18. Microsoft Azureイベントハブへのセグメントアクティベーション

発言者: ウウーター・バン・ゲルウ・マ ーク・メウィス

このモジュールでは、Microsoft Azure EventHub宛先をAdobe Experience PlatformリアルタイムCDPのリアルタイム宛先としてセットアップします。 また、Adobe Experience PlatformがAzure EventHub宛先にセグメントペイロードを配信するたびにリアルタイムでトリガーされるAzure関数をセットアップし、展開します。 トリガーで使用するAzure機能は、Adobe Experience PlatformリアルタイムCDPのアクティベーション機能のメカニズムを示します。

このモジュールの一部として、指定した宛先に実際にペイロードを配信するトリガーReal-time CDPについても理解できます。 また、セグメントクオリフィケーションのステータスとアクティベーションとの関係についても説明します。

Adobe Experience PlatformリアルタイムCDPは、クラウドストレージのストリーミング先へのデータアクティベーションをサポートし、オーディエンスのデータとイベントをJSON形式でこれらの宛先にリアルタイムでエクスポートできます。 その後、目的のイベントの上にビジネスロジックを記述できます

Microsoft Azureイベントハブは、シンプルで信頼性が高く、拡張性の高い、完全に管理されたリアルタイムデータ取り込みサービスです。 あらゆるソースから数百万イベントを毎秒ストリーミングし、動的なデータパイプラインを構築し、ビジネス上の課題に迅速に対応

学習内容

  • Microsoft Azureイベントハブの使い方
  • Microsoft AzureイベントハブにRTCDP宛先をセットアップする
  • リアルタイムCDPがアクティブ化されるタイミングと、アクティベーションペイロードがどのように表示されるかを把握する
  • Visual Studioコードをセットアップし、Azureプロジェクトを開発、テスト、およびデプロイする
  • RTCDPによってリアルタイムに提供されるセグメントの条件を使用するAzure関数を作成および配置します

前提条件

  • Adobe Experience Platformへのアクセス
  • AEPデモWebサイトの環境に関する知識
  • Adobe Experience Platformでのストリーミングセグメントの定義、使用、アクティブ化の方法を理解します。
重要

このチュートリアルは、特定のワークショップ形式を容易にするために作成されました。 アクセスできない特定のシステムとアカウントが使用されます。 アクセスがなくても、この非常に詳細な内容を読むことで多くのことを学べると思います。 ワークショップの参加者で、アクセス資格情報が必要な場合は、Adobeの担当者にお問い合わせください。必要な情報をお知らせします。

アーキテクチャの概要

次のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明し、使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

使用するSandbox

このモジュールでは、次のサンドボックスを使用してください。--module18sandbox--.

メモ

0.6 -Experience LeagueドキュメントのChrome拡張機能のインストールの説明に従って、Chrome Extensionをインストール、設定、使用することを忘れないでください。

演習

18.0環境の設定

この実習では、Microsoft Azure環境をセットアップします。

18.1 Microsoft Azure EventHub環境の構成

この演習では、Microsoft Azure EventHub環境をセットアップします。

18.2Adobe Experience PlatformのAzureイベントハブの宛先を構成する

この実習では、前の実習で設定したEventHubに対してリアルタイムでセグメントを配信するReal-time CDP宛先接続を設定します。

18.3ストリーミングセグメントの作成

この練習では、Adobe Experience Platformにストリーミングセグメントを作成します

18.4セグメントのアクティブ化

この実習では、Real-time CDP EventHub宛先に対してストリーミングセグメントをアクティブにします。

18.5 Microsoft Azure Projectの作成

この演習では、Adobe Experience Platformが対応するAzureイベントハブの宛先に対してセグメントの資格をアクティブにすると、リアルタイムでトリガーされるAzure関数を作成します。

18.6エンドツーエンドのシナリオ

この時点で、すべての設定が完了します。 AEPデモWebサイトで閲覧を行い、Microsoft Azure EventHubトリガー機能にセグメントの資格を提供できるようになりました。

概要と利点

このモジュールの概要とメリットの概要です。

メモ

Adobe Experience Platformのことを知ること全てを学ぶことに時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、Wouter Van Geluweに直接お問い合わせください。Wouter Van Geluweは、vangeluw@adobe.com​宛てに電子メールを送って、直接お問い合わせください。

すべてのモジュールに戻る

このページ