9.5 Google Tag Managerタグとトリガーの設定

拡張機能とデータ要素を作成したら、Google Tag Managerで呼び出されるルールや「トリガー」を作成します。

https://tagmanager.google.com/に移動し 、個人ログインの詳細をログインします。

9.5.1 — トリガーの設定:すべての一般ページ

Google Tag Managerメニューで、「 トリガー」に移動します。

セットアップの起動

[ 新規作成]をクリックします。

セットアップの起動

最初のトリガーは、すべての一般ページで実行されます。
このトリガーの名前として、を使用しま All General Pagesす。

セットアップの起動

このルールのトリガーを設定する必要があるので、「 Trigger Configuration」をクリックします。

セットアップの起動

このトリガは、特定のページ表示でアクティブにする必要があるので、「 ページ表示」を選択します。

セットアップの起動

次に、「 一部のページ表示 」を選択し、 pageTypeGeneralが次の値と等しい場合にトリガーを実行するように指定します。

セットアップの起動

保存 」をクリックして、トリガーを保存します。

セットアップの起動

9.5.2 — トリガーの設定:すべての製品ページ

Triggers」で、「 New」をクリックします。

セットアップの起動

2つ目のトリガーは、すべての製品ページで起動します。
このトリガーの名前として、を使用しま All Product Pagesす。

セットアップの起動

このルールのトリガーを設定する必要があるので、「 Trigger Configuration」をクリックします。

セットアップの起動

このトリガは、特定のページ表示でアクティブにする必要があるので、「 ページ表示」を選択します。

セットアップの起動

次に、「 一部のページ表示 」を選択し、pageType ​が Products

セットアップの起動

保存 」をクリックして、トリガーを保存します。

セットアップの起動

9.5.3 — トリガーの設定:認証済みのすべてのページ

Triggers」で、「 New」をクリックします。

セットアップの起動

3つ目のトリガーは、認証済みのすべてのページで起動します。
このトリガーの名前として、を使用しま All Authenticated Pagesす。

セットアップの起動

このルールのトリガーを設定する必要があるので、「 Trigger Configuration」をクリックします。

セットアップの起動

このトリガは、特定のページ表示でアクティブにする必要があるので、「 ページ表示」を選択します。

セットアップの起動

次に、「 一部のページ表示 」を選択し、customerLoggedIn Yesが次の値と等しい場合にトリガーを実行するように指定します。

セットアップの起動

保存 」をクリックして、トリガーを保存します。

セットアップの起動

これで、Google Tag ManagerでのTriggersの設定が完了しました。

ここで、 タグ (Tags ​)を設定して、Adobe Experience Platformに送信し、作成したトリガーをそれらのタグにリンクします。

9.5.4 — タグの設定:すべての一般ページ

Googleタグマネージャーメニューで「 タグ」に移動します。

セットアップの起動

[ 新規作成]をクリックします。

セットアップの起動

最初のタグは、すべての一般ページで実行されます。
このタグの名前として、を使用しま All General Pagesす。

セットアップの起動

トリガー 」をクリックして、作成したタグをこのタグにリンクします。

セットアップの起動

All General Pages — トリガー」を選択します。

セットアップの起動

をクリックし ​追加て、トリガーをこのタグに追加します。

セットアップの起動

次に、「 タグ設定」をクリックします。

セットアップの起動

メニューで「 カスタムHTML」を選択します。

セットアップの起動

次のコードをタグに貼り付けます。

<script>console.log(">>>>>GA - All General Pages - Sending Page View to DCS");fetch("{{dcsStreamingEndpoint}}",{"credentials":"omit","headers":{"accept":"*/*","accept-language":"en-US,es;q=0.9,en;q=0.8","cache-control":"no-cache","content-type":"application/json","pragma":"no-cache","sec-fetch-mode":"cors","sec-fetch-site":"cross-site"},"referrer":"{{pageUrl}}","referrerPolicy":"no-referrer-when-downgrade","body":"{\"header\":{\"datasetId\":\"{{eeDatasetId}}\",\"imsOrgId\":\"{{imsOrgId}}\",\"source\":{\"name\":\"GA\"},\"schemaRef\":{\"id\":\"{{eeSchemaRef}}\",\"contentType\":\"application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1\"}},\"body\":{\"xdmMeta\":{\"schemaRef\":{\"id\":\"{{eeSchemaRef}}\",\"contentType\":\"application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1\"}},\"xdmEntity\":{\"_id\":\"{{pageHitId}}\",\"eventType\":\"GTM_pageView\",\"web\":{\"webPageDetails\":{\"name\":\"{{pageName}}\",\"pageViews\":{\"value\":1}}},\"timestamp\":\"{{pageTimeStamp}}\",\"environment\":{\"browserDetails\":{\"userAgent\":\"{{pageUserAgent}}\",\"acceptLanguage\":\"{{customerLanguage}}\"}},\"{{aepTenantId}}\":{\"demoEnvironment\":{\"brandName\":\"{{brandName}}\",\"tms\":\"GTM\"},\"identification\":{\"core\":{\"gaid\":\"{{gaClientId}}\"}}}}}}","method":"POST","mode":"cors"});</script>

設定は次のようになります。

セットアップの起動

保存 」をクリックしてタグを保存します。

セットアップの起動

9.5.5 — タグの設定:すべての製品ページ

Googleタグマネージャーメニューで「 タグ」に移動します。

セットアップの起動

[ 新規作成]をクリックします。

セットアップの起動

最初のタグは、すべての製品ページで実行されます。
このタグの名前として、を使用しま All Product Pagesす。

セットアップの起動

トリガー 」をクリックして、作成したタグをこのタグにリンクします。

セットアップの起動

トリガーを選択し All Product Pages ます。

セットアップの起動

をクリックし ​追加て、トリガーをこのタグに追加します。

セットアップの起動

次に、「 タグ設定」をクリックします。

セットアップの起動

メニューで「 カスタムHTML」を選択します。

次のコードをタグに貼り付けます。

<script>
console.log(">>>>> GA - All Product Pages - Sending Product View to DCS");

fetch("{{dcsStreamingEndpoint}}", {"credentials":"omit","headers":{"accept":"*/*","accept-language":"en,nl;q=0.9,en-US;q=0.8,en-GB;q=0.7,sv;q=0.6,it;q=0.5,fr;q=0.4,es;q=0.3,da;q=0.2,de;q=0.1","content-type":"application/json","sec-fetch-mode":"cors","sec-fetch-site":"cross-site"},"referrer":"{{pageUrl}}","referrerPolicy":"no-referrer-when-downgrade","body":"{\"header\":{\"datasetId\":\"{{eeDatasetId}}\",\"imsOrgId\":\"{{imsOrgId}}\",\"source\":{\"name\":\"GTM\"},\"schemaRef\":{\"id\":\"{{eeSchemaRef}}\",\"contentType\":\"application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1\"}},\"body\":{\"xdmMeta\":{\"schemaRef\":{\"id\":\"{{eeSchemaRef}}\",\"contentType\":\"application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1\"}},\"xdmEntity\":{\"_id\":\"{{pageHitId}}\",\"eventType\":\"GTM_productView\",\"web\":{\"webPageDetails\":{\"name\":\"{{pageName}}\"}},\"commerce\":{\"productViews\":{\"value\":1}},\"timestamp\":\"{{pageTimeStamp}}\",\"environment\":{\"browserDetails\":{\"userAgent\":\"{{pageUserAgent}}\",\"acceptLanguage\":\"{{customerLanguage}}\"}},\"identityMap\":{\"GOOGLE\":[{\"id\":\"{{gaClientId}}\"}]},\"productListItems\":[{\"SKU\":\"{{productName}}\",\"priceTotal\":{{productPrice}},\"quantity\":1,\"name\":\"{{productName}}\",\"product\":\"{{productImageUrl}}\",\"productAddMethod\":\"Desktop\",\"{{aepTenantId}}\":{\"core\":{\"imageURL\":\"{{productImageUrl}}\"}}}],\"{{aepTenantId}}\":{\"demoEnvironment\":{\"brandName\":\"{{brandName}}\",\"tms\":\"GTM\"},\"identification\":{\"core\":{\"gaid\":\"{{gaClientId}}\"}}}}}}","method":"POST","mode":"cors"});
</script>

設定は次のようになります。

セットアップの起動

保存 」をクリックしてタグを保存します。

セットアップの起動

9.5.6 — タグの設定:認証済みのすべてのページ

Googleタグマネージャーメニューで「 タグ」に移動します。

セットアップの起動

[ 新規作成]をクリックします。

セットアップの起動

最初のタグは、認証済みのすべてのページで実行されます。
このタグの名前として、を使用しま All Authenticated Pagesす。

セットアップの起動

トリガー 」をクリックして、作成したタグをこのタグにリンクします。

セットアップの起動

トリガーを選択し All Authenticated Pages ます。

セットアップの起動

をクリックし ​追加て、トリガーをこのタグに追加します。

セットアップの起動

次に、「 タグ設定」をクリックします。

セットアップの起動

メニューで「 カスタムHTML」を選択します。

セットアップの起動

次のコードをタグに貼り付けます。

<script>
console.log(">>>>> GA - All Authenticated Pages - Sending PageView to DCS");

fetch("{{dcsStreamingEndpoint}}", {"credentials":"omit","headers":{"accept":"*/*","accept-language":"en,nl;q=0.9,en-US;q=0.8,en-GB;q=0.7,sv;q=0.6,it;q=0.5,fr;q=0.4,es;q=0.3,da;q=0.2,de;q=0.1","content-type":"application/json","sec-fetch-mode":"cors","sec-fetch-site":"cross-site"},"referrer":"{{pageUrl}}","referrerPolicy":"no-referrer-when-downgrade","body":"{\"header\":{\"datasetId\":\"{{profileDatasetId}}\",\"imsOrgId\":\"{{imsOrgId}}\",\"source\":{\"name\":\"GA\"},\"schemaRef\":{\"id\":\"{{profileSchemaRef}}\",\"contentType\":\"application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1\"}},\"body\":{\"xdmMeta\":{\"schemaRef\":{\"id\":\"{{profileSchemaRef}}\",\"contentType\":\"application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1\"}},\"xdmEntity\":{\"_id\":\"{{pageHitId}}\",\"_repo\":{\"createDate\":\"{{pageTimeStamp}}\"},\"person\":{\"name\":{\"lastName\":\"{{customerLastName}}\",\"firstName\":\"{{customerFirstName}}\"}},\"{{aepTenantId}}\":{\"identification\":{\"core\":{\"gaid\":\"{{gaClientId}}\",\"email\":\"{{customerEmail}}\",\"phoneNumber\":\"{{customerMobileNr}}\"}}}}}}","method":"POST","mode":"cors"});
</script>

設定は次のようになります。

セットアップの起動

保存 」をクリックしてタグを保存します。

セットアップの起動

次の練習で設定をパブリッシュできるようになりました。

次の手順: 9.6 Googleタグマネージャーの公開プロパティ

モジュール9に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ