10.インテリジェントサービス

発言者: ウウーター・バン・ゲルウ・ディプティマン・バダヘナ 🔗

このモジュールでは、Adobe Experience Platformインテリジェントサービスのセットアップ、設定、使用方法を学習します。

学習内容

  • Adobe Experience Platformを知る
  • インテリジェントサービスで使用するスキーマ/データセットの設定
  • 新しい顧客AIインスタンスの作成
  • スコアリングダッシュボードとセグメント化

前提条件

重要

このチュートリアルは、特定のワークショップ形式を容易にするために作成されました。 アクセスできない特定のシステムとアカウントが使用されます。 アクセスがなくても、この非常に詳細な内容を読むことで多くのことを学べると思います。 ワークショップの参加者で、アクセス資格情報が必要な場合は、Adobeの担当者にお問い合わせください。必要な情報をお知らせします。

アーキテクチャの概要

次のアーキテクチャを見てみましょう。このモジュールで説明し、使用するコンポーネントに焦点を当てます。

アーキテクチャの概要

使用するSandbox

このモジュールでは、次のサンドボックスを使用してください。--module10sandbox--.

メモ

0.6 -Experience LeagueドキュメントのChrome拡張機能のインストールの説明に従って、Chrome Extensionをインストール、設定、使用することを忘れないでください。

演習

10.1お客様向けAI — データ準備(取り込み)

顧客データが取り込まれ、Adobe Experience Platform の Experience Data Model(XDM)で変換されます。特に、インテリジェントサービスで使用されるすべてのデータセットは、Consumer ExperienceEvent(CEE)XDMスキーマに準拠している必要があります。

10.2顧客AI — 新しいインスタンスの作成(設定)

マーケティングアナリストは、ビジネスルールを指定し、関連データを識別して、目的の予測を設定します。モデルの設定後、実行のスケジュールを設定し、スコアを確認します。

10.3顧客AI — スコアリングのダッシュボードとセグメント化(予測と実行)

モデルのトレーニングとスコア測定が完了すると、スコアが Platform にもう一度書き込まれます。セグメントの定義、カスタムダッシュボードの作成など、予測に対して実行するアクションを決定できます。

メモ

Adobe Experience Platformのことを知ること全てを学ぶことに時間を費やしてくれてありがとう。 ご質問がある場合は、Wouter Van Geluweに直接お問い合わせください。Wouter Van Geluweは、vangeluw@adobe.com​宛てに電子メールを送って、直接お問い合わせください。

すべてのモジュールに戻る

このページ