11.5 対応:セグメントをAdobe Targetに送信

にログインします。 Adobe Experience Platform.

ログイン後、Adobe Experience Platformのホームページに移動します。

データ取得

続行する前に、 サンドボックス. 選択するサンドボックスの名前はです --aepSandboxId--. これを行うには、 実稼動版 画面の上の青い線で表示されます。

データ取得

適切なサンドボックスを選択すると、画面が変更され、専用のサンドボックスに移動します。

データ取得

11.5.1 データストリームの検証

Real-Time CDPのAdobe Targetの宛先は、データをAdobeエッジネットワークに取り込むために使用されるデータストリームに接続されます。 Adobe Targetの宛先を設定する場合は、まず、データストリームがAdobe Targetに対して既に有効になっているかどうかを確認する必要があります。 データストリームはで設定されました。 演習 0.2 データストリームの作成 という名前の --demoProfileLdap-- — デモシステムデータストリーム。

に移動します。 https://experience.adobe.com/#/data-collection/を選択し、「 データストリーム.

データ取得

データストリームで、という名前のデータストリームを検索します。 --demoProfileLdap-- — デモシステムデータストリーム。 データストリームをクリックして開きます。

データ取得

次に、 開発環境 をクリックして開きます。

データ取得

下にスクロールしてAdobe Targetに移動し、「 Adobe Target 」の切り替えを有効にしてAdobe Targetクライアントコードを入力します。 「保存」をクリックします。

メモ

Adobe Targetクライアントコードは、IMS Org 固有のフィールドです。 Adobe Targetのクライアントコードを確認し、正しいクライアントコードを入力してください。

データ取得

これで、データストリームがAdobe Target用に設定されました。

11.5.2 Adobe Targetの宛先の設定

Adobe Targetは、Real-Time CDPからの宛先として利用できます。 Adobe Target統合を設定するには、に移動します。 宛先カタログ.

時刻

クリック パーソナライズカテゴリ メニュー 次に、 Adobe Target 宛先カード。 クリック セグメントのアクティブ化.

時刻

クリック +新しい宛先を設定.

時刻

これが見えます

時刻

新しい宛先の設定 画面では、次の 2 つを設定する必要があります。

  • 名前:名前を使用 --demoProfileLdap-- - Adobe Target (Web)。次のようになります。 vangeluw -Adobe Target(Web).
  • データストリーム ID:で設定したデータストリームを選択する必要があります。 演習 0.2 データストリームの作成. データストリームの名前は次のようにする必要があります。 --demoProfileLdap-- — デモシステムデータストリーム。

時刻

次へ」をクリックします。

次の画面では、オプションでガバナンスポリシーを選択できます。 選択する必要はありません。この場合、選択する必要はありません。そのため、「 作成.

時刻

これで宛先が作成され、リストに表示されます。 宛先を選択し、 次へ をクリックして、宛先へのセグメントの送信を開始します。

時刻

使用可能なセグメントのリストで、で作成したセグメントを選択します。 演習 11.1 セグメントの作成(という名前) --demoProfileLdap-- - Interest in Zeppelin Yoga Pant. 次に、「次へ」をクリックします。

時刻

次のページで、 次へ.

時刻

完了」をクリックします。

時刻

これで、セグメントがAdobe Targetに対してアクティブ化されました。

時刻

重要

Real-Time CDPでAdobe Targetの宛先を作成したばかりの場合、宛先が有効になるまで最大 1 時間かかる場合があります。 これは、バックエンド設定の設定による 1 回限りの待機時間です。 最初の 1 時間の待機時間とバックエンドの設定が完了すると、Adobe Targetの宛先に送信される新しく追加されたエッジセグメントを、リアルタイムでのターゲティングに使用できるようになります。

11.5.3 Adobe Targetのフォームベースのアクティビティの設定

Real-Time CDPセグメントをAdobe Targetに送信するように設定したら、Adobe Targetでエクスペリエンスのターゲット設定アクティビティを設定できます。 この演習では、フォームベースのアクティビティを設定します。

Adobe Experience Cloudのホームページで、 https://experiencecloud.adobe.com/. クリック ターゲット をクリックして開きます。

RTCDP

Adobe Target ホームページには、既存のすべてのアクティビティが表示されます。

RTCDP

クリック +アクティビティを作成 をクリックして、新しいアクティビティを作成します。

RTCDP

選択 エクスペリエンスのターゲット設定.

RTCDP

選択 フォーム を選択し、 プロパティの制限がありません. 「次へ」をクリックします。

RTCDP

これで、フォームベースのアクティビティコンポーザーになります。

RTCDP

フィールド 場所 1​を選択します。 target-global-mbox.

RTCDP

デフォルトのオーディエンスは現在 すべての訪問者. をクリックします。 3 ドット 次の すべての訪問者 をクリックし、 オーディエンスを変更.

RTCDP

これで、使用可能なオーディエンスのリストが表示され、以前に作成してAdobe Targetに送信したAdobe Experience Platformセグメントがこのリストに含まれます。 以前にAdobe Experience Platformで作成したセグメントを選択します。 クリック オーディエンスの割り当て.

RTCDP

Adobe Experience Platformセグメントは、このエクスペリエンスのターゲット設定アクティビティの一部になりました。

RTCDP

次に、Web サイトのホームページでヒーロー画像を変更します。 をクリックして、の横にあるドロップダウンリストを開きます。 デフォルトコンテンツ をクリックし、 HTMLオファーを作成.

RTCDP

次のコードを貼り付けます。 次に、「次へ」をクリックします。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.5.1.min.js"></script>
<script>
// Change src attribute of image
$("#brandhero").attr("src", "https://parsefiles.back4app.com/hgJBdVOS2eff03JCn6qXXOxT5jJFzialLAHJixD9/e3b3bb0797b22276eeb0cf4fa0ead75e_Luma%20-%20Product%20-%20Zepplin%20-%20Hero%20Banner.png");
</script>

RTCDP

選択したオーディエンスの新しい画像で新しいエクスペリエンスが表示されます。

RTCDP

左上隅のアクティビティのタイトルをクリックして、名前を変更します。

RTCDP

名前には、次を使用してください。

  • --demoProfileLdap-- - RTCDP - XT (Form)

RTCDP

次へ」をクリックします。

RTCDP

目標と設定 — ページ、移動 目標指標.

RTCDP

プライマリ目標を エンゲージメント - サイト滞在時間.

RTCDP

保存して閉じる」をクリックします。

RTCDP

これで、 アクティビティの概要 ページ。 アクティビティをアクティブ化する必要があります。

RTCDP

フィールドをクリックします。 非アクティブ を選択し、 有効化.

RTCDP

その後、アクティビティがライブになったことを視覚的に確認します。

RTCDP

これで、アクティビティがライブになり、デモ Web サイトでテストできます。

重要

Real-Time CDPでAdobe Targetの宛先を作成したばかりの場合、宛先が有効になるまで最大 1 時間かかる場合があります。 これは、バックエンド設定の設定による 1 回限りの待機時間です。 最初の 1 時間の待機時間とバックエンドの設定が完了すると、Adobe Targetの宛先に送信される新しく追加されたエッジセグメントを、リアルタイムでのターゲティングに使用できるようになります。

次にデモ Web サイトに戻り、Zeppelin Yoga Pant の製品ページにアクセスすると、作成したセグメントの条件が即座に満たされ、Adobe Targetアクティビティがリアルタイムでホームページに表示されます。

RTCDP

(オプション)Visual Experience Composer を使用したAdobe Targetアクティビティの設定

重要

以下の演習は、チュートリアルのコンテキストではオプションで、主に情報提供を目的としています。

Real-Time CDPセグメントをAdobe Targetに送信するように設定したら、Adobe Targetでエクスペリエンスのターゲット設定アクティビティを設定できます。

Adobe Experience Cloudのホームページで、 https://experiencecloud.adobe.com/. クリック ターゲット をクリックして開きます。

RTCDP

Adobe Target ホームページには、既存のすべてのアクティビティが表示されます。

RTCDP

クリック +アクティビティを作成 をクリックして、新しいアクティビティを作成します。

RTCDP

選択 エクスペリエンスのターゲット設定.

RTCDP

重要

Admin-page への訪問ごとにリダイレクトされるデモ Web サイトの性質上、既にデモ Web サイトを開いており、Adobe Target Activity を定義するブラウザーウィンドウと同じブラウザーウィンドウの別のタブでブランドを既に選択しておくことが重要です。 同じブラウザーウィンドウの別のタブでブランドがまだ選択されていない場合、次の手順に進むことはできません。

次のような詳細を入力します。 アクティビティ URL.

RTCDP

次へ」をクリックします。

RTCDP

これで、Visual Experience Composer が開き、既に選択したブランドのデモ Web サイトが表示されます。

RTCDP

デフォルトのオーディエンスは現在 すべての訪問者. をクリックします。 3 ドット 次の すべての訪問者 をクリックし、 オーディエンスを変更.

RTCDP

これで、使用可能なオーディエンスのリストが表示され、以前に作成してAdobe Targetに送信したAdobe Experience Platformセグメントがこのリストに含まれます。 以前にAdobe Experience Platformで作成したセグメントを選択します。 クリック オーディエンスの割り当て.

RTCDP

Adobe Experience Platformセグメントは、このエクスペリエンスのターゲット設定アクティビティの一部になりました。

RTCDP

次に、ヒーロー画像を変更します。 ヒーロー画像をクリックし、に移動します。 コンテンツを置換​を選択し、「 画像.

RTCDP

その後、利用可能なすべての画像が表示されます。 画像を選択します。

RTCDP

保存」をクリックします。

RTCDP

選択したオーディエンスの新しい画像で新しいエクスペリエンスが表示されます。

RTCDP

左上隅のアクティビティのタイトルをクリックして、名前を変更します。

RTCDP

名前には、次を使用してください。

  • --demoProfileLdap-- - RTCDP - XT

置換 ldap ldap を使用します。

RTCDP

次へ」をクリックします。

RTCDP

次の画面で、 次へ.

RTCDP

目標と設定 — ページ、移動 目標指標.

RTCDP

プライマリ目標を エンゲージメント - サイト滞在時間.

RTCDP

保存して閉じる」をクリックします。

RTCDP

これで、 アクティビティの概要 ページ。

RTCDP

アクティビティをアクティブ化する必要があります。

RTCDP

フィールドをクリックします。 非アクティブ を選択し、 有効化.

RTCDP

その後、アクティビティがライブになったことを視覚的に確認します。

RTCDP

次のステップ: 概要とメリット

モジュール 11 に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ