21.1 Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティの作成

メモ

Adobe Experience Platform Edgeモバイル拡張機能は現在、ベータ版です。 この拡張機能の使用は、招待によってのみ可能です。 詳細については、Adobeのカスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。また、このチュートリアルの資料も入手できます。

21.1.1 Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送とは

通常、Adobe Experience Platformのデータ収集を使用してデータを収集する場合、クライアント側​で収集されます。 クライアント側​は、Webサイトやモバイルアプリケーションなどの環境です。 モジュール0とモジュール1では、Adobe Experience Platform Data Collection Clientプロパティの設定について詳しく説明し、顧客がWebサイトやモバイルアプリケーションを操作したときにデータを収集できるように、 WebサイトやモバイルアプリケーションにAdobe Experience Platform Data Collection Clientプロパティを実装しました。

そのインタラクションデータがAdobe Experience Platform Data Collection Clientプロパティで収集されると、リクエストがWebサイトまたはモバイルアプリによってAdobeのEdgeに送信されます。 Edgeは、Adobeのデータ収集環境で、クリックストリームデータをAdobeエコシステムに投入するエントリポイントです。 Edgeから、収集されたデータがAdobe Experience Platform、Adobe Analytics、Adobe Audience Manager、Adobe Targetなどのアプリケーションに送信されます。

Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティが追加され、Edgeで受信データをリッスンするAdobe Experience Platformデータ収集プロパティを設定できるようになりました。 Edgeで実行されているAdobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティで受信データが確認されると、そのデータを使用して他の場所に転送できます。 その他の場所も、非Adobeの外部Webhookになり、例えば、選択したデータレイク、判定アプリケーション、Webhookを開く機能を持つその他のアプリケーションにそのデータを送信できます。

Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティの設定は、Clientプロパティに馴染みがあり、Adobe Experience Platform Data Collection Clientプロパティと同様に、データ要素やルールを設定する機能を備えています。 ただし、使用事例によって、データへのアクセス方法と使用方法が若干異なります。

まず、Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティを作成します。

21.1.2 Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティの作成

https://experience.adobe.com/#/data-collection/に移動します。 左側のメニューで、「イベント転送」をクリックします。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

次に、使用可能なすべてのAdobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティの概要が表示されます。 「新しいプロパティ」ボタンをクリックします。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

次に、Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティの名前を入力する必要があります。 命名規則として、ldap - Demo System (DD/MM/YYYY) (Edge)​を使用します。 例えば、この例では、名前は​vangeluw - Demo System (30/06/2021) (Edge)​です。 「保存」をクリックします。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

その後、Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティのリストに戻ります。 作成したプロパティをクリックして開きます。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

21.1.2 Cloud ConnectorAdobe機能の設定

左側のメニューで、拡張機能​に移動します。 Core​拡張機能は既に設定されています。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

カタログ​に移動します。 Adobeクラウドコネクタ​拡張が表示されます。 「インストール」をクリックしてインストールします。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

拡張機能が追加されます。 この手順では、設定は行われません。 インストールされた拡張機能の概要に戻ります。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

21.1.3 Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティのデプロイ

左側のメニューで、公開フロー​に移動します。 「ライブラリを追加」をクリックします。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

名前​v1​を入力し、環境​Development (development)​を選択し、「+ Add All Changed Resources」をクリックします。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

そうすれば、これが見える。 「保存して開発用にビルド」をクリックします。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

その後、ライブラリが構築され、1 ~ 2分かかる場合があります。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

最後に、ライブラリが構築され、準備が整います。

Adobe Experience Platformデータ収集SSF

次の手順:21.2データストリームを更新して、Adobe Experience Platformデータ収集イベント転送プロパティでデータを利用できるようにします。

モジュール21に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ