概要と利点

リアルタイムCDPとAdobe Experience Platformについての学習にお時間を割いていただき、ありがとうございます。
このモジュールでは、セグメントを設定し、ストリーミング認定用にアクティブにする方法と、そのセグメントに対して行動を起こし、Google DV360、Google AdWords、AmazonS3、Adobe Targetに送信する方法を学びました。

メリット

Adobe Experience Platformと行動を起こす利点を強調してみよう。

  • Adobe Experience Platformで構築されたすべてのセグメントは、Adobe Experience CloudのPeople Core Serviceとオーディエンスライブラリを通じて、Adobe Target、Adobe Audience Manager、Adobe Campaign、Adobe Ad Cloudなどのアプリケーションで自動的に使用できます。 これを使用して、セグメントを一度作成し、Adobeのエコシステム全体で再利用します。
  • セグメントは、Real-time CDPアプリケーション・サービスの一部として使用可能な、標準搭載された多数の宛先に送信できます。 これらの宛先には、DSP(Google DV360、AppNexus、Trade Desk、ESP(Adobe Campaignなど)、SalesforceMarketing Cloud、OracleEloqua、OracleResponsysなど)や、AmazonS3などがあります。

これを見て

モジュール11に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ