17.1 Microsoft Dynamics 365アカウントの作成

この演習では、Microsoft AzureおよびDynamics 365アカウントを作成します。

コンテキスト — Microsoft Dynamics 365とは

Microsoft Dynamics 365は、顧客関係管理(CRM)とエンタープライズリソース計画(ERP)のコンポーネントを、生産性アプリケーションと人工知能ツールと共に組み合わせた、クラウドベースのビジネスアプリケーションプラットフォームです。

Contact​という標準のエンティティを使用し、ビジネスの使用例に合わせてカスタマイズする方法を学び、後の演習で活用します。

コンテキスト — Microsoft Azureとは

Azureはパブリッククラウドコンピューティングプラットフォームです。Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS)など、分析、仮想計算、ストレージ、ネットワークなどのサービスに使用できます。

MicrosoftのツールやアプリケーションをAdobe Experience Platformと統合する際に役立つ、Azure Active DirectoryなどのMicrosoft Azureコンポーネントを使用します。

17.1.1 AzureおよびDynamicsアカウントのセットアップ

匿名モードで選択したブラウザーを開きます。

アカウントの設定

https://trials.dynamics.com/に移動します。

Sales​を選択します。

アカウントの設定

下にスクロールし、上に登録​をクリックします。

アカウントの設定

ポップアップで、「いいえ」をクリックし、サインアップを続行します。

ログイン

そうすれば、これが見える。 電子メールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。

ログイン

既にMicrosoftアカウントを作成している場合は、「新しいアカウントを作成」オプションを選択します。

ログイン

次の画面に個人情報を入力し、「次へ」をクリックします。

ログイン

これで、テキストメッセージを使用してアカウントを検証するように求められます。 Text me​を選択し、「Send Verification Code**」をクリックします。

ログイン

メッセージを送信したコードを入力し、「確認」をクリックします。

ログイン

次に、ビジネスIDを作成する必要があります。 最初の手順は、ビジネス用のカスタムドメインを作成することです。

ログイン

ドメインの場合は、次の命名規則に従います。

  • demosystem ldap X

ldap​をldapに置き換えます。

Xを数値で置き換えます。 例えば、101。

この例では、カスタムドメインの名前は次のようになります。demosystemvangeluw101

ログイン

カスタムドメインが使用可能な場合は、「次へ」をクリックします。

ユーザーID​には、admin​と入力します。

パスワードには、次を使用します。Password_1234

ログイン

新規登録」をクリックします。

この画面が表示されるまで、ウィンドウを更新または閉じずに、数分待ちます。

ログイン

今後の演習で必要になるので、ユーザーIDをコンピュータ上のテキストファイルに保存して、後で参照できるようにします。

注意: カスタムドメインやユーザーIDなど、体験版サブスクリプションの詳細が電子メールで送信されます。このメールを保存するか、この演習の後半で使用するドメイン情報を必ず記録しておく必要があります。

ログイン

ブラウザーに戻り、「開始」をクリックします。

サインインを求められる場合があります。 ログインが必要な場合は、電子メールで受け取ったユーザーIDを使用してください。

Power Platform管理センターに移動し、自分用に作成された環境を確認できます。 この場合は、Adobe(デフォルト)と呼ばれます。

ログイン

次に、この演習で使用するMicrosoft Dynamics環境を作成する必要があります。
右側で、新しい環境設定を入力します。

名前には、以前と同じ名前を使用します(この場合は次のようにします)。demosystemvangeluw101

ログイン

その他の設定はデフォルトのままにし、「次へ」をクリックします。

これで、データベース設定を選択できます。

URLには、前に作成したカスタムドメインを再度使用します。この場合は​demosystemvangeluw101​です。 URL demosystemvangeluw101.crm4.dynamics.com​全体をメモしておきます。これは、Microsoft Dynamicsへのアクセス方法です。

Dynamics 365アプリを有効にする」の切り替えを有効にし、「これらのアプリを自動的にデプロイ」の下のリストから「すべてのエンタープライズアプリケーション」を選択します。

ログイン

保存」をクリックします。アカウントが設定されます。 3~4分かかる場合があります。 状態が​PreparingInstance​から​Ready​に変わるまで待ちます。

ログイン

ステータスが「準備完了」に変わったら、環境の名前をクリックします。その後、環境の詳細がすべて表示された画面が表示されます。

ログイン

上部のバーの「環境を開く」をクリックします。 これにより、Microsoft Dynamics 365アカウントの新しいタブが開きます。

そうすれば、これが見える。 Dynamics 365 - custom​をクリックします。

ログイン

最後に、Microsoft Dynamics 365アカウントにログインしました。

ログイン

17.1.2 Microsoft Azureアプリの作成

次に、Journey Orchestrationのカスタムアクションで使用するMicrosoft Azureアプリを作成し、Dynamics 365で連絡先を作成します。

同じブラウザーウィンドウ内で、新しいタブを開き、Microsoft Azure Portal https://portal.azure.com/に移動します。

そうすれば、これが見える。 ポップアップウィンドウで​後で​をクリックします。

アプリ

画面の左上隅にあるハンバーガーアイコンをクリックして、Microsoft Azureメニューを開きます。

アプリ

Azure Active Directory」をクリックします。

アプリ

そうすれば、これが見える。 「アプリの登録」をクリックします。

Azureアプリの作成

新規登録」をクリックします。

Azureアプリの作成

そうすれば、これが見える。

Azureアプリの作成

次のように、「アプリケーションを登録」フォームに入力します。

  • 名前:SyncContact​と入力します。
  • サポートされるアカウントの種類:任意の組織ディレクトリ(Azure ADディレクトリ — マルチテナント)で​アカウントを選択します。
  • リダイレクトURI :https://public.aepdemo.net

Azureアプリの作成

登録」をクリックします。

Azureアプリの作成

そうすれば、これが見える。

Azureアプリの作成

次に、認証を設定する必要があります。

認証」をクリックします。

Azureアプリの作成

そうすれば、これが見える。

Azureアプリの作成

次のような認証を設定します。

  • 暗黙的な付与:IDトークン​のチェックボックスをオンにします。
  • サポートされるアカウントの種類:「任意の組織ディレクトリのアカウント(Azure ADディレクトリ — マルチテナント)」のチェックボックスをオンにします。
  • 詳細設定:パブリッククライアントフローを許可​を選択し、切り替えを「はい」に設定します。

Azureアプリの作成

保存」をクリックします。

Azureアプリの作成

次に、API権限​を設定する必要があります。

API権限」をクリックします。

Azureアプリの作成

そうすれば、これが見える。 次に、Microsoft Dynamics 365 CRM APIを追加する必要があります。 「権限を追加」をクリックします。

Azureアプリの作成

リクエストAPIの権限​パネルが右側に表示されます。 Dynamics CRM​をクリックします。

Azureアプリの作成

そうすれば、これが見える。

Azureアプリの作成

次のオプションを選択します。

  • 委任された権限​を選択します。
  • user_impersonation​のチェックボックスをオンにします。

Azureアプリの作成

権限を追加」をクリックします。

Azureアプリの作成

次に、Microsoft Dynamics 365エクスポートデータを追加する必要があります。 「権限を追加」をクリックします。

Azureアプリの作成

リクエストAPIの権限​パネルが再び右側に表示されます。 「Microsoft Dynamics 365のデータ書き出しサービス」をクリックします。

Azureアプリの作成

そうすれば、これが見える。

Azureアプリの作成

次のオプションを選択します。

  • 委任された権限​を選択します。
  • user_impersonation​のチェックボックスをオンにします。

Azureアプリの作成

権限を追加」をクリックします。

Azureアプリの作成

これが見えます 「Adobe​の管理者の同意を得る」をクリックします。

Azureアプリの作成

はい」をクリックして選択を確定します。

Azureアプリの作成

次の設定を使用できます。 「証明書とシークレット」をクリックします。

Azureアプリの作成

次に、これをソースとしてAdobe Experience Platformに接続するために使用するクライアント秘密鍵を作成します。 この秘密鍵を使用してMicrosoft Dynamicsユーザー(このアプリに対する権限を持つ)を作成し、同じ資格情報を使用してAdobe Experience Platformからソースに接続します。

新しいクライアントシークレット」をクリックします。

Azureアプリの作成

Demo System Integration​の説明を追加し、「Expires」フィールドを24ヶ月に設定します。

Azureアプリの作成

追加」をクリックします。

Azureアプリの作成

生成された値とIDが表示されます。 これらをコンピュータ上のファイルにコピーし、安全に保ちます。 後で練習で必要になります。

メモ

Azure Portalに戻ってクライアントシークレットの値を取得することはできません。 秘密鍵を忘れた場合や失った場合は、この手順をやり直すだけで、新しい秘密鍵を作成できます。

これが表示されます。 「概要」をクリックします。

Azureアプリの作成

今後の演習で必要となる重要な変数がいくつか見つかります。
次の値をコンピューター上のテキストファイルにコピーしてください。

  • アプリケーション(クライアント) ID
  • ディレクトリ(テナント) ID

Azureアプリの作成

これで、Adobe Experience PlatformからDynamics 365に接続する必要のある詳細がすべて表示されました。 Adobe Experience PlatformとMicrosoft Dynamics 365の統合を設定するための今後の節で使用する予定なので、これらの詳細は必ず手元に用意してください。

最後に、現在の情報の概要を示します。

属性 説明
Web API URL https://名前地域.dynamics.com/api/data/v9.1/ https://demosystemjoconnor1312.crm4.dynamics.com/api/data/v9.1/
権限URL https://login.microsoftonline.com/ディレクトリ(テナント) ID/oauth2/token https://login.microsoftonline.com/1d602863-cb0f-4988-b039-f2b29b868dea/oauth2/token
リソース DynamicsインスタンスのURL(例:https://NAME)。REGION.dynamics.com https://demosystemjoconnor1312.crm4.dynamics.com
ユーザー名 Microsoft Dynamics 365への接続に使用するユーザー名 admin@demosystemjoconnor1312.onmicrosoft.com
パスワード Microsoft Dynamics 365への接続に使用するパスワード Password_1234
アプリケーション(クライアント) ID Azure SyncContactアプリの​アプリケーション(クライアント)ID 2e62d7e7-ffdb-41f5-8457-d2d1f3676546
クライアント秘密鍵ID クライアント秘密鍵ID 7651719a-7f3e-4bc5-af8f-679ead1d2730
クライアントシークレット値 クライアントシークレットの値。 サービスプリンシパル秘密鍵証明書キーも認識します。 .Ycc20krN~k5dpCQFv6_Di4-HNQq.rjpt

これらの変数の場所

  • 名前

    Microsoft Dynamics 365ホームページのURLを確認してください。 この例では、URLは​https://demosystemvangeluw101.crm4.dynamics.com​です。 この場合、フィールド​NAME​は​demosystemvangeluw101​と等しくなります。

    Azureアプリの作成

  • 地域

    Microsoft Dynamics 365ホームページのURLを確認してください。 この例では、URLは​https://demosystemvangeluw101.crm4.dynamics.com​です。 この場合、フィールド​REGION​は​crm4​と等しくなります。

    Azureアプリの作成

  • ディレクトリ(テナン ト) IDとア プリケーション(クライアント) ID

    概要ページのAzureアプリSyncContactで、ディレクトリ(テナント)ID​と​アプリケーション(クライアント)ID​を確認できます。

    Azureアプリの作成

    クライアントの秘密鍵と値

    これを失った場合は、Certificates & secrets​に新しいシークレットを生成できます。

Azureアプリの作成

次の手順:17.2ソースコネクタを介してMicrosoft Dynamics 365をAdobe Experience Platformに接続する

モジュール17に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ