2.4 オフラインソースからのデータ取り込み

この演習では、Platform の CRM データなどの外部データをオンボーディングすることを目標としています。

学習内容

  • テストデータの生成方法を説明します
  • CSV の取り込み方法を説明します
  • ワークフローを介したデータ取り込みで Web UI を使用する方法を説明します
  • Experience Platformのデータガバナンス機能の理解

リソース

タスク

  • デモ日付を含む CSV ファイルを作成します。 使用可能なワークフローを利用して、Adobe Experience Platformで CSV ファイルを取り込みます。
  • Adobe Experience Platformのデータガバナンスオプションの理解

2.4.1 データジェネレーターツールを使用した CRM データセットの作成

この場合、1,000 行の CRM データが必要です。

https://www.mockaroo.com/12674210 に移動して、Mockaroo テンプレートを開きます。

データ取得

テンプレートには、次のフィールドが表示されます。

  • ID
  • first_name
  • last_name
  • 電子メール
  • gender
  • birthDate
  • home_latitude
  • home_longitude
  • country_code
  • 都市

これらのフィールドはすべて、Platform と互換性のあるデータを生成するように定義されています。

データ取得

CSV ファイルを生成するには、「データをダウンロード」ボタンをクリックします。このボタンにより、1,000 行のデモデータを含む CSV ファイルが提供されます。

CSV ファイルをMicrosoft Excel で開いて、内容を視覚化します。

データ取得

CSV ファイルの準備が整ったら、XDM に対するマッピングを続行できます。

2.4.2 Adobe Experience Platformでの CRM オンボーディングデータセットの確認

Adobe Experience Platform を開き、データセット に移動します。

続行する前に、サンドボックス を選択する必要があります。 選択するサンドボックスの名前は --module2sandbox-- です。 これを行うには、画面の上の青い線で「実稼働用 Prod」というテキストをクリックします。

データ取得

使用可能な ​ サンドボックス ​ のリストから、割り当てられた数と一致する ​ サンドボックス ​ を選択します。

適切な sandbox を選択すると、画面の変更が表示され、専用の sandbox に移動します。

データ取得

Adobe Experience Platformで、画面の左側にあるメニューで「データセット」をクリックします。

データ取得

このイネーブルメントで共有データセットを使用します。 共有データセットは既に作成されており、Demo System - Profile Dataset for CRM(Global v1.1) と呼ばれています。

データ取得

データセット Demo System - Profile Dataset for CRM (Global v1.1) を開きます。

データ取得

概要画面には、3 つの主な情報が表示されます。

データ取得

まず、​ データセットアクティビティ ​ ダッシュボードに、データセット内の CRM レコードの合計数と、取り込んだバッチとそのステータスが表示されます

データ取得

次に、ページを下にスクロールして、データのバッチが取り込まれた日時、転送されたレコード数、およびバッチが正常にオンボードされたかどうかを確認できます。 バッチ ID は特定のバッチジョブの識別子で、バッチ ID は重要です。特定のバッチが正常にオンボードされなかった理由のトラブルシューティングに使用できます。

データ取得

最後に、 「データセット情報 ​ 」タブに、​ データセット ID(トラブルシューティングの観点から重要)、データセット名、プロファイルに対して有効になったかどうかなどの重要な情報が表示されます。

データ取得

ここで最も重要な設定は、データセットとスキーマの間のリンクです。 スキーマは、取り込むデータとそのデータの表示方法を定義します。

この場合、Demo System - Profile Schema for CRM (Global v1.1) を使用しています。この CRM は Profile のクラスにマッピングされ、拡張機能(フィールドグループとも呼ばれます)を実装しています。

データ取得

スキーマの名前をクリックすると、​ スキーマ ​ の概要が表示されます。このスキーマに対して有効化されたすべてのフィールドが表示されます。

データ取得

すべてのスキーマに、カスタムのプライマリ記述子を定義する必要があります。 CRM データセットの場合、スキーマは、フィールド crmId を主識別子にするように定義しています。 スキーマを作成して ​ リアルタイム顧客プロファイル ​ にリンクする場合は、プライマリ記述子を参照するカスタムの ​ フィールドグループ ​ を定義する必要があります。

データ取得

上のスクリーンショットでは、記述子が --aepTenantId--.identification.core.crmId に配置されています。これは プライマリ識別子 ​ として設定され、Demo System - CRMID の ​ 名前空間 ​ にリンクされています。

すべてのスキーマとそのため、​ リアルタイム顧客プロファイル ​ で使用するすべてのデータセットには、1 つの プライマリ識別子 ​ が必要です。 この プライマリ識別子 ​ は、そのデータセット内の顧客のブランドによる識別子です。 CRM データセットの場合は、電子メールアドレスまたは CRM ID で、コールセンターデータセットの場合は顧客のモバイル番号です。

各データセットに対して個別の特定のスキーマを作成し、ブランドが使用する現在のソリューションの動作に合わせて、各データセットの記述子を設定することをお勧めします。

2.4.3 ワークフローを使用した XDM スキーマへの CSV ファイルのマッピング

この目的は、Platform で CRM データをオンボーディングすることです。 Platform で取り込まれるすべてのデータは、特定の XDM スキーマにマッピングする必要があります。 現在のところ、片側が 1,000 行の CSV データセット、反対側のスキーマにリンクされたデータセットがあります。 その CSV ファイルをデータセットに読み込むには、マッピングをおこなう必要があります。 このマッピングの演習を容易にするために、Adobe Experience Platformで ワークフロー を使用できます。

データ取得

ここで使用する ​ ワークフロー ​ は、​ データ取得 ​ メニューの ​ ワークフロー ​ で、XDM スキーマ に CSV をマップします。

XDM スキーマに CSV をマッピング」ボタンをクリックします。

データ取得

Launch」をクリックして、プロセスを開始します。

データ取得

次の画面で、ファイルを取り込むデータセットを選択する必要があります。 既存のデータセットを選択するか、新しいデータセットを作成するかを選択できます。 この練習では、既存のものを再利用します。次に示すように、「 Demo System - Profile Dataset for CRM (Global v1.1) 」を選択し、他の設定はデフォルトのままにしてください。

データ取得

次へ」をクリックして、次の手順に進みます。

データ取得

CSV ファイルをドラッグ&ドロップするか、「参照」をクリックし、コンピューター上のデスクトップに移動して CSV ファイルを選択します。

データ取得

CSV ファイルを選択すると、すぐにアップロードされ、数秒以内にファイルのプレビューが表示されます。

データ取得

次へ」をクリックして、次の手順に進みます。 ファイルが完全に処理されるまで、数秒かかる場合があります。

データ取得

次に、CSV 列ヘッダーを Demo System - CRM のプロファイルデータセット の XDM プロパティにマッピングします。

Adobe Experience Platformは既に ​ ソース属性 ​ を ​ ターゲットスキーマフィールド ​ とリンクしようとして推測を行っています。

データ取得

​ スキーママッピング ​ に対して、Adobe Experience Platformは既にフィールドをリンクしようとしました。 しかし、マッピングの提案がすべて正しいとは限りません。 次に、ターゲットフィールド を 1 つずつ受け入れる必要があります。

birthDate

「ソーススキーマ」フィールド birthDate は、ターゲットフィールド person.birthDate にリンクされている必要があります。 チェックボックスをオンにします。

データ取得

都市

「ソーススキーマ」フィールド city は、ターゲットフィールド homeAddress.city にリンクされている必要があります。 チェックボックスをオンにします。

データ取得

「ソーススキーマ」フィールド country は、ターゲットフィールド homeAddress.country にリンクされている必要があります。 チェックボックスをオンにします。

データ取得

country_code

「ソーススキーマ」フィールド country_code は、ターゲットフィールド homeAddress.countryCode にリンクされている必要があります。 チェックボックスをオンにします。

データ取得

電子メール

「ソーススキーマ」フィールド email は、ターゲットフィールド --aepTenantId--.identification.core.crmId にリンクされている必要があります。 行 email の上にマウスポインターを置き、+ アイコンをクリックします。

データ取得

次の内容が表示されます。

データ取得

に移動して、フィールド --aepTenantId--.identification.core.crmId を選択します。 「保存」をクリックします。

データ取得

次の内容が表示されます。

データ取得

first_name

「ソーススキーマ」フィールド first_name は、ターゲットフィールド person.name.firstName にリンクされている必要があります。 チェックボックスをオンにします。

データ取得

性別

「ソーススキーマ」フィールド gender は、ターゲットフィールド person.gender にリンクする必要があります。 チェックボックスをオンにします。

データ取得

home_latitude

「ソーススキーマ」フィールド home_latitude は、ターゲットフィールド homeAddress にリンクされている必要があります。_schema.latitude. チェックボックスをオンにします。

データ取得

home_longitude

「ソーススキーマ」フィールド home_longitude は、ターゲットフィールド homeAddress にリンクされている必要があります。_schema.longitude. チェックボックスをオンにします。

データ取得

ID

「ソーススキーマ」フィールド id は、ターゲットフィールド _id にリンクされている必要があります。 行 id の上にマウスポインターを置き、+ アイコンをクリックします。

データ取得

次の内容が表示されます。

データ取得

に移動し、フィールド _id を選択します。 「保存」をクリックします。

データ取得

次の内容が表示されます。

データ取得

last_name

「ソーススキーマ」フィールド last_name は、ターゲットフィールド person.name.lastName にリンクされている必要があります。 チェックボックスをオンにします。

データ取得

これで、次のようになります。

データ取得

完了」ボタンをクリックして、ワークフローを終了します。

データ取得

Finish」をクリックすると、Dataflow の概要が表示され、数分後に画面を更新して、ワークフローが正常に完了したかどうかを確認できます。 Target データセット名 をクリックします。

データ取得

次に、取得が処理されたデータセットが表示されます。

データ取得

データセットには、今取り込まれた ​ バッチ ID が表示され、1000 件のレコードが取り込まれ、ステータスは Success です。

データ取得

「データセットのプレビュー」ボタンをクリックして、データセットの小さなサンプルを簡単に表示し、読み込まれたデータが正しいことを確認します。

データ取得

データ取得

データが読み込まれたら、データセットに対して適切なデータガバナンスアプローチを定義できます。

2.5.4 データセットへのデータガバナンスの追加

顧客データを取り込んだら、このデータセットが使用および書き出しの制御に適して管理されていることを確認する必要があります。 「データガバナンス」タブをクリックし、次の 3 種類の制限を設定できることを確認します。契約、ID、機密データ。

様々なラベルの詳細と、今後どのように適用されるかについては、このリンクのポリシーフレームワークを参照してください。https://www.adobe.io/apis/experienceplatform/home/dule/duleservices.html

データ取得

データセット全体の ID データを制限します。 データセット名の上にマウスポインターを置き、鉛筆アイコンをクリックして設定を編集します。

データ取得

ID データ に移動すると、I2 オプションがオンになっています。これは、このデータセット内のすべての情報が、少なくとも個人に間接的に特定できることを前提としています。

データ取得

変更を保存」をクリックし、データセット内のすべてのデータフィールドに対して I2 が設定されたことを確認します。

また、個々のデータフィールドに対してこれらのフラグを設定することもできます。例えば、firstName フィールドは、直接識別可能な情報の I1 レベルとして分類される場合が多くなります。

チェックボックスをオンにしてフィールド firstName を選択し、画面の右上隅にある「ガバナンスラベルを編集」をクリックします。

データ取得

ID データ に移動すると、I2 オプションが既にオンになっています(データセットから継承されています)。 フィールド firstName も、フィールド固有の設定を持ち、I1 - Directly Identifiable Data として設定されます。

データ取得

これで、Adobe Experience Platformで CRM データを正常に取り込み、分類しました。

次の手順: 概要と利点

モジュール 2 に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ