6.1イベントの作成

Adobe Experience Cloudに移動してAdobe Journey Optimizerにログインします。 Journey Optimizer​をクリックします。

ACOP

Journey Optimizerの​ホーム​ビューにリダイレクトされます。

ACOP

まず、正しいサンドボックスを使用していることを確認します。 使用するサンドボックスは--aepSandboxId--と呼ばれます。 サンドボックス間を切り替えるには、「実稼動製品(VA7)」をクリックし、リストからサンドボックスを選択します。 この例では、サンドボックスの名前は​AEP Enablement FY21​です。

ACOP

サンドボックス--aepSandboxId--の​ホーム​ビューに移動します。

ACOP

左側のメニューで、下にスクロールして「Configurations」をクリックします。 次に、「イベント」の下の「管理」ボタンをクリックします。

ACOP

次に、使用可能なすべてのイベントの概要が表示されます。 「イベントを作成」をクリックして、独自のイベントの作成を開始します。

ACOP

新しい空のイベントウィンドウがポップアップ表示されます。

ACOP

まず、イベントに次のような名前を付けます。ldapAccountCreationEventをldapに置き換えます。ldap

ACOP

次に、Account Creation Eventのような説明を追加します。

ACOP

次に、「タイプ」が「単一」に設定されていることを確認し、「イベントIDタイプ」選択で「システムで生成」を選択します。

ACOP

次に、スキーマの選択を示します。 この演習では、スキーマを準備しました。 スキーマDemo System - Event Schema for Website (Global v1.1) v.1を使用してください。

ACOP

スキーマを選択すると、ペイロード​セクションで多数のフィールドが選択されます。 ペイロード​セクションの上にマウスポインターを置くと、3つのアイコンポップアップが表示されます。 編集​アイコンをクリックします。

ACOP

フィールド​ウィンドウポップアップが表示されます。このポップアップで、Eメールをパーソナライズする必要のあるフィールドの一部を選択する必要があります。 後で、既にAdobe Experience Platformにあるデータを使用して、他のプロファイル属性を選択します。

ACOP

オブジェクト--aepTenantId--.demoEnvironmentで、brandLogo​と​brandName​のフィールドを必ず選択してください。

ACOP

オブジェクト--aepTenantId--.identification.coreで、フィールド​email​を必ず選択してください。

ACOP

OK」をクリックして変更を保存します。

ACOP

次のように表示されます。

ACOP

もう一度「保存」をクリックして、変更を保存します。

ACOP

これで、イベントが設定され、保存されました。

ACOP

イベントを再度クリックして、イベントを編集​画面を再度開きます。 ペイロード​フィールドの上にマウスポインターを置くと、3つのアイコンが再度表示されます。 ペイロードを表示​アイコンをクリックします。

ACOP

これで、予想されるペイロードの例が表示されます。

ACOP

イベントには一意のオーケストレーションイベントIDが含まれ、_experience.campaign.orchestration.eventIDが表示されるまでペイロードを下にスクロールすると見つかります。

ACOP

イベントIDは、演習6.2で作成するジャーニーをトリガーするためにAdobe Experience Platformに送信する必要があるものです。演習6.3で必要になるので、このeventIDを覚えておいてください。
"eventID": "239990879187cb19bed14525736cbdd1204fea3e2452bc5080a9aca27062a485"

OK」をクリックし、「キャンセル」をクリックします。

これで、この練習は終わりです。

次の手順:6.2Journey Optimizer:電子メールメッセージを作成します。

モジュール6に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ