タグプロパティの作成

データ収集は、次世代のモバイル SDK および Web サイトタグ管理機能です。 タグ機能を使用すると、顧客体験の実現に必要なすべての分析、マーケティングおよび広告のソリューションをデプロイおよび管理するためのシンプルな手段を提供します。 タグでは、追加料金はかかりません。Adobe Experience Cloud のお客様は、Launch を利用できます。

このレッスンでは、モバイルアプリ用のタグプロパティを作成します。

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、データ収集テクノロジーのスイートとして Adobe Experience Platform に統合されています。 このコンテンツの使用中に注意が必要な、いくつかの用語の変更がインターフェイスにロールアウトされました。

  • platform launch(クライアント側)が tags になりました。
  • platform launchサーバー側が event forwarding になりました。
  • エッジ設定は datastreams になりました。

前提条件

次のレッスンを完了するには、タグで環境の開発、承認、公開、管理をおこなう権限が必要です。 ユーザーインターフェイスオプションが使用できないためにこれらの手順を完了できない場合は、Experience Cloud 管理者に連絡してアクセス権をもらってください。タグのユーザー権限の詳細については、 ドキュメント を参照してください。

学習内容

このレッスンを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。

  • データ収集ユーザーインターフェイスへのログイン
  • 新しいモバイルタグプロパティを作成する
  • モバイルタグプロパティの設定

データ収集に移動

データ収集に移動するには

  1. Adobe Experience Cloud にログインします。

  2. ソリューション切り替えアイコンをクリックし、ソリューション切り替えツールを開きます。

  3. メニューから「Launch/Data Collection」を選択します。

    アイコンを使用してソリューション切り替えツールを開き、「アクティブ化」をクリックする

Tags Properties 画面が表示されます(アカウントでプロパティを作成したことがない場合は、この画面が空になる可能性があります)。

プロパティ画面

プロパティの作成

プロパティは基本的に、アプリケーションにタグを導入する際に拡張機能、ルール、データ要素およびライブラリを入力するコンテナです。同様の機能がアプリに含まれ、同じソリューションを実装する必要がある場合、1 つのモバイルプロパティを複数のアプリプラットフォーム (iOSや Android™など ) で使用できます。 プロパティの作成について詳しくは、製品ドキュメントのモバイルプロパティの設定を参照してください。

プロパティを作成するには

  1. 新しいプロパティ」ボタンをクリックします。

    新規プロパティをクリックする

  2. プロパティに名前を付けます(例:Mobile Tutorial)。

  3. プラットフォームとして、モバイル​をクリックします。

  4. 保存」ボタンをクリックします。

    新しいプロパティの作成

新しいプロパティが「プロパティ」ページに表示されます。プロパティ名の横にあるボックスをチェックすると、プロパティを​設定​または​削除​するオプションがプロパティリストの上に表示されます。プロパティ名(例:Mobile Tutorial)をクリックして、Overview 画面を開きます。
プロパティ名をクリックして開く

次:「拡張子の追加」>

このページ