1.3 - Adobe Experience Platformデータ収集の概要

コンテキスト

次に、Adobe Experience Platformデータ収集の構成要素をさらに詳しく見て、AEPデモWebサイトにインストールされる要素を理解します。 Adobe Experience Platform Web SDK拡張機能、データ要素とルールの設定、ライブラリの公開方法について詳しく説明します。

1.3.1 - Adobe Experience Platform Web SDK拡張機能

拡張機能は、Adobe Experience Platformデータ収集インターフェイスとライブラリ機能を拡張する、パッケージ化されたコードセットです。 Adobe Experience Platformのデータ収集はプラットフォームで、拡張機能はプラットフォーム上で実行されるアプリに似ています。 このチュートリアルで使用されるすべての拡張機能はAdobeが作成および管理しますが、サードパーティは独自の拡張機能を作成して、Adobe Experience Platformデータ収集ユーザーが管理する必要のあるカスタムコードの量を制限できます。

Adobe Experience Platformデータ収集に移動し、タグ​を選択します。

これは、以前に表示したAdobe Experience Platformデータ収集プロパティページです。

プロパティページ

モジュール0では、Demo System Nextは次の2つのクライアントプロパティを作成しました。1つはwebサイト用、もう1つはモバイルアプリ用です。 「検索」ボックスで​ldap​を検索して探します。

検索ボックス

Web​プロパティを開きます。

次に、プロパティの概要ページが表示されます。 左側のレールで​拡張機能​をクリックします。 AEP Web SDK拡張機能の下にある「設定」ボタンをクリックします。

プロパティの概要ページ

AEP Web SDKへようこそ。 ここで、演習0.2で作成したデータストリームと、より高度な設定を使用して拡張機能を設定できます。 この演習では、2つの設定のみを構成します。

デフォルトのEdgeドメインは常に​edge.adobedc.net​です。 Adobe Experience CloudまたはAdobe Experience Platform環境にCNAME設定を実装した場合は、Edgeドメイン​を更新する必要があります。 Adobe Experience Platformインスタンスは、次のEdgeドメインを使用しています。--webSdkEdgeDomain--.

インスタンスのEdgeドメインがデフォルトのEdgeドメインと異なる場合は、Edgeドメインを更新してください。 Edgeドメインを使用すると、ファーストパーティのトラッキングサーバーを設定できます。このサーバーは、バックエンドのCNAME設定を使用して、データが確実にAdobeに収集されます。

拡張機能ホーム

次に、「エッジ設定」見出しの下で「リストから選択」ラジオボタンが選択されていることを確認し、「エッジ設定」ボックスのリストから「ldap - Demo System Datastream」を選択します。

拡張機能ホーム

保存」をクリックして、拡張機能ビューに戻ります。

AEP Web SDKのホームページ

1.3.2データ要素

データ要素は、データディクショナリ(またはデータマップ)の構築ブロックです。データ要素を使用して、マーケティングおよび広告テクノロジー全体でデータを収集、整理、配信します。

単一のデータ要素は、クエリ文字列、URL、cookie 値、JavaScript 変数などに値をマッピングできる変数です。Adobe Experience Platformのデータ収集全体で、変数名によって値を参照できます。 このデータ要素コレクションは、ルール(イベント、条件、アクション)の作成に使用する、定義済みデータの辞書になります。このデータディクショナリは、プロパティに追加した拡張機能で使用するために、すべてのAdobe Experience Platformデータ収集で共有されます。

既に存在するデータ要素をWeb SDK形式で編集します。

左側のレールの「データ要素」をクリックして、データ要素ページに移動します。

データ要素のホームページ

メモ

この演習では、データ要素の編集のみを行いますが、このページに「データ要素を追加」ボタンが表示されます。これは、新しい変数をデータディクショナリに追加するために使用します。 これは、Adobe Experience Platformのデータ収集全体で使用できます。 既に存在するその他のデータ要素(主にローカルストレージをデータソースとして使用)を自由に確認できます。

検索バーに「ruleArticlePages」と入力し、返されるデータ要素をクリックします。

ruleArticlePagesを検索します。

この画面には、編集するXDMオブジェクトが表示されます。 エクスペリエンスデータモデル(XDM)は、このテクニカルチュートリアル全体で詳しく説明する概念ですが、現時点では、AEP Web SDKで必要な形式として理解するのに十分です。 デモWebサイトの記事ページで収集されたデータに、もう少し情報を追加します。

ツリーの下部にある​web​の横のプラスボタンをクリックします。

webPageDetails​の横にあるプラスボタンをクリックします。

siteSection​をクリックします。 これで、siteSection​は、まだデータ要素にリンクされていないことがわかります。 私たちはそれを変えましょう。

サイトセクションに移動します。

上にスクロールし、テキスト​%pageType%​を入力します。 「保存」をクリックします。

保存します。

この時点で、AEP Web SDK拡張機能がインストールされ、XDM構造に対してデータを収集するためのデータ要素を更新しました。 次に、適切な時刻にデータを送信するルールを確認します。

1.3.3ルール

Adobe Experience Platformデータ収集は、ルールベースのシステムです。 ユーザーの操作に関する各種データを参照します。ルールで設定された条件が満たされると、ルールは、特定した拡張機能、スクリプトまたはクライアント側コードをトリガーします。

異なる製品を 1 つのソリューションに統合するマーケティングおよび広告テクノロジーのデータと機能を統合するためのルールを構築します。

記事ページでデータを送信するルールを分類します。

左側のレールの「ルール」をクリックします。

​メディアの検 索 — 記事のページ​を参照してください。

返されるルールをクリックします。

メディア — 記事ページのルール検索

このルールを構成する個々の要素を見てみましょう。 すべてのルールに対して、指定された​Event​が発生した場合、Conditions​が評価され、必要に応じて指定された​Actions​が実行されます。

メディア — 記事ページルール

「Event Core - Window Loaded」をクリックします。 これは、が読み込まれるビューです。

イベントタイプ」ドロップダウンをクリックします。

条件がtrueの場合、Adobe Experience Platformデータ収集にアクションを実行するようシグナルを送信する際に使用できる標準的なインタラクションの一部を示します。

イベント

キャンセル」をクリックして、ルールに戻ります。

「条件​コア — 値の比較」をクリックします。 ここで、データ要素​pageType​が文字列​Article​と等しい場合、条件がtrueを返していることがわかります。 どちらかの側に​%​記号があるので、データ要素です。

変更を破棄

キャンセル」をクリックして、ルールに戻ります。

「アクション​AEP Web SDK - Send Event」をクリックします。

AEP Web SDKによってAdobe Edgeに送信されるデータを確認できます。 具体的には、Web SDKの​alloy Instance​を使用します。 別の​インスタンス​を設定すると、特に異なるデータストリームを使用できます。 イベント​Type​を​articleView​として指定し、送信するXDMデータは以前に変更した​ruleArticlePages​データ要素です。

イベント送信アクション

ルールを確認したら、Adobe Experience Platformデータ収集ですべての変更を公開できます。

1.3.4ライブラリでの公開

最後に、更新したルールとデータ要素を検証するには、プロパティで編集した項目を含むライブラリを公開する必要があります。 Adobe Experience Platformデータ収集の​公開​セクションで、いくつかの簡単な手順を実行する必要があります。

左側のナビゲーションで「公開フロー」をクリックします。

既存のライブラリ(コンテンツライブラリ)をクリックします。

ライブラリアクセス

変更されたすべてのリソースを追加」ボタンをクリックします。

ライブラリアクセス

下にスクロールして、ほとんどのリソースが​リビジョン1(最新)​のまま残りますが、データ要素は変更されています。ruleArticlePages​と​拡張:AEP Web SDK​は、最新​でマークされます。

開発用に保存してビルド」ボタンをクリックします。

コンテンツライブラリ

ライブラリのビルドには数分かかる場合があり、完了すると、ライブラリ名の左側に緑の点が表示されます。

公開フロー画面に表示されるように、Adobe Experience Platformのデータ収集での公開プロセスには、このチュートリアルの範囲外の多くの点があります。 開発環境で1つのライブラリを使用するだけです。

次の手順:1.4クライアント側Webデータ収集

モジュール1に戻る

すべてのモジュールに戻る

このページ