24.3 Adobe Experience PlatformでのHTTP APIストリーミングエンドポイントの設定

KafkaでAdobe Experience Platform Sinkコネクタを設定する前に、Adobe Experience PlatformでHTTP APIソースコネクタを作成する必要があります。 Adobe Experience Platform Sinkコネクタを設定するには、HTTP APIストリーミングエンドポイントURLが必要です。

HTTP APIソースコネクタを作成するには、次のURLに移動してAdobe Experience Platformにログインします。https://experience.adobe.com/platform.

ログイン後、Adobe Experience Platformのホームページに移動します。

データ取得

続行する前に、サンドボックス​を選択する必要があります。 選択するサンドボックスの名前は--aepSandboxId--です。 これを行うには、画面の上にある青い線の「実稼動用Prod」というテキストをクリックします。

データ取得

適切なサンドボックスを選択すると、画面が変更され、専用のサンドボックスに移動します。

データ取得

適切なサンドボックスを選択すると、画面が変更され、専用のサンドボックスに移動します。

左側のメニューで、Sources​に移動し、HTTP API​が表示されるまで​Sourcesカタログ​を下にスクロールします。 「データを追加」をクリックします。

データ取得

新しいアカウント」をクリックします。 Kafka - ldap​をHTTP API接続の名前として使用します(この場合は​Kafka - vangeluw)。 「ソースに接続」をクリックします。

データ取得

次に、次へ​をクリックします。

データ取得

既存のデータセット」を選択し、データセットアイコンをクリックします。

データ取得

データセット​Demo System - Event Dataset for Call Center(Global v1.1)​を検索して選択します。 「確認」をクリックします。

データ取得

次へ」をクリックします。

データ取得

データフローに名前を付けます。 ldap - Kafka Dataflow​を使用します。この場合、vangeluw - Kafka Dataflow​です。 「次へ」をクリックします。

データ取得

完了」をクリックします。

データ取得

作成したHTTP APIソースコネクタの概要が表示されます。

データ取得

ストリーミングエンドポイント​のURLをコピーする必要があります。次の演習では、このURLが必要になるので、次のURLのようになります。

https://dcs.adobedc.net/collection/94981e0634e0d37c3559ce7ece05a35eae35c52cc5962d2d4a44e488400f2338

この練習は終わりました。

次の手順:24.4 Kafka ConnectとAdobe Experience Platform Sink Connectorをインストールして設定します。

モジュール24に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ