3.6コールセンターでリアルタイム顧客プロファイルを実際に確認する

この練習では、スクリプトに従って、Webサイトでいくつかのタスクを完了します。

Story

この演習では、カスタマージャーニーを通じて実際の顧客のように行動することを目標にします。

このウェブサイトでは、Adobe Experience Platformを実装しました。 すべてのアクションはエクスペリエンスイベントと見なされ、リアルタイムでAdobe Experience Platformに送信され、リアルタイム顧客プロファイルを水増しします。

前の演習では、サイトを閲覧している匿名の顧客として開始し、いくつかの手順を経て、既知の顧客になりました。

次に、プロファイルの情報を使用して顧客体験やブランドの収益に影響を与える方法を見てみましょう。

カスタマージャーニー

PlatformデモWebサイトに移動します。

サイトのメニューで、…の3つのドットをクリックします。​をクリックし、「 Call Center 」を選択してコールセンターシミュレーターに移動します。

デモ

アカウントの作成時に使用した電話番号が表示されます。 名前空間​PHONE​が選択されていることを確認してください。 「検索」ボタンをクリックします。

デモ

これで、理想的にはコールセンターに表示される情報が表示され、コールセンターの従業員が顧客と話す際に、関連する情報をすべてすぐに利用できるようになります。

デモ

コールセンターでの通話の終了をシミュレートするには、「通話をログに記録」ボタンをクリックして通話をログに記録し、その後ポップアップウィンドウが開きます。


DemoDemo

呼び出しトピックと顧客感情をランダムに選択し、「保存」をクリックして、Adobe Experience Platformに情報を提供します。

デモ

通話の詳細 — 画面でおこなったすべての選択は、チャーンスコアや製品Recommendationsなどのインタラクションの影響を受けるリアルタイム顧客プロファイルに影響を与え、プラスの場合はマイナスになります。 コールセンター画面で​「Search」ボタンを再度クリックすると、影響を確認できます。

デモ

検索」ボタンを再度クリックすると、コールセンター画面に新しいエクスペリエンスイベントがポップアップ表示されます。

デモ

次の手順:概要と利点

モジュール3に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ