19.Adobe Experience Platformとサービス今:マーケティングと販売へのサービスの接続

著者: ウウターヴァンゲルウェ

このモジュールでは、Adobe Experience PlatformとServiceNowの間の双方向統合を実装します。

価値、お客様のジャーニー、設定プロセスについては、このビデオをご覧ください。

学習内容

  • ServiceNowの使い方
  • Adobe Experience PlatformとServiceNowの統合の設定
  • リアルタイムでのコミュニケーションと調整のための脳の接続とカスタマーケアとの価値提案を明確に説明する方法を学びます。

前提条件

重要

このチュートリアルは、特定のワークショップ形式を容易にするために作成されました。 アクセスできない特定のシステムとアカウントが使用されます。 アクセスがなくても、この非常に詳細な内容を読むことで多くのことを学べると思います。 ワークショップの参加者で、アクセス資格情報が必要な場合は、Adobeの担当者にお問い合わせください。必要な情報をお知らせします。

アーキテクチャの概要

次のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明し、使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

使用するSandbox

このモジュールでは、次のサンドボックスを使用してください。--aepSandboxId--.

メモ

0.6 -Experience LeagueドキュメントのChrome拡張機能のインストールの説明に従って、Chrome Extensionをインストール、設定、使用することを忘れないでください。

演習

19.1 ServiceNow開発者インスタンスのセットアップ

この実習では、ServiceNow開発者アカウントを作成します。

19.2Adobe I/Oを介したServiceNowとAdobe Experience Platformの統合のインストールと設定

この練習では、ServiceNow環境を設定し、ServiceNowにAdobe Experience Platformスポークをインストールして、Adobe I/Oプロジェクトを使用してAdobe Experience Platformとの統合を準備します。

19.3 ServiceNow環境のセットアップ

この練習では、ServiceNowでのAdobe Experience Platform統合の設定を終了します。

19.4 ServiceNow UIのセットアップ

この練習では、ServiceNowユーザーインターフェイスを設定して、ServiceNow UIでAdobe Experience Platformからのデータを視覚化し、ServiceNowからAdobe Experience Platformにケース情報を送信するために必要なフィールドを設定します。

19.5 ServiceNowフローのセットアップ

この練習では、ServiceNow Flowを設定して、Adobe Experience Platformからデータを読み込み、データをAdobe Experience Platformに送り返します。

19.6エンドツーエンドのデモの準備

エンドツーエンドのデモでは、https://public.aepdemo.netのURLからデモ用Webサイトを使用します。

そのWebサイトでは、デモスクリプトの一部としてアカウントを作成し、その場合は同じアカウントをServiceNowで作成する必要があります。 これを可能にするには、この実習でいくつかの設定を行う必要があります。

19.7エンドツーエンドのデモ

この練習では、前の手順で構築したすべてを示すエンドツーエンドのデモを実行します。

概要と利点

このモジュールの概要とメリットの概要です。

メモ

Adobe Experience Platformのことを知ること全てを学ぶことに時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、Wouter Van Geluweに直接お問い合わせください。Wouter Van Geluweは、vangeluw@adobe.com​宛てに電子メールを送って、直接お問い合わせください。

すべてのモジュールに戻る

このページ