22. Project Firefly とAdobe Experience Platformを使用して、独自のリアルタイムAdobe I/Oを構築する

作成者: アウター・ヴァン・ゲルウ・ロ ブ・イン・デア・モール

このモジュールでは、Adobe I/O- Project Firefly を使用して、Adobe Experience Platformのデータをリアルタイムで使用する独自のリアルタイムダッシュボードを作成します。

Project Firefly は、企業開発者がAdobe Experience Cloudソリューションを拡張し、Adobeインフラストラクチャ上で実行するカスタム Web アプリケーションを構築およびデプロイできるようにする、完全なフレームワークです。 最新のテクノロジー(JAM スタック、サーバレスコンピューティング、Node、React)を活用し、アプリケーション(イベント駆動型アーキテクチャ、マイクロサービス、継続的な統合、配信)を構築する際のベストプラクティスを保証します。
Project Firefly の内容に関する詳細は、 こちら を参照してください。

このチュートリアルでは、最初の Project Firefly アプリケーションを構築する方法を学びます。 公式の Project Firefly ドキュメントに厳密に従い、設定がアドビのAdobe Experience Platformインスタンスに固有であることを確認します。

次に、このチュートリアルの目的で開発したコードを使用して、架空のメディア会社 EXP News 用のリアルタイムコンテンツ消費ダッシュボードを提供する Project Firefly アプリを示します。

学習内容

  • Adobe I/O Runtimeを知る
  • Project Firefly の理解
  • Adobeのエコシステム内でクラウドネイティブアプリケーションを構築する方法を理解する
  • Project Firefly を使用して、Adobe Experience Platformのデータを使用してリアルタイムダッシュボードを作成する方法を説明します。

前提条件

  • Adobe Experience PlatformとAdobe I/O Runtimeへのアクセス
  • Adobe Experience Platformデータセットと XDM について
  • macOSまたは Windows のコマンドラインに精通することをお勧めします

アーキテクチャの概要

以下のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明および使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

使用するサンドボックス

このモジュールの場合、次のサンドボックスを使用してください:--aepSandboxId--.

演習

22.1 環境の設定

Project Firefly を操作するには、ローカルマシンに特定のツールをインストールする必要があります。

22.2 Project Firefly の概要

この練習では、Project Firefly を使用してサンプルプロジェクトを設定する方法を学びます。

22.3 EXP ニュースのリアルタイムダッシュボードの作成

この演習では、カスタム Webhook を作成して設定し、Web SDK によって収集されたデータのそのカスタム Webhook への転送を開始します。

22.4 EXP ニュースデータ収集を EXP ニュースリアルタイムダッシュボードに接続

この演習では、Google Cloud 関数を作成して設定し、Web SDK によって収集されたデータのGoogleへの転送を開始します。

概要とメリット

このモジュールの概要とメリットの概要。

メモ

Adobe Experience Platformについて知っているすべてを学ぶために時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、今後のコンテンツに関するご提案に関する一般的なフィードバックを共有したい場合は、Wouter Van Geluwe に直接お問い合わせください。電子メールを vangeluw@adobe.com に送信します。

すべてのモジュールに戻る

このページ