3.2独自のリアルタイム顧客プロファイルの視覚化 — UI

この演習では、 Adobe Experience Platformにログインし、UIに独自のリアルタイム顧客プロファイルを表示します。

Story

リアルタイム顧客プロファイルでは、すべてのプロファイルデータが、イベントデータと既存のセグメントメンバーシップと共に表示されます。 表示されるデータは、Adobe・アプリケーションや外部ソリューションなど、どこからでも取得できます。 これは、本当の経験システムであるAdobe Experience Platformで最も強力なビューです。

3.2.1 - Adobe Experience Platformの顧客プロファイルビューの使用

Adobe Experience Platformには、ブランドが長年にわたって手に入れようとしている機能があります。お客様の一見!

Adobe Experience Platformにログインします。

ログイン後、Adobe Experience Platformのホームページに移動します。

データ取得

続行する前に、サンドボックス​を選択する必要があります。 選択するサンドボックスの名前は--aepSandboxId--です。 これを行うには、画面の上にある青い線の「実稼動用Prod」というテキストをクリックします。

データ取得

適切なサンドボックスを選択すると、画面が変更され、専用のサンドボックスに移動します。

データ取得

左側のメニューで、Profiles​に移動します。

顧客プロファイル

参照​に移動します。

顧客プロファイル

WebサイトのX線パネルでは、複数のIDを見つけることができます。 すべてのIDは名前空間にリンクされます。

顧客プロファイル

X線パネルには、IDと名前空間の4つの異なる組み合わせが表示されます。

ID 名前空間
Experience Cloud ID (ECID) 34113965854450796644316155105296901017
電子メールID woutervangeluwe+10122020-15@gmail.com
モバイル番号ID +32473622044+10122020-15

Adobe Experience Platformを使用する場合、すべてのIDが同じように重要です。 以前は、ECIDはAdobeコンテキストで最も重要なIDで、その他すべてのIDは階層的にECIDにリンクされていました。 Adobe Experience Platformの場合は、このような状況は発生しなくなり、すべてのIDを主な識別子と見なすことができます。

通常、主な識別子はコンテキストに依存します。 コールセンターに問い合わせると、最も重要なIDは何ですか。 彼らは答えるでし ょう電話番号! しかし、CRMチームに問い合わせると、「電子メールアド レス! Adobe Experience Platformは、この複雑さを理解し、管理します。AdobeアプリケーションとAdobe以外のアプリケーションのどちらでも、Adobe Experience Platformがプライマリと見なすIDを参照することで、各アプリケーションがと通信します。 それは単に機能します

フィールド「ID名前空間」で「Eメール」を選択し、フィールド「ID値」に、前の演習で登録に使用した電子メールアドレスを入力します。

顧客プロファイル

表示​をクリックします。

顧客プロファイル

その後、リストに自分のプロファイルが表示されます。 プロファイルID​をクリックして、プロファイルを開きます。

顧客プロファイル

顧客プロファイルの重要な​プロファイル属性​の概要が表示されます。

顧客プロファイル

プロファイルで使用可能なすべてのプロファイル属性を表示する場合は、Attributes​に移動します。

顧客プロファイル

イベント​に移動すると、プロファイルにリンクされているすべてのエクスペリエンスイベントのエントリを表示できます。

顧客プロファイル

最後に、メニューオプション「セグメントメンバーシップ」に移動します。 これで、このプロファイルに適合するすべてのセグメントが表示されます。

顧客プロファイル

Adobe Experience Platformのユーザーインターフェイスを使用して、顧客のリアルタイムプロファイルを表示する方法を学びました。PostmanとAdobe I/Oを使用してAdobe Experience PlatformのAPIに対するクエリを実行し、APIを使用して同じ操作を行います。

次の手順:3.3自分のリアルタイム顧客プロファイルを視覚化する — API

モジュール3に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ