22.1環境のセットアップ

目標

Project Fireflyを使用するには、ローカルマシンに特定のツールをインストールする必要があります。

必要なツール

  • NodeJS (少なくともv10)。npmも一緒にインストールする必要があります。 マシン上のNodeJSのインストールとバージョンを管理するには、nvmを使用することをお勧めします。

  • Adobe I/O CLI.

NodeJSのインストール

  • https://nodejs.orgに移動します。
  • OSベースのすぐに使用できるインストーラーを使用して、NodeJSをマシンにインストールします。

DownloadNodeJS

Adobe I/OCLIのインストール

新しいインストール

Adobe I/OCLI​をインストールするには

  • OSでコマンドラインまたはターミナルウィンドウを開きます。
  • % npm install -g @adobe/aio-cliを実行

これにより、お使いのマシンにAdobe I/OCLIがインストールされます。

既存のインストールの更新

ローカルマシンにAdobe I/OCLIが既にある場合:

  • 最新バージョンのAdobe I/OCLIがインストールされていることを確認してください。
    Adobe I/OCLIの場合は、
    % aio -v

そして比較して
% npm show @adobe/aio-cli version

AdobeIOUpdate

上記の例では、レポートされるAdobe I/Oのバージョンは3.5.0ですが、npmは、利用可能なアップデートバージョン(3.7.0)があることを示しています。 この有効化モジュールを記述する時点での現在のバージョンは5.0.1ですが、上記の手順に従って最新のバージョンを確認してください。

  • Adobe I/OCLIが古くなっている場合は、
    % npm install -g @adobe/aio-cli

次のような出力が表示されます。

aio出力

  • すべてのコアプラグインが更新されるようにするには、
    % aio update

プラグインを更新するかどうかを尋ねるメッセージが表示される場合があります。 yまたはYに応答してください。

aio-update-plugins

これで、マシン上のAdobe I/OCLIと基になるNodeJSのセットアップが完了しました。


注:Adobe I/OCLIのバージョンを確認する以外に、Adobe I/OCLIの新しいバージョンが更新された場合は、次のようなメッセージが表示されます。このメッセージは、新しいリリースの7日後に存続します。

› Warning: @adobe/aio-cli update available from 3.3.0 to 3.4.1.
›   Run npm install -g @adobe/aio-cli to update.

あなたはこの練習を終えました。

次の手順:22.2プロジェクトの概要

モジュール22に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ