5.サードパーティのETLツールを使用したデータの抽出、変換、読み込み

発言者: Marius ShehatiWouter Van GeluweArtur Rutkiewicz(diva-e)

このモジュールでは、ETLアプリケーションを企業エコシステムに配置する方法について説明します。 どのブランドも、データ湖から分析ソリューションまで、機械学習や様々なマーケティング専用のアプリケーションに至るまで、様々なアプリケーションを使用しています。 これらのアプリケーションは、それぞれ異なる方法でデータを記述し、理解しています。 Adobe Experience Platformをブランドのエコシステムに取り込むと、最終的に、エクスペリエンスデータモデル(XDM)を通じて1つの言語ですべてのデータを記述する機能が得られます。 データをAdobe Experience Platformに取り込む場合は、ソースデータモデルをXDM形式に変換する必要があります。 これは、ワークフローまたはソースコネクタを介して、Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスでネイティブに行う様々な方法です。 InformaticaなどのETLアプリケーションを使用することも、Informaticaがあらかじめ用意された統合を構築しており、データを容易にAdobe Experience Platformに抽出、変換、読み込むことができるので、このプロセスに大きな役に立ちます。

学習内容

  • AWS S3バケットのセットアップ方法
  • Informatica ETLの使用方法
  • InformaticaからAWS S3バケットへのコネクタの設定方法を説明します。
  • データの抽出、データの変換を行い、最終的にそのデータをAdobe Experience Platformのデータセットに読み込むためのマッパーワークフローの構築方法を説明します。

前提条件

重要

このチュートリアルは、特定のワークショップ形式を容易にするために作成されました。 アクセスできない特定のシステムとアカウントが使用されます。 アクセスがなくても、この非常に詳細な内容を読むことで多くのことを学べると思います。 ワークショップの参加者で、アクセス資格情報が必要な場合は、Adobeの担当者にお問い合わせください。必要な情報をお知らせします。

アーキテクチャの概要

次のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明し、使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

ビジネスコンテキスト

ルマ・リテールはファッションブランドで、オンラインでのプレゼンスに加え、世界中にれんがやモルタルの店舗があります。 これまでマーケティングチームは、オフライン注文データを活用してオンラインエクスペリエンスを最適化するのに苦労してきました。 最近、ロイヤルティカードを使用して店内で購入する際にポイントを収集できる新しいロイヤルティプログラムが導入されました。 マーケティングチームは、すべてのオフライン注文を含むフラットファイルを定期的に受信します。 また、忠誠度プログラムに参加したすべての顧客の記録もあります。 Informaticaの助けを借りて、2つのデータソースに加わり、結果をAdobe Experience Platformに取り込めるように拡張し、その後、プロファイルをオフライン注文イベントと水和します。

ルマ・リテールはまた、調査( LC . N)と提携し、同社は、デザイナー、カラー、ブランドに関する人々の希望に関する最新の調査結果を共有することに合意した。 ルマ・リテールはまた、マネー・コープ( MN . N)から、市場の統計データの一部を買い取ることを決定した。 ルマ・リテールは、この2つのデータセットを組み合わせることで、顧客の好みや収入に基づいて、より有意義な体験を顧客にターゲットさせることを目指しています。

使用するSandbox

このモジュールでは、次のサンドボックスを使用してください。--aepSandboxId--.

メモ

0.6 -Experience LeagueドキュメントのChrome拡張機能のインストールの説明に従って、Chrome Extensionをインストール、設定、使用することを忘れないでください。

演習

5.1 Informaticaアカウントの作成と設定

この練習では、Informatica体験版アカウントを作成し、設定します。

5.2 AWS S3バケットのセットアップ

この実習では、AWS S3バケットを独自のAWS環境に設定する方法と、そのS3バケットにデータをアップロードする方法を学びます。

5.3 InformaticaをAWS S3バケットに接続する

この実習では、Informaticaに接続を作成して、AWS S3バケットからデータを読み取ります。

5.4オフライン注文イベントのAdobe Experience Platformへの取り込み

この練習では、注文データをInformaticaにインポートし、データセットを結合し、変換されたデータをエクスペリエンスイベントとしてAdobe Experience Platformに取り込む方法を学びます。

5.5第2および第3者のデータをAdobe Experience Platformに取り込む

この練習では、第2パーティおよび第3パーティのデータをInformaticaに読み込み、データセットを結合し、変換されたデータをエクスペリエンスイベントとしてAdobe Experience Platformに取り込む方法を学びます。

概要と利点

このモジュールの概要とメリットの概要です。

メモ

Adobe Experience Platformのことを知ること全てを学ぶことに時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、Wouter Van Geluweに直接お問い合わせください。Wouter Van Geluweは、vangeluw@adobe.com​宛てに電子メールを送って、直接お問い合わせください。

すべてのモジュールに戻る

このページ