Adobe Experience Platform ID サービスの追加

Adobe Experience Platform ID サービスは、ソリューション間でのオーディエンス共有などの Experience Cloud 機能を強化するために、すべてのアドビソリューションに共通の訪問者 ID を設定します。また、サービスに独自の顧客 ID を送信して、クロスデバイスターゲティングを有効にし、顧客関係管理(CRM)システムとのさらなる統合を可能にすることもできます。

ID サービスは Mobile Core 拡張機能の一部なので、Mobile SDK のインストール時に既に実装済みです。現時点では、このチュートリアルに顧客 ID の設定手順は含まれていません。顧客 ID の設定方法の詳細については、ドキュメントを参照してください。

検証手順

ID サービスの呼び出しを検証するには、Xcode または Developer Studio でサンプルアプリケーションを実行し、デバッグコンソールを開いて、要求と応答を探します。

  1. ID サービスへの要求(コンソールを demdex.net にフィルター)。この例では、ID(d_mid)は既に設定済みで、再度レポートされています。
2019-03-13 16:53:26.655908-0400 BusBookingObjectiveC[56630:3854937] [AMSDK DEBUG <com.adobe.module.identity>]:Sending request (https://dpm.demdex.net/id?d_rtbd=json&d_ver=2&d_orgid=7ABB3E6A5A7491460A495D61@AdobeOrg&d_mid=67027929491180584128922600814231770586)
  1. ID サービスからの応答(コンソールを ID Service にフィルター)。mid値が上記の要求内の値d_midとどのように一致するかを確認します。
2019-03-13 16:53:27.397048-0400 BusBookingObjectiveC[56630:3854937] [AMSDK DEBUG <com.adobe.module.identity>]: ID Service - Got ID Response (mid: 67027929491180584128922600814231770586, blob: j8Odv6LonN4r3an7LhD3WZrU1bUpAkFkkiY1ncBR96t2PTI, hint: 9, ttl: "604800000 ms")

次:「Adobe Target サポートの追加」>

このページ