13.1Customer Journey Analytics101

目標

  • CJA Application Serviceについて
  • CJAの位置付け方法
  • CJAワークフローについて理解します。データ接続からインサイトに

13.1.1Customer Journey Analyticsとは

Customer Journey Analytics(CJA)は、ビジネスインテリジェンスチームとデータサイエンスチームに対して、チャネル間のデータのステッチと分析(オンラインおよびオフライン)のためのツールキットを提供します。 CJAの機能は、複雑なマルチチャネルのお客様の遍歴に対して、状況と明確さを提供します。 提供されるコンテキストにより、顧客コンバージョンプロセスから問題箇所を削除し、最も重要な瞬間に対して優れたエクスペリエンスを設計および提供することに関する、実用的なインサイトが得られます。

CJAはAnalysis WorkspaceをAdobe Experience Platformの上に乗せる。 Adobe Experience Platformは通信とオーケストレーションの頭脳でCJAとの連携で、ブランドはデータをすべて変換および視覚化できるようになり、ビジネスチームやインサイトチームはオンラインからオフラインへの完全な顧客の遍歴を分析して学習できます。

ビジネスチームやInsightチームは、ドラッグ&ドロップ、ポイント&クリック、ユーザーに優しいAnalysis WorkspaceのUIを使用して、CJAと話し合い、即座に質問をし、回答を得ることができます。

デモ

13.1.2主な利点

お客様にとって、主に次の3つのメリットがあります。

  • インサイトを全員が利用できるようにする機能(データアクセスの民主化など)
  • 状況に応じた遍歴で顧客を見る(つまり、データをオンラインとオフラインの両方の複数のチャネルにまたがって順次視覚化できる)機能
  • データの力を必要とせずに活用する機能(つまり、通常の人間はデータを使用して、マーケティングアクティベーションの深い洞察と分析を解き放つことができます)

13.1.3Customer Journey Analyticsを選択する理由

CJAは、Power BI、Microstrategy、Locker、Tableauなど、現在のBIアプリケーションの置き換えを意図していません。 これらのBIアプリケーションは、データを視覚化して会社のダッシュボードを作成することを目的としており、組織内の誰もが重要な指標をすばやく確認できます。
CJAの目標は、マーケティングチームとビジネスチームに分析力を与え、そのような人に「必要な」分析ツールを提供することです。

従来、BIアプリケーションは、真の顧客情報を実現することができませんでした。

  • アトリビューションも顧客の遍歴分析もできません
  • BIアプリケーションは、事前に質問を知る必要がある
  • インタラクティブクエリは、データベースの構造によって制限されます
  • SQLスキルが必要です。
  • BIアプリケーションは、何が起きたのかを尋ねる機能を提供しません。
  • BIアプリケーションは、顧客のタッチポイントに直接接続できません。

上記の理由により、ビジネスユーザーやアナリストは、ほとんど即座に行き詰まり、分析のコストが高く、遅く、柔軟性がなく、行動システムから切り離されています。

CJAを使用すると、オフラインやオンラインのデータを使用して顧客の遍歴を360表示に分け、インサイトに要する時間を短縮し、ビジネスユーザーに何が起こったのかという理解と対応方法を独自に提供できます。

デモ

13.1.4Customer Journey Analyticsワークフローについて

次の練習を始める前に、Adobe Experience Platformのデータを視覚化して深い洞察を得るために必要な手順を理解することが重要です。 CJAワークフローと呼ばれます 見てみましょう。

デモ

上記の手順を開始する前に、ステップ0を忘れないでください。ステップ0は、Adobe Experience Platformで入手できるデータを理解するためです。

ゴミが入ってゴミが出る。 覚えてる? 利用可能なデータと、Adobe Experience Platformのスキーマの構成方法を明確に理解する必要があります。 Adobe Experience Platformのデータを理解すると、データ接続パーツだけでなく、ビジュアライゼーションの構築や分析の際にも、データを容易にできます。

13.1.5手順0:Adobe Experience Platformのスキーマとデータセットについて

Adobe Experience Platformにログインします

ログインした後、Adobe Experience Platformのホームページに移動します。

データ取得

続行する前に、 Sandboxを選択する必要があります。 選択するサンドボックスに名前が付けられ --aepSandboxId--ます。 これを行うには、画面上の青い線で「 実稼働 」というテキストをクリックします。

データ取得

適切なサンドボックスを選択すると、画面の変更が表示され、専用のサンドボックスに移動します。

データ取得

Adobe Experience Platformでこれらのスキーマとデータセットを確認してください。

データセット スキーマ
デモシステム — Webサイトのイベントデータセット(グローバルv1.1) デモシステム — Webサイトのイベントスキーマ(グローバルv1.1)
デモシステム — コールセンターのイベントデータセット(グローバルv1.1) デモシステム — コールセンターのイベントスキーマ(グローバルv1.1)
デモシステム — Voice Assistantsのイベントデータセット(グローバルv1.1) デモシステム — Voice Assistantsのイベントスキーマ(グローバルv1.1)

少なくとも、次のような項目を確認してください。

  • ID:CRMID、phoneNumber、ECID、email。 主な識別子はどのIDか。副次的な識別子はどれか。
    識別子は、スキーマを開いてオブジェクトを確認することで確認でき --aepTenantId--.identification.coreます。 Webサイトのスキーマ デモシステム —イベントスキーマ(グローバルv1.1)をご覧ください。

デモ

デモ

これで、Customer Journey AnalyticsUIを使用して開始する準備が整いました。

次の手順: 13.2Customer Journey AnalyticsでのAdobe Experience Platformデータセットの接続

モジュール13に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ