13.Customer Journey Analytics-Adobe Experience Platformの上にAnalysis Workspaceを使ってダッシュボードを作る

著者: ーター・バン・ゲルウ・ビクトル・ド・ラ・イグレシア 🔗

このモジュールでは、Customer Journey Analyticsアプリケーションサービスに関する実際の操作方法を確認します。

Customer Journey Analyticsは、チャネル間のデータ(オンラインおよびオフライン)のステッチと分析を行うためのツールキットをビジネスインテリジェンスチームとデータサイエンスチームに提供します。 Customer Journey Analytics内の機能は、複雑な複数チャネルのお客様のジャーニーに、状況と明確さを提供します。 提供されるコンテキストは、顧客コンバージョンプロセスから問題箇所を取り除き、最も重要な瞬間にポジティブな体験を提供する方法に関する、実用的なインサイトを生成します。

このビデオを見て、価値、顧客のジャーニー、設定プロセスを理解してください。

Customer Journey Analyticsに関する詳細は、🔗ここにあります。

学習内容

  • Customer Journey AnalyticsのUIについて理解する
  • Adobe Experience PlatformのデータセットをCustomer Journey Analyticsに取り込む
  • 個人IDとCustomer Journey Analyticsでのデータの関連付けを理解する
  • データ接続とデータ表示の概念を理解する
  • Adobe Experience PlatformデータセットでのAnalysis Workspaceの使用

前提条件

  • Analysis Workspaceに関する知識は好まれるが、必要ではない
  • Adobe Experience Platformへのアクセス:https://experience.adobe.com/platform
  • Customer Journey Analyticsアプリケーションサービスへのアクセス
重要

このチュートリアルは、特定のワークショップ形式を容易にするために作成されました。 アクセスできない特定のシステムとアカウントが使用されます。 アクセスがなくても、この非常に詳細な内容を読むことで多くのことを学べると思います。 ワークショップの参加者で、アクセス資格情報が必要な場合は、Adobeの担当者にお問い合わせください。必要な情報をお知らせします。

アーキテクチャの概要

次のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明し、使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

使用するSandbox

このモジュールでは、次のサンドボックスを使用してください。--aepSandboxId--.

メモ

0.6 -Experience LeagueドキュメントのChrome拡張機能のインストールの説明に従って、Chrome Extensionをインストール、設定、使用することを忘れないでください。

演習

13.1Customer Journey Analytics101

Customer Journey Analyticsの概念についてすべて説明します。

13.2Customer Journey Analytics内のAdobe Experience Platformデータセットの接続

Adobe Experience Platformの複数のデータセットをCustomer Journey Analyticsに消費する方法を学びます。

13.3データ表示の作成

Customer Journey Analyticsでデータ表示を設定する方法を説明します。

13.4Customer Journey Analyticsにおけるデータの準備

分析を続行する前にデータの準備を行う方法を説明します。

13.5Customer Journey Analyticsを使用した視覚化

Customer Journey Analyticsを使ってAdobe Experience Platformのデータを視覚化する方法を学びます。

概要と利点

このモジュールの概要とメリットの概要です。

メモ

Adobe Experience Platformのことを知ること全てを学ぶことに時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、Wouter Van Geluweに直接お問い合わせください。Wouter Van Geluweは、vangeluw@adobe.com​宛てに電子メールを送って、直接お問い合わせください。

すべてのモジュールに戻る

このページ