Windows用OpenSSLのインストール

この演習では、Windows用OpenSSLのインストール方法を学習します。

このリンクからOpenSSLをダウンロードします。https://slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html

適切なダウンロードを選択します(この場合は次の手順に従います)。Win64 OpenSSL v3.0.0

SSL

OpenSSLをダウンロードした後、Downloadsフォルダーに実行可能ファイルがあります。 をダブルクリックし、インストーラーを実行します。

SSL

このメッセージが表示される場合があります。 「詳細情報」をクリックします。

SSL

実行」をクリックします。

SSL

「同意します」を選択し、「次へ」をクリックします。

SSL

デフォルト設定のまま、「次へ」をクリックします。

SSL

デフォルト設定のまま、「次へ」をクリックします。

SSL

デフォルト設定のまま、「次へ」をクリックします。

SSL

インストール」をクリックします。

SSL

インストールが完了したら、「寄付」チェックボックスをオフにし、「完了」をクリックします。

SSL

Windowsの検索フィールドに​systempropertiesadvanced​と入力し、Enter​を押します。

SSL

環境変数」をクリックします。

SSL

パス」を選択し、「編集…」をクリックします。​と入力します。

SSL

パス​C:\Program Files\OpenSSL-Win64\bin​を持つ環境変数を追加します。 「OK」を2回クリックして変更を保存します。

SSL

次に、上記の新しいパス変数がシステムで考慮されるように、Windowsマシンを再起動する必要があります。

システムが再起動したら、コマンドプロンプトを開き、コマンドopenssl versionを入力します。 次のような応答が返されます。

SSL

同様の応答がある場合、OpenSSLが正常にインストールされ、OpenSSLを使用して証明書を作成するコマンドを実行できるようになりました。

モジュール5に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ