概要と利点

Adobe Experience Platformを学ぶために時間を割いてくれてありがとう!
このモジュールでは、AmazonAlexaのスキルを構成する方法と、Alexaとの交流をAdobe Experience Platformに送る方法を学びました。

ビジネスが拡大するに従って、現在のモデルに影響を及ぼさずに、新しいチャネルのインタラクションによって顧客プロファイルを強化し続け、あらゆる場所でシームレスな顧客体験を提供します。
新しいチャネルデータはリアルタイムで利用でき、単一のリポジトリに一元化され、現在のデータモデルを拡張可能です。

メリット

Amazon・Alexaのような音声支援者とAdobe Experience Platformを統合する利点を強調しましょう。

  • パーソナライズされたエクスペリエンスは、Webサイトやモバイルアプリケーションのインタラクションだけでなく、すべての顧客インタラクションにアクセスする必要があります。 AmazonAlexaとAdobe Experience Platformを統合することで、AmazonAlexaを使用するすべての顧客インタラクションは、Adobe Experience Platformのリアルタイム顧客プロファイルの一部となり、他のオンラインチャネルとオフラインのエクスペリエンスに影響を与えるのに使用できます。
  • Adobe Experience PlatformのIDグラフは、任意の種類のIDを使用して、任意のチャネルからデータを取り込むことができます。 Adobe Experience Platformは、cookieベースの識別子を使用したデータ取り込みに限定されません。任意の識別子を複雑にすることなく使用できます。
  • Adobe Experience Platformのデータ収集機能を使用すると、IoTデバイスから柔軟にデータを収集でき、Adobe I/O Runtime、AWS Lambda、Microsoft Azure Functions、その他のサーバーレス環境と容易に統合できます。

例えば、次の操作を行うことができます。

  • 現在および新しいチャネルでの顧客との対話を一元化し、チャネル/デバイス分析とインサイト全体で真の結果を得ることができます。
  • Web、モバイル、コールセンターなどの既存のチャネルから、音声、スマートデバイス、ソーシャルチャットボットなどの新興チャネルまで、一貫した顧客の会話を拡張および維持し、コンバージョンの向上と顧客満足度の向上に役立ちます。
  • 既存または新しいチャネルを通じて顧客に関する詳細を学習する際に、データモデルを継続的かつ容易に拡張します。

これを見て

モジュール4に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ