3.基盤 — リアルタイム顧客プロファイル

著者: ウウターヴァンゲルウェ

このモジュールでは、Adobe Experience Platformのリアルタイム顧客プロファイルおよびID機能について詳しく説明します。 オーディエンスの定義方法、IDサービスとExperience CloudIDの役割、および独自のセグメントを定義するセグメントビルダークエリを定義する方法について学習します。

学習内容

  • Adobe Experience PlatformのUIを通して顧客のリアルタイム顧客プロファイルを視覚化する方法を学びます。
  • Adobe Experience Platformのセグメントビルダーを使用したセグメントの作成方法を説明します。
  • Adobe Experience PlatformAPIを使用してセグメントを作成し、そのセグメントの結果をデータセットに格納する方法を学びます
  • リアルタイムの行動を含む、フルプロファイルにアクセスしてオフライン環境に与える影響について説明します。

前提条件

重要

このチュートリアルは、特定のワークショップ形式を容易にするために作成されました。 アクセスできない特定のシステムとアカウントが使用されます。 アクセスがなくても、この非常に詳細な内容を読むことで多くのことを学べると思います。 ワークショップの参加者で、アクセス資格情報が必要な場合は、Adobeの担当者にお問い合わせください。必要な情報をお知らせします。

アーキテクチャの概要

次のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明し、使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

使用するSandbox

このモジュールでは、次のサンドボックスを使用してください。--aepSandboxId--.

メモ

0.6 -Experience LeagueドキュメントのChrome拡張機能のインストールの説明に従って、Chrome Extensionをインストール、設定、使用することを忘れないでください。

演習

3.1 Webサイトの訪問

この練習では、スクリプトに従ってWebサイトを調べます。

3.2リアルタイムの顧客プロファイルの視覚化 — UI

この練習では、Adobe Experience Platformにログインし、UIで独自のリアルタイム顧客プロファイルを表示します。

3.3お客様独自のリアルタイムプロファイルの視覚化 — API

この練習では、Adobe Experience PlatformのAPIを利用して、PostmanとAdobe I/Oを使用して、お客様独自のリアルタイムプロファイルを表示します。

3.4セグメントの作成 — UI

この練習では、Adobe Experience Platformのセグメントビルダを使用してセグメントを作成します。

3.5セグメントの作成 — API

この練習では、PostmanとAdobe I/Oを使用してセグメントを作成し、そのセグメントの結果をデータセットとして保存します。これには、Adobe Experience PlatformのAPIを使用します。

3.6コールセンターでリアルタイムのお客様プロファイルの対応を確認する

この練習では、顧客からの呼び出しを受け取るコールセンター従業員を装います。 この顧客の体験に大きな影響を与えるには、利用可能なすべての情報にリアルタイムでアクセスする必要があります。

概要と利点

このモジュールの概要とメリットの概要です。

メモ

Adobe Experience Platformのことを知ること全てを学ぶことに時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、Wouter Van Geluweに直接お問い合わせください。Wouter Van Geluweは、vangeluw@adobe.com​宛てに電子メールを送って、直接お問い合わせください。

すべてのモジュールに戻る

このページ