タグプロパティの公開

開発環境で Adobe Experience Cloud の主要ソリューションをいくつか実装したら、パブリッシュのワークフローについて学習しましょう。

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、データ収集テクノロジーのスイートとして Adobe Experience Platform に統合されています。 このコンテンツの使用中に注意が必要な、いくつかの用語の変更がインターフェイスにロールアウトされました。

  • platform launch(クライアント側)が tags になりました。
  • platform launchサーバー側が event forwarding になりました。
  • エッジ設定は datastreams になりました。

前提条件

このレッスンを完了するには、タグのユーザーアカウントで「承認」と「公開」の権限が必要です。 ユーザーインターフェイスオプションが使用できないためにこれらの手順を完了できない場合は、Experience Cloud 管理者に連絡してアクセス権をもらってください。タグのユーザー権限の詳細については、 ドキュメント を参照してください。

学習内容

このレッスンを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。

  1. ステージング環境へ開発ライブラリをパブリッシュする
  2. 異なるタグ環境を読み込むようにアプリを更新する
  3. ステージングライブラリを実稼動環境にパブリッシュする

ステージングへのパブリッシュ

開発環境でライブラリを作成して検証したら、そのライブラリをステージングにパブリッシュする番です。

  1. パブリッシング​ページに移動します。

  2. ライブラリの横にあるドロップダウンを開き、承認用に送信​を選択します。

    承認用に送信

  3. ダイアログで「送信」ボタンをクリックします。

    モーダルの「送信」をクリックする

  4. ライブラリが送信済み列に未ビルドの状態で表示されます。

  5. ドロップダウンを開き、ステージング用にビルド​を選択します。

    ステージング用にビルド

  6. 緑のドットアイコンが表示されると、ステージング環境でライブラリをプレビューできます。

実際のシナリオでは通常、プロセスの次のステップとして、ステージングライブラリの変更を QA チームに検証してもらいます。

ステージングライブラリで変更を検証するには、以下を実行します。

  1. タグプロパティで、環境 ページを開きます。

  2. ステージング行で、インストールアイコン

    インストールアイコン をクリックしてモーダルを開きます。

環境ページに移動し、クリックしてモーダルを開く

この時点で、開発環境とステージング環境でのインストール手順の違いは、上のスクリーンショットで示した初期化コードの 参照だけです。必要なのは、DemoApplication ファイルの対応する行を更新して、アプリケーションをリビルドすることだけです。ステージングアプリケーションに別のプロジェクトを使用する場合は、このチュートリアル全体でおこなった他のアプリケーションの更新をすべてこのプロジェクトに含める必要があります。

実際には、QA チームがステージング環境の変更を確認してサインオフしたら、実稼動環境にパブリッシュします。

実稼動環境へのパブリッシュ

  1. パブリッシングページに移動します。

  2. ドロップダウンで​パブリッシュの承認​をクリックします。

    パブリッシュの承認

  3. ダイアログボックスで​承認​ボタンをクリックします。

    「承認」をクリックする

  4. ライブラリが承認済み列に未ビルド(黄色の点)として表示されます。

  5. ドロップダウンを開き、ビルドして実稼動環境にパブリッシュ​を選択します。

    「ビルドして実稼動環境にパブリッシュ」をクリックする

  6. ダイアログボックスで​パブリッシュ​をクリックします。

    「パブリッシュ」をクリックする

  7. ライブラリがパブリッシュ済み列に表示されます。

    パブリッシュ済み

実稼動環境では、下のスクリーンショットでハイライト表示されているように、コア設定でタグ参照が使用されています。 実稼動版アプリケーションに別のプロジェクトを使用する場合は、このチュートリアル全体でおこなったすべてのアプリケーションの更新をこのプロジェクトに含める必要があります。

環境ページに移動し、クリックしてモーダルを開く

重要

次回タグ設定を変更する場合は、開発環境に新しいライブラリを作成する必要があります。 拡張機能の追加と削除をおこなう場合は、アプリケーション自体を更新する必要があることに注意してください。問題を回避するため、タグ環境とアプリコードの同期を維持するように注意してください。

これで全部です。チュートリアルを完了し、最初のモバイルプロパティをタグで公開しました。

このページ