概要とメリット

Adobe Experience Platformのデータ収集およびAdobe Experience Platformのデータ収集サーバー側転送に関する学習に時間を割いていただき、誠にありがとうございます。

このモジュールでは、以前に設定したデータセット、スキーマ、Adobe Experience Platformデータ収集プロパティを使用してデータを収集し、そのデータサーバー側を目的のエンドポイントに転送する方法を学びました。

メリット

Adobe Experience Platformデータ収集、Web SDK、Adobe Experience Platformデータ収集サーバーを使用するメリットについて説明します。

クライアント側で実行されるコードが多すぎることが原因で、パフォーマンスの低い Web サイトやアプリが原因で、直接の売上高が簡単に失われる可能性があります。 プライバシーおよび同意に関する法律は急速に変化し、データ収集に大きな影響を与える可能性があります。 また、ブランド全体では、データを管理および送信するアプリケーションの数が増えています。

これらのデータの流れは、日々管理が難しくなっています。 ブラウザーでおこなった作業をサーバー側の環境に移行して Web サイトとアプリのパフォーマンスを向上させると同時に、データ収集を簡素化する必要があります。

Adobe Experience Platform Data Collection を活用すれば、ブランドはサイロからデータを分離し、必要に応じて自由にエコシステム全体にデータを送信できるようになり、あらゆる場所で優れたコンテキストに沿った顧客体験をリアルタイムで設計、提供できます。

ご確認ください

モジュール 21 に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ