ライブラリの追加

このレッスンでは、新しいタグプロパティのライブラリを作成します。 ライブラリは、必要なすべてのタグ設定をまとめてパッケージ化し、モバイルアプリにライブラリをインストールするために必要な具体的な実装手順を生成します。

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、データ収集テクノロジーのスイートとして Adobe Experience Platform に統合されています。 このコンテンツの使用中に注意が必要な、いくつかの用語の変更がインターフェイスにロールアウトされました。

  • platform launch(クライアント側)が tags になりました。
  • platform launchサーバー側が event forwarding になりました。
  • エッジ設定は datastreams になりました。

学習内容

このレッスンを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。

  • ライブラリの作成
  • ライブラリへの変更の追加
  • ライブラリのビルド

ライブラリへの変更の保存

拡張機能を設定した後、ソリューションを使用できるように、アプリケーションにデプロイできるライブラリにパッケージ化する必要があります。

ライブラリを追加してビルドするには、以下を実行します。

  1. パブリッシング」タブに移動します。

  2. 新しいライブラリの追加​をクリックします。

    新しいライブラリの追加

  3. ライブラリに「Initial Setup」と名前を付けます。

  4. 環境/開発​を選択します。

  5. 変更されたリソースをすべて追加​をクリックします。

    変更されたリソースをすべて追加

  6. 変更されたすべてのリソースを追加」タグをクリックした後、拡張機能の追加時におこなった変更の概要が表示されることに注意してください。

  7. 開発用に保存およびビルド​をクリックします。

    開発用に保存およびビルド

  8. しばらくすると、ステータスドットが緑色に変わり、ライブラリが正常にビルドされたことを示します。

    ビルドされたライブラリ

次:「タグプロパティと SDK のインストール」>

このページ