1.7 Adobe Experience PlatformでのXDMスキーマ要件

Web SDKとalloy.jsがAdobe Experience Platformにデータを取り込めるようにするには、特定のXDM MixinをAdobe Experience PlatformのXDMスキーマの一部にする必要があります。

https://experience.adobe.com/platformに移動し、ログインします。

AEPデバッガー

ログイン後、画面の上部にある青い線の「実稼動用Prod」というテキストをクリックして、適切なサンドボックスを選択します。 サンドボックス--aepSandboxId--を選択します。

サンドボックスを選択すると、画面が変更され、サンドボックスに移動します。

AEPデバッガー

左側のメニューで、「スキーマ」に移動し、「Demo System - Event Schema for Website (Global v1.1)」スキーマを開きます。

AEPデバッガー

このスキーマで、フィールドグループ​AEP Web SDK ExperienceEvent Mixin​が追加されていることがわかります。 このフィールドグループは、必要最小限のフィールドをすべてスキーマに追加します。 Web SDKで使用されるAdobe Experience Platformのすべてのエクスペリエンスイベントスキーマでは、常に、そのフィールドグループがスキーマの一部である必要があります。

AEPデバッガー

モジュール2では、スキーマにフィールドグループを追加する方法を学びます。

次の手順:概要と利点

モジュール1に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ