12.Adobe Journey Optimizer:外部データソースとカスタムアクション

作成者: ウーターヴァンゲルウ

このモジュールでは、Adobe Journey Optimizerを使用して、オンラインとオフラインの両方で顧客の行動をリッスンし、インテリジェント、コンテキスト、リアルタイムの方法で対応します。 モジュール6のAdobe Journey Optimizerでの初期の実践経験は既にあります。 この演習では、もう少し詳しく説明し、外部データソースをジャーニーの一部として使用する、より高度な使用例を見てみましょう。

学習内容

  • Adobe Journey Optimizerでイベント、外部データソース、ジャーニーを作成する方法を説明します
  • Open Weather APIの天気情報を使用する方法を説明します。
  • TwilioやAdobe Journey OptimizerのSlackなどのカスタムアクションの宛先の使用方法を説明します

前提条件

  • Adobe Experience Platformへのアクセス:https://experience.adobe.com/platform
  • Adobe Journey Optimizerへのアクセス
  • Open Weather APIへのアクセス
  • Twilioへのアクセス
重要

このチュートリアルは、特定のワークショップ形式を容易にするために作成されました。 アクセスできない特定のシステムおよびアカウントを使用します。 アクセスがなくても、この非常に詳細な内容を読むことで、多くのことを学ぶことができると思います。 ワークショップの参加者で、アクセス資格情報が必要な場合は、Adobe担当者にお問い合わせください。必要な情報をお知らせします。

アーキテクチャの概要

以下のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明および使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

ビジネスコンテキスト

ブランドとして、オンラインエクスペリエンスのパーソナライズに多くの投資を行ってきました。 現在は、オフラインエクスペリエンスに対してコンテキストと関連性の高いものにしたいと考えています。
このモジュールでは、オフラインストアで顧客の存在を使用し、店舗内の画面でその顧客に関連するコンテンツを表示し、同時に、同じ顧客にパーソナライズされたプッシュまたはSMSメッセージをリアルタイムで配信します。
また、ブランドとしては、コンテキストが顧客の関心に大きく影響することを理解できるので、顧客の場所の現在の気象情報を取り込み、表示するコンテンツやプロモーションを決定します。

使用するサンドボックス

このモジュールの場合、次のサンドボックスを使用してください。--aepSandboxId--.

メモ

0.6 -Experience LeagueドキュメントのChrome拡張機能のインストールで参照されているように、Chrome拡張機能を必ずインストール、設定および使用してください。

演習

12.1イベントの定義

Adobe Journey Optimizerを使用してカスタムイベントを定義する方法を説明します。

12.2外部データソースの定義

Adobe Journey Optimizerを使用して外部データソースを設定する方法を説明します。

12.3カスタムアクションの定義

Adobe Journey Optimizerを使用して外部アクションを定義する方法を説明します。

12.4トリガーベースのジャーニーのデザイン

イベント、データソース、アクションを組み合わせて、インテリジェントでコンテキストに沿ったジャーニーを作成できます。

12.5ジャーニーのトリガー

特定のジャーニーをトリガーします。

概要とメリット

このモジュールの概要とメリットの概要。

メモ

Adobe Experience Platformについて知っておくべきことを学ぶために時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、今後のコンテンツに関するご提案に関する一般的なフィードバックを共有したい場合は、Wouter Van Geluweに直接お問い合わせください。 vangeluw@adobe.com​宛にEメールを送信します。

すべてのモジュールに戻る

このページ