、sp_n=10

索引

結果

でも?

代替?

10

10番目の結果

×

11

11番目の結果

×

12

12番目の結果

×

13

13番目の結果

×

14

14番目の結果

×

最後に、検索フィールドの値に対しては<search-if-even><search-if-alt>は常に同じ値になります。これは、フィールドの値がページ送信されないためです。

フィールド値のリストタグ

次の高度なタグは、フィールドの値と関連するデータを検索結果のセット全体から出力します。 これらのタグは、検索クエリのsp-sfvl-field CGIパラメーターで指定されたフィールドに対してのみ出力されます。

タグ

説明

1

<search-field-value-list name="field-name" quotes="yes/no" commas="yes/no" data="values/counts/results" separator="X" sortby="none/values/counts/results" max-items="XX" date-format="date-format-string" gmt="yes/no" language="0/language-id" encoding="html/javascript/json/perl/url/none">

このタグは、結果セット全体に含まれる一意のフィールド値、値の数または結果の数のリストを表示します。

このタグは、検索クエリの sp_sfvl_field CGIパラメータで指定されたフィールドの出力のみを生成します。 オプションの「引用符」属性は、出力される個々の項目を重複引用符で囲むかどうかを制御します(encoding=perlの場合は一重引用符)。 「quotes」のデフォルト値は「yes」です。 オプションの「コンマ」属性は、個々の項目の出力をコンマで区切るかどうかを制御します。 「コンマ」のデフォルト値は「yes」です。 オプションの「data」属性は、各固有フィールドの値を出力するか(data="values")、各固有フィールドの値の合計数を出力するか(data="counts")、各固有値を含む結果の数を出力するか(data="results")を制御します。 デフォルト値の「data」は「values」です。 リストタイプ以外のフィールドの場合、data="counts"とdata="results"は等価です。 separator属性は、出力の値の間に挿入される1文字または区切り文字を定義します。 オプションの「sortby」属性で、出力の順序を制御します。sortby="none"は特定の順序を意味しません。sortby="values"はフィールド値(フィールドのSortingプロパティに従って昇順または降順)で並べ替え、sortby="counts"はフィールド値のカウント順で並べ替え、sortby="results"は各値を含む結果の数の降順で並べ替えます。

sortby="counts"とsortby="results"は、リストタイプ以外のフィールドと同じです。 オプションの「max-items」属性では、出力する項目数を制限します。 デフォルト値の「max-items」は —1で、「output all items」を意味します。

最大アイテム数は100までに絶対制限されます。 「date-format」、「gmt」および「language」属性は、指定したフィールドのコンテンツタイプが「date」の場合にのみ有効です。 「date-format」属性には、「%A, %B %d, %Y」などのUNIXスタイルの日付形式文字列(「2016年7月25日月曜日」の場合)を指定します。 "gmt"はデフォルトで"yes"に設定され、日付文字列の時間部分をGMT("yes")で出力するか、アカウントのタイムゾーン("no")で出力するかを制御します。

日付形式の文字列を参照してください。

「language」属性は、出力日付文字列の言語とロケールの規則を制御します。 「0」(デフォルト)は、「アカウントの言語を使用」を意味します。 その他の「言語」値は、特定の言語識別子として解釈されます。例えば、「en_US」は「英語(米国)」を意味します。 オプションの「encoding」属性は、出力文字列文字をHTMLエンコード、JavaScriptエンコード、Perlエンコード、URLエンコードのどちらにエンコードするかを制御し、結果ページの出力に使用します。 デフォルト値の「encoding」は「html」です。

言語識別子を参照してください。

2

<search-field-value-list-count name="field-name" value="field-value" results="yes/no">

このタグは、特定のsearch-field-value-リストのカウント情報を表示します。 このタグには3つの用途があります。 「name」属性のみを指定した場合、このタグは、結果セット全体に含まれる名前付きフィールドの固有値の数を出力します。 「name」と「value」の両方の属性を指定した場合、このタグは、結果セット全体内の指定された値の合計数(results="no"の場合)または結果セット全体に指定された値を含む結果の合計数(results="yes"の場合)を出力します。 デフォルト値の「results」は「no」です。 注意:リストタイプ以外のフィールドの場合、results="yes"とresults="no"は等価です。 「value」属性を指定しない場合、「results」の値は無視されます。 このタグは、検索クエリの sp-sfvl-field CGIパラメータで指定されたフィールドの出力のみを生成します。

3

<search-if-field-value-list-count name="field-name" value="field-value"> ... </search-if-field-value-list-count>

<search-if-not-field-value-list-count name="field-name" value="field-value"> ... </search-if-not-field-value-list-count>

これらのタグは、 <search-field-value-count name="field-name" value="field-value"> を呼び出した場合(または呼び出さない場合)、間にHTMLを表示します。

4

<search-if-single-field-value-list-count name="field-name"> ... </search-if-single-field-value-list-count>

これらのタグは、 <search-field-value-field-count name="field-name" value="field-value"> を呼び出した場合(または呼び出しなかった場合)、それらの間のコンテンツを表示します。 これは、通常、アカウントがファセットスロットを使用する場合に使用されます。 ファセットスロットの場合、通常は、関連付けられた名前スロットに単一の項目がある場合にのみ値スロットを表示します。 トランスポートテンプレートでこのチェックを行う方が、プレゼンテーションレイヤーで行うよりも効率的です。

フィールド値リストのループタグ

次の高度なタグは、ループ構文を使用して、検索結果のセット全体からフィールドの値と関連するデータを列挙し、出力します。 これらのタグは、検索クエリのsp-sfvl-field CGIパラメーターで指定されたフィールドに対してのみ出力されます。

タグ

説明

3

<search-field-values name="field-name" sortby="none/values/counts/results" max-items="XX"> ... </search-field-values>

このタグは、結果セット全体に含まれる特定のフィールドのフィールド値と関連データを列挙するループを作成します。 このタグを別の <search-field-values> タグの中にネストしないでください。 "name"属性は、列挙する値が格納されているフィールドの名前を指定します。 オプションの「sortby」属性で、定義済みリストの順序を制御します。「なし」は特定の順序を持たないことを意味し、「値」はフィールドの値(Sortingプロパティに従って昇順または降順)で並べ替え、sortby="counts"はフィールドの値のカウント順で並べ替え、sortby="results"は各値を含む結果の数の降順で並べ替えます。

sortby="counts"とsortby="results"は、リストタイプ以外のフィールドと同じです。. オプションの「max-items」属性は、繰り返し回数を指定した値に制限します。 「max-items」のデフォルト値は —1です。これは、「すべての値を列挙」を意味します。

2

<search-field-value date-format="date-format-string" encoding="html/javascript/json/perl/url/none" gmt="yes/no" language="0/language-id">

このタグは、現在の<search-field-values>ループ反復のフィールド値を出力します。 このタグは、 <search-field-values> ループ内でのみ有効です。 「date-format」、「gmt」および「language」属性は、含まれる<search-field-values>タグで指定されたフィールド名のコンテンツタイプが「date」の場合にのみ有効です。 「date-format」属性には、「%A, %B %d, %Y」などのUNIXスタイルの日付形式文字列(「Monday, July 25, 2020」の場合)を指定します。

日付形式の文字列を参照してください。

オプションの「encoding」属性は、出力文字列文字をHTMLエンコード、JavaScriptエンコード、Perlエンコード、URLエンコードのどちらにエンコードするかを制御し、結果ページの出力に使用します。 デフォルト値の「encoding」は「none」です。 通常は、encoding属性を指定する必要はありません。 "gmt"はデフォルトで"yes"に設定され、日付文字列の時間部分をGMT("yes")で出力するか、アカウントのタイムゾーン("no")で出力するかを制御します。 「language」属性は、出力日付文字列の言語とロケールの規則を制御します。 「0」(デフォルト)は、「アカウントの言語を使用」を意味します。 その他の「言語」値は、特定の言語識別子として解釈されます。例えば、「en_US」は「英語(米国)」を意味します。

言語識別子を参照してください。

1

<search-field-value-count results="yes/no">

このタグは、現在の <search-field-values> ループの繰り返しに関連付けられたカウントを出力します。 出力数は、フィールド値を含む結果セット全体の結果数(results="yes")か、結果セット全体のフィールド値の合計数です。 デフォルト値の「results」は「no」です。

リストタイプ以外のフィールドの場合、results="yes"とresults="no"は等価です。 このタグは、 <search-field-values> ループ内でのみ有効です。

4

<search-field-value-counter>

このタグは、現在の <search-field-values> ループの反復に対する序数カウンタを出力します。 このタグは、 <search-field-values> ループ内でのみ有効です。

タグを推奨

「ご意味は?」というメッセージが表示され、ユーザーにわかりやすく表示されます。 別の検索用語を提案するサービスです。 例えば、検索語のスペルを間違えた場合、「修正候補」は、正しいスペルを提案して結果を探すのに役立ちます。 システムは、ユーザが結果を見つけるのに役立つ関連キーワードを提案することもできます。 サーチクエリを生成する際、Suggestサービスでは次の2つの辞書が使用されます。1つはアカウントの言語(Indexing > Words and Languages > Language​で設定)に基づき、もう1つはアカウントインデックスのキーワードから一意に作成されます。

メモ

Suggestサービスは、中国語、日本語または韓国語では機能しません。

タグ

説明

1

<search-if-suggestions> ... </search-if-suggestions>

これらのタグを任意の「提案」テンプレートタグ( <search-suggestion> <search-suggestion-link> など)で囲みます。 サーチクエリが生成された場合、検索エンジンはopenタグとcloseタグの間のすべてを出力して処理します。 検索でサーチクエリが生成されない場合、ネストされたコンテンツは1つも出力されません。

2

<search-suggestions> ... </search-suggestions>

このタグは、「提案」ループを生成します。このループには、推奨検索用語(「意図」、「意図」、「意図」など、元々「意図」として入力されたクエリ用)のリストが含まれます。 キーワードのリストを生成する際、検索エンジンはネストされたHTMLタグやテンプレートタグを最大5回まで繰り返します。これはサーチクエリの最大数です。 生成される提案の数(0 ~ 5)を指定するには、count属性を使用します。

<search-suggestions> タグをページに複数回出現させて、修正候補のリストを繰り返すことができます。 複数の提案は、各結果の結果数に従って並べ替えられます。

<search-suggestions> タグを開いたタグと閉じたタグの間にネストします。 <search-if-suggessions> タグは閉じます。

3

<search-suggestion-link> ... </search-suggestion-link>

このタグは、元の検索語ではなく、選択した推奨検索語句を使用して、元の検索クエリへのリンクを生成します。 このタグは、クラス、ターゲット、スタイルなどのHTML属性を受け取って、単純に出力します。 タグにはURL属性も指定できます。この値は、生成されたリンクのベースURLとして使用されます。 タグは、 <search-suggestions> ループ内でのみ使用できます。

4

<search-suggestion-text />

このタグは、現在提案されているクエリ用語(例えば、クエリの「意図」が元々「意図」として入力された場合)を出力します。 タグには属性がなく、 <search-suggestions> ループ内でのみ使用できます。

5

<search-if-not-suggestions> ... </search-if-not-suggestions>

サーチクエリが生成されない場合、検索エンジンは開始タグと終了タグの間のすべてを出力して処理します。 サーチクエリが生成された場合、ネストされたコンテンツは1つも出力されません。

6

<search-if> ... </search-if>

これらの条件タグには、候補ループの最初のキーワードが推奨キーワードであるかどうかに基づいて、それらのキーワード間にHTMLが含まれます。 タグは、 <search-suggestion> タグの開いたタグと閉じたタグの間に記述する必要があります。

7

<search-if> ... </search-if>

これらの条件タグには、候補ループの最後のキーワードが候補と見なされるかどうかに基づいて、それらの間にHTMLが含まれます。 タグは、 <search-suggestion> タグの開いたタグと閉じたタグの間に記述する必要があります。

8

<search-suggestion-index>

このタグは、現在推奨されている検索用語の数値インデックスを返します。 タグは、 <search-suggestion> タグの開いたタグと閉じたタグの間に記述する必要があります。

9

<search-suggestion-total>

このタグは、生成された推奨検索用語の総数を返します。 タグは、 <search-suggestion> タグの開いたタグと閉じたタグの間に記述する必要があります。

10

<search-suggestion-result-count>

このタグは、推奨された検索用語の検索結果の合計数を返します。 タグは、 <search-suggestion> タグの開いたタグと閉じたタグの間に記述する必要があります。

テンプレート文字列タグ

次のタグは、テンプレート内のその時点でHTMLに文字列を出力します。

タグ

説明

3

<search-body>

「基本外観」セクションで「テンプレート」リンクの下に設定される、検索リンクの色の設定を含むHTMLのbodyタグ。 結果ページに追加背景画像を表示するための、このタグのbackground属性。 このタグに追加される色属性は、基本ルックセクションで設定される検索リンクの色設定よりも優先されます。

2

<search-header>

テンプレートリンクの下の基本的な外観セクションに設定された、検索結果ヘッダーのHTML。

1

<search-cdata> ... </search-cdata>

search-cdataタグは、XMLタグに置き換えられます。 <search-cdata> <![CDATA["と</search-cdata> タグは" ]]> "に置き換えられます。 XMLパーサーは、openタグとcloseタグの間の情報を解析しません。

4

<search-query query-number="XX" encoding="html/javascript/json/perl/url/none">

訪問者が入力したクエリ。 高度でオプションの「クエリ番号」属性は、このタグで出力される番号付きクエリ文字列を制御します。 例えば、 <search-クエリクエリ番号=1> は、 sp_q_1 cgiパラメーターの内容を出力します。 "クエリ番号"を指定しない場合、またはクエリ番号が"0"の場合は、メインクエリ( sp_q )が出力されます。 オプションの「encoding」属性は、出力を結果ページの出力用にHTMLエンコード、JavaScriptエンコード、Perlエンコード、URLエンコードのいずれにエンコードするかを制御します。 デフォルト値の「encoding」は「html」です。 通常は、encoding属性を指定する必要はありません。

5

<search-total>

この検索の結果の合計数です。

6

<search-count>

このページでレポートされる結果の数。

7

<search-lower>

このページでレポートされた最初の結果の数。

8

<search-upper>

このページで最後にレポートされた結果の数。

9

<search-prev-count>

前のページでレポートされた結果の数。

10

<search-next-count>

次のページに対してレポートされる結果の数。

11

<search-time>

この検索にかかる時間(秒)。

12

<search-logo>

アカウント用に設定されている検索ロゴのHTML(存在する場合)。 このロゴは、サイトの検索/マーチャンダイジングにクレジットを与える画像です。

現時点では、ほとんどのアカウントに検索ロゴが関連付けられていません。

13

<search-collection all="name">

この検索の結果のコレクション。 オプションの「all」属性を使用して、Webサイト全体を表すコレクションの名前を指定します。

14

<search-form> ...</search-form>

フォームの開始タグと終了タグを挿入します。 開始フォームタグにメソッドおよびアクション属性を挿入します。 言語にdir="RTL"属性を含む追加の属性と、JavaScript関連の"name"属性と"onSubmit"属性を受け入れます。

15

<search-input-account>

アカウント番号を指定するフォーム入力タグを挿入します。

16

<search-input-gallery>

ギャラリー番号を指定するフォーム入力タグを挿入します。

17

<search-input-query query-number="XX">

クエリ文字列を指定するフォーム入力タグを挿入します。 高度なオプションの「クエリ番号」属性は、フォーム入力タグに使用する番号付きクエリを制御します。 例えば、 <search-input-クエリクエリ番号=1> は、 sp_q_1 クエリのフォーム入力タグを出力します。 "クエリ番号"を指定しない場合、または"クエリ番号"が"0"の場合は、メインの sp_q クエリの入力タグが挿入されます。

18

<search-input-collections all="name">

フォーム選択タグと関連HTMLを挿入し、コレクション選択メニューを表示します。 オプションの「all」属性を使用して、Webサイト全体を表すコレクションの名前を指定します。

19

<search-lt>

検索テンプレートタグの1つから出力を、結果ページの他のHTMLタグまたはテンプレートタグ内に挿入します。 <search-lt> より小さい文字を挿入します。 <search-lt> <search-gt> を使用すると、タグの定義をエスケープして、検索テンプレートタグを属性値として使用できます。 検索に応じてテンプレートがレンダリングされると、 <search-lt> タグが小なり記号(<)に置き換えられます。 例えば、 <search-link> は、 <search-lt>a href="<search-url>"<search-gt> と同じです。

20

<search-gt>

検索テンプレートタグの1つから出力を、結果ページの他のHTMLタグまたはテンプレートタグ内に挿入します。 <search-gt> より大きい文字を挿入します。 <search-lt> <search-gt> を使用すると、タグの定義をエスケープし、他のテンプレートタグを属性値として使用できます。 検索に応じてテンプレートがレンダリングされるとき、 <search-gt> タグは大なり記号(>)に置き換えられます。 例えば、 <search-link> は、 <search-lt>a href="<search-url>"<search-gt> と同じです。

21

<search-param name="param-name" length="XX" encoding="html/javascript/json/perl/url/none">

現在の検索要求から、"param-name"という名前のcgiパラメーターの値を返します。 オプションの「encoding」属性は、出力を結果ページの出力用にHTMLエンコード、JavaScriptエンコード、Perlエンコード、URLエンコードのいずれにエンコードするかを制御します。 デフォルト値の「encoding」は「html」です。 通常は、encoding属性を指定する必要はありません。

22

<search-trace encoding="html/javascript/ json/perl/url/none">

encoding 属性はオプションです。デフォルト値は json です。

注意: このタグは、コア検索クエリのパラメーターで sp_trace=1 が指定されている場合にのみ出力されます。

バックエンド検索CGIパラメータにある表の48行を参照してください。

テンプレートのアンカーリンクタグ

次に示すのは、タグの間にアンカーリンクを設定してHTMLを囲む原因となるタグです。 アンカーリンクをクリックすると、別のページの結果を表示するように求められます。 オプションの属性「count」リクエストで、表示するページ上の結果の数が多くなります。 指定しなかった場合は、現在のページで要求された数が使用されます。 詳細なオプションの「URL」属性は、関連リンクの転送先ドメインを制御します。 デフォルトでは、ドメインはhttps://search.atomz.com/search/ですが、URL属性を使用して変更できます。

タグ

説明

3

<search-next URL="https://search.yourdomain.com/search/"> ... </search-next>

<search-prev URL="https://search.yourdomain.com/search/"> ... </search-prev>

結果の次のページまたは前のページを表示します。

2

<search-sort-by-date URL="https://search.yourdomain.com/search/"> ... </search-sort-by-date>

<search-sort-by-score URL="https://search.yourdomain.com/search/"> ... </search-sort-by-score>

結果を日付順または関連性順に並べ替えます。

3

<search-show-summaries URL="https://search.yourdomain.com/search/"> ... </search-show-summaries>

<search-hide-summaries URL="https://search.yourdomain.com/search/"> ... </search-hide-summaries>

サマリの表示/非表示を切り替えます。

テンプレートの条件タグ

間にHTMLを条件付きで含めることができるタグ。

タグ

説明

3

<search-if-results> ... </search-if-results>

<search-if-not-results> ...</search-if-not-results>

現在のページに検索結果が含まれる(または含まれない)場合、これらのタグにはHTMLが含まれます。

2

<search-if-prev-count> ... </search-if-prev-count>

<search-if-not-prev-count> ... </search-if-not-prev-count>

<search-if-next-count> ... </search-if-next-count>

<search-if-not-next-count> ... </search-if-not-next-count>

前のページまたは次のページに結果が関連付けられている(または何も結果がない)場合、これらのタグにはHTMLが含まれます。

3

<search-if-sort-by-score> ... </search-if-sort-by-score>

<search-if-not-sort-by-score> ... </search-if-not-sort-by-score>

<search-if-sort-by-date> ... </search-if-sort-by-date>

<search-if-not-sort-by-date> ... </search-if-not-sort-by-date>

これらのタグには、現在のページが関連性または日付で並べ替えられた場合、またはそれ以外の場合に、HTMLが含まれます。

4

<search-if-show-summaries> ... </search-if-show-summaries>

<search-if-hide-summaries> ... </search-if-hide-summaries>

現在のページで概要を表示または非表示にしている場合、これらのタグにはHTMLが含まれます。 これらのタグを使用して、検索結果の一部を含めたり除外したりできます。

5

<search-if-input-collections> ... </search-if-input-collections>

<search-if-not-input-collections> ... </search-if-not-input-collections>

現在のページの検索結果の生成でコレクションが指定されている場合、これらのタグにはHTMLが含まれます。

6

<search-if-advanced> ... </search-if-advanced>

<search-if-not-advanced> ... </search-if-not-advanced>

検索クエリに sp_advanced=1 CGIパラメーターが指定されている場合、これらのタグにはHTMLが含まれます。

7

<search-if-bad-param name="parameter-name"> ... </search-if-bad-param>

<search-if-not-bad-param name="parameter-name"> ... </search-if-not-bad-param>

これらのタグは、指定されたパラメーターが無効な場合、または無効でない場合、それらの間にHTMLを含めたり除外したりします。

現在、 sp_q_location[_#] パラメータのみがサポートされています。

8

<search-if-param name="param-name" value="param-value"> ... </search-if-param>

<search-if-not-param name="param-name" value="param-value"> ... </search-if-not-param>

これらの高度なタグには、「name」属性で指定されたCGIパラメーターが「value」属性で指定された値を持つかどうかに基づいて、それらの間にHTMLが含まれます。

9

<search-if-sort-by-field name="field-name"> ... </search-if-sort-by-field>

<search-if-not-sort-by-field name="field-name"> ... </search-if-not-sort-by-field>

これらの高度なタグは、現在のページがある場合、またはない場合、その間にHTMLを含みます。このHTMLは、指定されたfield-nameで並べ替えられます。

テンプレートフォームコントロールタグ

検索テンプレート上の<form>内のチェックボックス、ラジオボタン、リストボックスのデフォルトの選択状態を制御するためのタグ。

タグ

説明

3

<search-input>

<input> タグの代わりにテンプレートで使用します。 タグがブラウザーに書き込まれると、 input という単語が search-input を置き換え、タグ内の他のすべての情報がそのまま出力されます。 また、タグで指定されたがCGIパラメーターとしてリストされ、タグで指定されたがそのCGIパラメーターの値である場合、タグの末尾に checked という単語が追加されます。 このようにして、検索結果内のデフォルトのラジオボタンまたはチェックボックスの状態を、現在のクエリと同じ状態に自動的にすることができます。

例えば、チェックボックスのHTMLコードは次のようになります。

<input type="checkbox" name="sp_w" value="exact">サウンドに似たものはありません

このチェックボックスの対応するテンプレートコードは次のとおりです。

<search-input type="checkbox" name="sp_w" value="exact">サウンドに似たものはありません

クエリのCGIパラメータ文字列に sp_w=exact が含まれる場合、検索結果と共にブラウザに書き込まれるタグは次のようになります( checked はタグの末尾に挿入されます)。

<input type="checkbox" name="sp_w" value="exact" checked="">サウンドに似たものはありません

クエリのCGIパラメータ文字列に sp_w=exact が含まれていない場合、検索結果と共にブラウザに書き込まれるタグは次のようになります( checked はタグに含まれません)。

<input type="checkbox" name="sp_w" value="exact">サウンドに似たものはありません

<search-input> タグは、チェックボックスやラジオボタンを検索テンプレートに挿入する場合に便利です。 検索テンプレートの <form> に追加するチェックボックスやラジオボタンがある場合は、 <input...> の代わりに <search-input...> を使用します。

2

<search-select> ... </search-select>

<search-option> ... </search-option>

<form> タグ内のドロップダウンリストボックスは、 <select> タグで始まり、 </select> タグで終わります。 関連するCGIパラメーターのは、 <select> タグの中に列挙されます。 <select> タグの後に続くリストは、 <option> タグのリストで、「オプション」ボックス内に表示する値を指定します。

<search-select> </search-select> <search-option> </search-option> タグは、 <search-input> タグと同様の機能を提供します。 つまり、 <search-select> タグの名前がCGIパラメーターとしてリストされ、そのCGIのがリストされている場合、選択されたという語が自動的にブラウザーに送信されますパラメーターは、特定の <search-option> タグのとしてリストされます。 このようにして、検索結果内のデフォルトのリストボックスを、現在のクエリと同じように自動的に選択できます。

例えば、一般的なリストボックスは次のようになります。

<select name="sp_x" size=1> <option value="any" selected>Anywhere</option> <option value="title">Title</option> <option value="desc">Description</option> <option value="keys">Keywords</option> <option value="body">Body</option> <option value="alt">Alternate text</option> <option value="url">URL</option> <option value="target">Target</option> </select>

そのテンプレートボックスの対応するリストコードは次のとおりです。

<search-select name="sp_x" size=1> <search-option value="any">Anywhere</search-option> <search-option value="title">Title</search-option> <search-option value="desc">Description</search-option> <search-option value="keys">Keywords</search-option> <search-option value="body">Body</search-option> <search-option value="alt">Alternate text</search-option> <search-option value="url">URL</search-option> <search-option value="target">Target</search-option> </search-select>

検索テンプレートの <form> に追加するリストボックスがある場合は、 <select...> の代わりに <search-select..> を使用します。 </select>a9/>, <search-option...> <option...> の代わりに </search-option> </option> .

3

<search-sort-by-field name="field-name" count="XX"> ... </search-sort-by-field>

これらの高度なタグによって、それらの間にアンカーリンクがHTMLの周囲に作成されます。 このアンカーをクリックすると、特定のフィールドで並べ替えられた結果のページが表示されます。 オプションの count 属性は、結果ページに表示する結果の数を指定します。 カウントを省略した場合は、現在のページで使用されているカウントが使用されます。

日付形式文字列

次の変換指定を日付形式文字列で使用できます。

日付形式文字列

説明

%

曜日を表す全体的な曜日名に一致します(例:「Monday」)。 言語 > 単語と言語 > 言語の設定によって、国の表現が決まります。

単語と言語についてを参照してください。

%a

曜日の略称を国内表現したものに一致します。略語は最初の3文字を表します(例:「Mon」)。 言語 > 単語と言語 > 言語の設定によって、国の表現が決まります。

単語と言語についてを参照してください。

%B

月名の全体表現に一致します(「June」など)。 言語 > 単語と言語 > 言語の設定によって、国の表現が決まります。

単語と言語についてを参照してください。

%b

月の略称を国内表現で表します。省略形は最初の3文字で、例えば「Jun」などです。 言語 > 単語と言語 > 言語の設定によって、国の表現が決まります。

単語と言語についてを参照してください。

%D

"%m/%d/%y"と同じです(例:"07/25/13")。

%d

月の何日かを10進数(01 ~ 31)で表します。

%e

日付を10進数(1 ~ 31)で表します。 空白は1桁の桁数の前に表示されます。

%H

10進数(00 ~ 23)で24時間の時計に一致します。

%h

月の略称を国単位で表したものに一致します。省略形は最初の3文字で、例えば「Jun」(%bと同じ)です。

%I

12時間の時計を10進数(01 ~ 12)で表します。

%j

年の何日目かを10進数で表します(001-366)。

%k

(24時間制の時計を10進数(0 ~ 23)で表します。 空白は1桁の桁数の前に表示されます。

%l

12時間制の時刻を10進数(1 ~ 12)で表します。 空白は1桁の桁数の前に表示されます。

%M

分を10進数(00 ~ 59)で表します。

%m

月を10進数(01 ~ 12)で表します。

%p

必要に応じて、「ante meridiem」または「post meridiem」の国別表現に一致します(例:「PM」)。 言語 > 単語と言語 > 言語の設定によって、国の表現が決まります。

単語と言語についてを参照してください。

%R

"%H:%M"と同じです(例: "13:23")。

%r

"%I:%M:%S %p"と同じです(例:"01:23:45 PM")。

%S

2番目の値に10進数(00 ~ 60)で対応します。

%T

"%H:%M:%S"と同じです(例:"13:26:47")。

%U

年の何週目か(日曜日を週の最初の曜日として)を10進数(00 ~ 53)で表します。

%v

"%e-%b-%Y"と同じです(例:"25-Jul-2013")。

%はい

世紀を10進数で表した年に一致します(例:「2013」)。

%y

世紀を含まない年を10進数(00 ~ 99)で表します。

%Z

タイムゾーン名に一致します。

%%

一致する "%".

言語識別子

次の表に、サポートされている各言語の言語識別子を示します。 次のテンプレートタグで、これらの識別子をオプションの「言語」属性の値として使用できます。

言語

言語識別子

ブルガリア語 (ブルガリア)

bg_BG

中国語(中国)

zh_CN

中国語(香港)

zh_HK

中国語(シンガポール)

zh_SG

中国語(台湾)

zh_TW

チェコ語 (チェコ共和国)

cs_CZ

デンマーク語 (デンマーク)

da_DK

オランダ語 (ベルギー)

nl_BE

オランダ語 (オランダ)

nl_NL

英語(オーストラリア)

en_AU

英語(カナダ)

en_CA

英語(英国)

en_GB

英語 (米国)

en_US

フランス語 (ベルギー)

fr_BE

フランス語 (カナダ)

fr_CA

フィンランド語 (フィンランド)

fi_FI

フランス語 (フランス)

fr_FR

フランス語(スイス)

fr_CH

ドイツ語(オーストリア)

de_AT

ドイツ語 (ドイツ)

de_DE

ドイツ語(スイス)

de_CH

ギリシャ語(ギリシャ)

el_GR

アイルランド語(アイルランド)

ga_IE

イタリア語 (イタリア)

it_IT

日本語 (日本)

ja_JP

韓国語(韓国)

ko_KR

ノルウェー語 (ノルウェー)

no_NO

ポーランド語 (ポーランド)

pl_PL

ポルトガル語 (ブラジル)

pt_BR

ポルトガル語(ポルトガル)

pt_PT

ロシア語(旧ソ連和集合)

ru_SU

スロバキア語 (スロバキア)

sk_SK

スロバキア語(スロベニア)

sl_SI

スペイン語 (メキシコ)

es_MX

スペイン語 (スペイン)

es_ES

スウェーデン語 (スウェーデン)

sv_SE

content-type HTTPヘッダーの指定

Content-Type HTTP応答ヘッダーは、次のタグを使用して指定できます。

<search-content-type-header [content="MIME-type"] [charset="charset-name"]>

content属性とcharset属性はオプションです。 このタグは、可能な限り早くテンプレートに表示されます。 また、<search-html-meta-charset>または<search-xml-decl>の前に記述することもお勧めします。これらのタグの動作に影響するからです。

content属性を指定しない場合、MIME-typeの値は、デフォルトで​[!UICONTROL Settings] > [!UICONTROL Crawling] > [!UICONTROL Content Types]​に設定された値に設定されます。 content属性を指定した場合は、<search-html-meta-charset>タグのデフォルトのcontent属性として使用されます。

charset属性を指定しない場合、content-typeヘッダーにcharset値は書き込まれません。

charset="1"を指定した場合、charset-nameの実際の値はsp_f CGIパラメーターの値になります。 検索でsp_f CGIパラメーターが送信されない場合、charset-nameの実際の値はアカウント設定から読み取られます。 Settings > My Profile > Personal Information > Character Encoding​の下で、アカウントに関連付けられている文字セットを表示または変更できます。

個人ユーザー情報の設定を参照してください。

charset="iso-8859-1"charset="Shift-JIS"のようなcharset値としてリストすることで、特定の文字セット名を選択できます。

charset属性を指定した場合、<search-html-meta-charset>タグと<search-xml-decl>タグのデフォルトのcharset属性として使用され、content-typeヘッダーに出力されます。

HTMLテンプレートでの文字セットの指定

デフォルトのHTML検索結果テンプレートでは、次のタグを使用して、現在のアカウントに関連付けられた文字セットを指定します。

<search-html-meta-charset [content="MIME-type"] [charset="charset-name"]>

content属性とcharset属性はオプションです。 このタグは、テンプレートのHTML <head>セクションに表示する必要があります。 このタグは、テンプレートから生成されたHTMLページに次のタグを返します。

<meta http-equiv="content-type" content="MIME-type; charset=charset-name">

content属性を指定しない場合、MIME-typeの実際の値はデフォルトで2つの値の1つになります。 <search-content-type-header>タグでcontent属性が指定されている場合は、その値が使用されます。 それ以外の場合は、Templates > Settings > Content Type​タブのセットが使用されます。

charset属性を指定しない場合、charset-nameの実際の値はデフォルトで2つの値の1つになります。 <search-content-type-header>タグでcharset属性が指定されている場合は、その値が使用されます。 それ以外の場合は、charset-nameの実際の値がアカウント設定から読み込まれます。 Settings > My Profile > Personal Information > Character Encoding​の下で、アカウントに関連付けられている文字セットを表示または変更できます。

個人ユーザー情報の設定を参照してください。

charset="1"を指定した場合、charset-nameの実際の値はsp_f CGIパラメーターの値になります。 検索でsp_f CGIパラメーターが送信されない場合、charset-nameの実際の値は、<search-content-type-header>タグに設定された値(指定された場合)か、アカウント設定に設定された値です。

charset="charset-name"のように、特定の文字セット名を指定できます。 (例:charset="iso-8859-1"charset="Shift-JIS")。

<search-html-meta-charset>タグはオプションです。 削除した場合、ブラウザーはcontent-typeのデフォルト値を想定します。次の値が使用されます。content="text/html; charset=ISO-8859-1". また、<search-html-meta-charset>タグを独自のhttp-equivタグに置き換えることもできます。

XMLテンプレートでの文字セットの指定

デフォルトのXML検索結果テンプレートでは、次のタグを使用して、現在のアカウントに関連付けられた文字セットを指定します。

<search-xml-decl [charset="charset-name"]>

charset属性はオプションです。 このタグは、テンプレートの上部で、<search-content-type-header>タグの後に配置する必要があります。 このタグにより、テンプレートから生成されるXMLドキュメントに次のタグが追加されます。

<?xml version="1.0" encoding="charset-name" standalone="yes" ?>

charsetを指定しない場合、charset-nameの実際の値はデフォルトで2つの値のいずれかになります。 <search-content-type-header>charset属性を指定した場合は、その値が使用されます。 それ以外の場合は、charset-nameの実際の値がアカウント設定から読み込まれます。 Settings > My Profile > Personal Information > Character Encoding​の下で、アカウントに関連付けられている文字セットを表示または変更できます。

個人ユーザー情報の設定を参照してください。

charset="1"を指定した場合、charset-nameの実際の値はsp_f CGIパラメーターの値になります。 検索でsp_f CGIパラメーターが送信されない場合、charset-nameの実際の値は、<search-content-type-header>タグで設定された値(指定した場合)か、アカウント設定で設定された値です。

必要に応じて、charset="charset-name"のように特定の文字セット名を指定できます。 例: charset="iso-8859-1" or charset="Shift-JIS"

<search-xml-decl>タグを独自の?xmlタグに置き換えることもできます。

別の内に検索テンプレートを含める

ある検索テンプレートを別の検索テンプレートに含めるには、<search-include>タグを使用し、file属性に含めるテンプレートファイルの名前を設定します。次に例を示します。

<search-include file="seo/seo_search_title.tpl" />

SEO検索テンプレートセグメントはseo/サブフォルダーにあり、通常の検索テンプレートはtemplates/サブフォルダーにあります。 このコンテキストに含めると意味のあるのは.tplファイルのみです。

Webサイト用の複数のトランスポートテンプレートの管理

各領域に異なる検索トランスポートテンプレートを使用して、Webサイト全体での検索結果の外観を制御できます。

この種の検索機能を実現するには、サイト検索/マーチャンダイジングでトランスポートテンプレートを管理します。 または、「公開」でトランスポートテンプレートを管理できます。 サイト検索/マーチャンダイジングと同様に、「発行」では、複数の検索トランスポートテンプレートを編集、プレビュー、および発行できます。

(デフォルト以外の)特定のトランスポートテンプレートを使用するように検索フォームを設定するには、sp_tクエリパラメーターを使用します。 例えば、Webサイトのマークダウン販売エリアに「クリアランス」という名前の検索テンプレートがあるとします。 標準のHTML検索フォームを使用し、次の追加のフォームコードを使用します。

<input type=hidden name="sp_t" value="clearance">

顧客がこのコード行を含む標準フォームをクリックすると、検索結果と共に「クリアランス」検索トランスポートテンプレートが表示されます。

検索フォームでのコレクションの使用」を参照してください。

フォームでのフレームの使用を参照してください。

アドバンス検索フォームの例」を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now