16.1 Googleクラウドプラットフォームアカウントの作成

目標

  • Google Cloud Platformアカウントの作成
  • Google Cloud Platform Consoleについて
  • BigQueryプロジェクトの作成と準備

16.1.1 Why connect to Google BigQuery to the Services to getGoogle Analyticsデータ

Google Cloud Platform(GCP)は、Googleが提供するパブリッククラウドコンピューティングサービスのスイートです。 Google Cloud Platformには、Googleハードウェア上で実行できるコンピューティング、ストレージ、アプリケーション開発のための各種ホストサービスが含まれています。

BigQueryはこれらのサービスの1つで、常にGoogle Analytics360に含まれます。 Google Analyticsデータは、データを直接取得しようとすると(APIなど)、頻繁にサンプリングされます。 そのため、GoogleはBigQueryを含んでいるので、ブランドはSQLを使って高度な分析を行い、GCPの機能を活用できます。

Google Analyticsデータは、バッチメカニズムを使用して毎日BigQueryに読み込まれます。 したがって、このGCP/BigQuery統合をリアルタイムのパーソナライゼーションとアクティベーションの使用例に使用しても意味がありません。

ブランドがGoogle Analyticsデータに基づいてリアルタイムのパーソナライゼーション用ユースケースを提供したい場合、Google Tag ManagerでWebサイト上のデータを収集し、リアルタイムでAdobe Experience Platformにストリーム配信できます(モジュール9🔗と同様)。

GCP/BigQuery Source Connectorは、次の目的で使用する必要があります。

  • Webサイトでの顧客の行動をすべて追跡し、リアルタイムアクティベーションを必要としない分析、データサイエンス、パーソナライゼーションの使用例に合わせて、Adobe Experience Platformにそのデータを読み込みます。
  • Google Analyticsの履歴データをAdobe Experience Platformにロードし、分析とデータ科学の使用事例に再び使用

16.1.2 Googleアカウントの作成

Google Cloud Platformのアカウントを取得するには、Googleアカウントが必要です。 ここにいる場合は、既にモジュール9を終了しているので、Googleアカウントをお持ちになるはずです。

お持ちでない場合は、モジュール9にアクセスし、Googleアカウントの作成方法を学んでください。演習9.2.0 - Googleアカウントを作成する

16.1.3 Google Cloud Platformアカウントのアクティベート

Googleアカウントを取得したら、Google Cloud Platform環境を作成できます。 これを行うには、https://console.cloud.google.com/に移動します。

次のページで、利用条件に同意します。

デモ

次に、「プロジェクトを選択」をクリックします。

デモ

新しいプロジェクト」をクリックします。

デモ

次の命名規則に従って、プロジェクトに名前を付けます。

条約
ldap-googlecloud 大声の

デモ

作成」をクリックします。

デモ

画面の右上の通知で、作成の完了が通知されるまで待ちます。 次に、表示プロジェクト​をクリックします。

デモ

次に、画面上部の検索バーに移動し、「BigQuery」と入力します。 最初の結果を選択します。

デモ

その後、BigQueryコンソールにリダイレクトされ、ポップアップメッセージが表示されます。

「完了」をクリックします。

デモ

このモジュールの目標は、Google AnalyticsデータをAdobe Experience Platformに取り込むことです。 そのためには、開始するGoogle Analyticsデータセットにダミーデータが必要です。

左側のメニューの「追加Data」をクリックし、「Explore public datasets」をクリックします。

デモ

次のウィンドウが表示されます。

デモ

検索バーに検索語句​Google AnalyticsSample​を入力し、最初の結果を選択します。

デモ

次の画面に、データセットの説明が表示されます。 表示データセット​をクリックします。

デモ

次に、Explorer​の下に​bigquery-public-data​データセットが表示されるBigQueryにリダイレクトされます。

デモ

エクスプローラー​に、多数のテーブルが表示されます。 自由に調査してみてください。 google_analytics_sample にアクセスします。

デモ

をクリックして、テーブルga_sessionsを開きます。

デモ

次の練習を続ける前に、コンピュータ上の別のテキストファイルに次の事項を書き留めておいてください。

Credential 命名
プロジェクト名 ldap-googlecloud バンゲルー・グーグルー
プロジェクトID random composed-タスク-306413

上部のメニューバーの​プロジェクト名​をクリックすると、プロジェクト名とプロジェクトIDを確認できます。

デモ

右側にプロジェクトIDが表示されます。

デモ

Google Analyticsデータをクエリして手を汚すExercise 16.2に移動できるようになりました。

次の手順:16.2 BigQueryで最初のクエリを作成する

モジュール16に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ