7.1はじめに

目標

  • Adobe Experience Platformにログイン
  • データセットの参照
  • クエリサービスの概要
  • PSQLクライアントをクエリサービスに接続

7.1.1 -Adobe Experience PlatformのUIの概要

次のURLに移動してAdobe Experience Platformにログインします。https://experience.adobe.com/platform.

ログインした後、Adobe Experience Platformのホームページに移動します。

platform-login.png

続行する前に、サンドボックス​を選択する必要があります。 選択する必要があるサンドボックスの名前は--module7sandbox--です。 これを行うには、画面上の青い線の「Production Prod」というテキストをクリックします。

データ取得

適切なサンドボックスを選択すると、画面の変更が表示され、専用のサンドボックスに移動します。

データ取得

7.1.2 — プラットフォーム上のデータの調査

異なるチャネルからデータを取り込むことは、どのブランドにとっても困難なタスクです。 この練習では、Citi Signalのお客様はWebサイト上のCiti Signalと関わり合い、モバイルアプリ上で購入データをCiti SignalのPOS(販売時点)システムで収集し、CRMと忠誠度のデータを持っています。 Citi SignalはAdobe AnalyticsとAdobeの発売を使ってWebサイトやモバイルアプリ、POSシステム全体のデータを取り込んでいるので、このデータは既にAdobe Experience Platformに流れ込んでいます。 Adobe Experience Platformに既に存在するCiti Signalの全データを調べます

左のメニューで、Datasets​に移動します。

emea-website-interaction-dataset.png

Citi SignalはAdobe Experience Platformにデータをストリーミングしており、このデータはDemo System - Event Dataset for Website (Global v1.1)データセットで入手できます。 Demo System - Event Dataset for Website を検索。

emea-callcenter-interaction-dataset.png

Citi SignalのCallcenterインタラクションデータは、Demo System - Event Dataset for Call Center (Global v1.1)データセットに取り込まれます。 検索ボックス内でDemo System - Event Dataset for Call Centerデータを検索します。 データセットの名前をクリックして開きます。

emea-callcenter-interaction-dataset.png

データセットをクリックすると、取り込まれたバッチや失敗したバッチなど、データセットアクティビティの概要が表示されます。

プレビューインタラクションデータセット.png

プレビューデータセット​をクリックすると、Demo System - Event Dataset for Call Center (Global v1.1)データセットに保存されているデータのサンプルが表示されます。 左側のパネルには、このデータセットのスキーマ構造が表示されます。

QS

explore-interaction-dataset.png

閉じる」ボタンをクリックして、プレビューデータセット​ウィンドウを閉じます。

7.1.3 -クエリサービスの概要

Adobe Experience Platformクエリサービスにアクセスするには、左のメニューにある​クエリ​をクリックします。

select-クエリ.png

ログ​に移動すると、クエリリストページが表示されます。このページには、この組織で実行しているすべてのクエリのリストが示され、最新の情報が一番上に表示されます。

クエリリスト.png

リストから任意のSQLクエリをクリックし、右側のレールに表示される詳細を確認します。

click-sql-クエリ.png

ウィンドウをスクロールしてクエリ全体を表示するか、下で強調表示されているアイコンをクリックしてクエリ全体をメモ帳にコピーします。 現時点では、クエリをコピーする必要はありません。

click-copy-クエリ.png

実行されたクエリだけを表示することはできません。このユーザーインターフェイスを使用すると、クエリから新しいデータセットを作成できます。 これらのデータセットは、Adobe Experience Platformのリアルタイム顧客プロファイルにリンクするか、Adobe Experience Platformデータサイエンスワークスペースの入力として使用できます。

7.1.4 - PSQLクライアントとクエリサービスの接続

クエリサービスは、PostgreSQL用のドライバを持つクライアントをサポートします。 ここでは、PSQL、コマンドラインインターフェイス、Power BI、またはTableauを使用します。 PSQLに接続します。

資格情報」をクリックします。

クエリ-select-configuration.png

次の画面が表示されます。 設定画面には、クエリサービスに対する認証用のサーバー情報と資格情報が表示されます。 ここでは、PSQLの接続コマンドを含む画面の右側に焦点を当てます。 「コピー」ボタンをクリックして、コマンドをクリップボードにコピーします。

copy-psql-connection.png

Windowsの場合:コマンドラインを開くには、Windowsキーを押し、「cmd」と入力して、コマンドプロンプトの結果をクリックします。

open-command-prompt.png

macOSの場合:スポットライト検索でterminal.appを開きます。

open-terminal-osx.png

クエリサービスのUIからコピーした接続コマンドを貼り付け、コマンドプロンプトウィンドウで「enter」を押します。

Windows:

command-prompt-connected.png

MacOS:

command-prompt-paste-osx.png

これで、PSQLを使用してクエリサービスに接続しました。

次の演習では、このウィンドウとの間でかなりの相互作用があります。 PSQLコマンドラインインターフェイス​と呼びます。

これで、クエリの送信に開始する準備が整いました。

次の手順:7.2 -クエリサービスの使用

モジュール7に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ