2.基盤 — データ取得

作成者: ウーターヴァンゲルウ

このモジュールの目標は、データ取り込みに関するすべての情報を学ぶことです。 ストリーミングおよびバッチでのデータ取り込みについて学習します。 Launchを使用してストリーミングデータ取り込みを実装し、ハンズオンラボWebサイトの顧客の行動がAdobe Experience Platformにリアルタイムでストリーミングされるようにします。 バッチデータ取得については、Adobe Experience Platformワークフローを使用してCSVファイルを取得し、XDMスキーマにマッピングして、Adobe Experience Platformに取り込みます。

学習内容

  • Adobe Experience PlatformでXDMスキーマを作成する方法を説明します
  • Adobe Experience Platformでデータセットを作成する方法を説明します
  • Launchでストリーミングエンドポイントを作成し、Adobe Experience Platform拡張機能を設定する方法について説明します。
  • Launchでルールを作成し、Adobe Experience Platformにデータをストリーミングする方法を説明します。
  • WebページにAdobe Experience Platform Launchを統合する方法を説明します
  • Adobe Experience Platformワークフローを使用してCSVファイルをAdobe Experience Platformに取り込む方法を説明します

前提条件

重要

このチュートリアルは、特定のワークショップ形式を容易にするために作成されました。 アクセスできない特定のシステムおよびアカウントを使用します。 アクセスがなくても、この非常に詳細な内容を読むことで、多くのことを学ぶことができると思います。 ワークショップの参加者で、アクセス資格情報が必要な場合は、Adobe担当者にお問い合わせください。必要な情報をお知らせします。

アーキテクチャの概要

以下のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明および使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

使用するサンドボックス

このモジュールの場合、次のサンドボックスを使用してください。--module2sandbox--.

メモ

0.6 -Experience LeagueドキュメントのChrome拡張機能のインストールで参照されているように、Chrome拡張機能を必ずインストール、設定および使用してください。

演習

2.1 Webサイトの参照

この演習では、このイネーブルメントの一部として使用するWebサイトを参照します。

2.2スキーマの設定と識別子の設定

この演習では、必要なXDMスキーマのを設定して、プロファイル情報と顧客の行動を取り込みます。 すべてのXDMスキーマで、すべての情報をリンクするプライマリ識別子を設定する必要もあります。

2.3データセットの設定

この演習では、プロファイル情報と顧客の行動を取得して保存するために必要なデータセットを取得します。

2.4オフラインソースからのデータ取り込み

この演習では、Webサイトとモバイルアプリにアクセスし、顧客のように動作し、Platformにデータをストリーミングします。

概要とメリット

このモジュールの概要とメリットの概要。

メモ

Adobe Experience Platformについて知っておくべきことを学ぶために時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、今後のコンテンツに関するご提案に関する一般的なフィードバックを共有したい場合は、Wouter Van Geluweに直接お問い合わせください。 vangeluw@adobe.com​宛にEメールを送信します。

すべてのモジュールに戻る

このページ