Adobe Experience Platformの包括的なテクニカルチュートリアル — 完了の測定方法

AEPデモWebサイトの管理ホームページで、 Adobe Experience Platformの包括的なテクニカルチュートリアルの完了を更新できます( https://public.aepdemo.net/admin.html )。

デモWebサイトで、最初の読み込み時に​設定ID​を入力し、次に​設定を読み込み​をクリックする必要があります。

12

設定を読み込んだら、下にスクロールして「設定を保存」をクリックします。

12

管理​のホームページに移動します。

12

「LDAP​を選択」に移動し、LDAPを検索して選択し、「保存」をクリックします。

12

ホームページに戻り、自分の進捗を確認します。

12

自分で進行状況を更新する作業を行うので、モジュールを完了するたびにhttps://public.aepdemo.net/admin.htmlに戻り、上記のLDAPを選択してから、Complete Module​ページに移動する必要があります。

12

Complete Module — ページには、まだ完了していないモジュールのみが表示されます。 すべてのモジュールを完了するには、完了の証明を入力する必要があります。

以下は、各モジュールに対して期待される完了の証明です。

モジュール0

モジュール0に対して期待される完成の証明は、モジュール0で作成した設定IDです。

設定IDの形式は次のようになります。TogD1ESZj2

3

次に、Complete Module — ページに移動し、M0を選択します。 設定ID設定ID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール1

モジュール1は2020年8月に再リリースされます。

モジュール2

モジュール2が完成したことの証明が期待されるのは、モジュール2で作成した2つのデータセットのデータセットIDです。

データセットIDの形式は次のようになります。5f069724723ef41916a8b5d2.

3

3

次に、Complete Module — ページに移動し、M2を選択します。 データ取得​で、両方のデータセットの​データセットID​を入力し、「送信 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール3

モジュール3が完成するために期待される証明は、APIを使用して作成したセグメントの​セグメントID​です。

セグメントIDの形式は次のようになります。a01f438d-5cbe-40dc-b57a-169c6b15b025

3

次に、Complete Module — ページに移動し、M3を選択します。 リアルタイム顧客プロファイル​で、入力フィールドに​セグメントID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール4

モジュール4の完成の証明として期待されるのは、AWS Alexa Skill ID​です。

AWS Alexa Skill ID​は次のようになります。amzn1.ask.skill.96574e23-f765-4e8c-9924-3ba950cab891​にあります。

12

次に、Complete Module — ページに移動し、M4を選択します。 Voice Assistant​で、AWS Alexa Skill ID​を入力フィールドに入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール5

モジュール5の完了証明が期待されるのは、Informatica Jobs​のバッチIDです。 送信するバッチIDは2つあり、2つの異なるデータセットから選択できます。ETL - Profile Data-datasetと​ETL - Offline Orders-dataset。

期待される形式は、次のようなバッチIDです。01E4XH8N5WS2XAM8V03J15XB4F. 両方のバッチIDが使用可能であることを確認します。

次に、Complete Module — ページに移動し、M5を選択します。 ETL​で、2 バッチID​を入力フィールドに入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール6

モジュール6の完了証明が期待されるのは、モジュール6で設定した​アカウント作成サインアップ — ジャーニーのJourney OrchestrationイベントIDです。

形式は次のようになります。aa00b8ac11f4b75bb4166874152ce86e23960a422a2c7f22c9e672c3c729b050

次に、Complete Module — ページに移動し、M6を選択します。 「JO - Account Creation」と入力し、入力フィールドに​イベントID​を入力して、「Submit — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール7

モジュール7が完成したことの証明として期待されるのは、モジュール7の完了後に取得する​ldap_callcenter_interaction_analysis — データセットのデータセットIDです。

形式は次のようになります。5e2f4f46654d2318a87c7b03

12

次に、Complete Module — ページに移動し、M7を選択します。 クエリサービス​で、入力フィールドに​データセットID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール8

モジュール8の完成の証明として期待されるのは、モジュール8の完了後に得られる​Recommendations Recipe​のレシピ名です。

形式は次のようになります。ldapRecommendations​です。

12

次に、Complete Module — ページに移動し、M8を選択します。 DSW - Recommendations​で、入力フィールドに​レシピ名​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール9

モジュール9の完成の証明として期待されるのは、モジュール9の完了後に取得する​GTMコンテナID​のIDです。

形式は次のようになります。GTM-WPCG4CK

次に、Complete Module — ページに移動し、M9を選択します。 Google​でのデータ取り込みで、入力フィールドに​GTMコンテナID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール10

モジュール10の完了証明が期待されるのは、モジュール10を設定した​製品購入傾向顧客AIサービス​のIDです。

形式は次のようになります。10888​を参照し、サービスを開いたときにURLから取得できます。

12

次に、Complete Module — ページに移動し、M10を選択します。 インテリジェントサービス​で、製品購入傾向顧客AIサービスID​を入力フィールドに入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール11

モジュール11に対して期待される完了の証明は、モジュール11の間に設定した​Adobe Targetアクティビティ​のIDです。

形式は次のようになります。111804

12

次に、Complete Module — ページに移動し、M11を選択します。 RTCDP​で、入力フィールドに​Adobe TargetアクティビティID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール12

モジュール12の完了証明は、モジュール12の間に設定した​JOジャーニー​のIDです。

形式は次のようになります。b5cb6f43-3c02-460d-acf2-30833e3da018

12

次に、Complete Module — ページに移動し、M12を選択します。 「JO - Location-based Personalization」と入力し、入力フィールドに​ジャーニーID​を入力して、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール13

モジュール13の完成の証明として期待されるのは、モジュール13の間に設定した​CJA - Analysis Workspace Project​のIDです。

形式は次のようになります。5e3bb1642ef79f7b4ef41d66​では、プロジェクトを開くとURL内で見つかります。

12

次に、Complete Module — ページに移動し、M13を選択します。 Customer Journey Analytics​で、入力フィールドに​プロジェクトID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール14

モジュール14の完成の証明として期待されるのは、作成した​オファーアクティビティ​のIDです。

オファーアクティビティID​は、次の​xcore:offer-activity:1122fcc4603ea499​のようになります。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M14を選択します。 オファー​で、入力フィールドに​オファーアクティビティID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール15

モジュール15の完成の証明として期待されるのは、作成した​MLサービスID​のIDです。

次の​b9ae569a-20ac-440e-8902-44e9868307cb​のような​MLサービスID​を見つけることができます。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M15を選択します。 DSW - Car Insurance Sales Propensity、入力フィールドに​MLサービスID​を入力し、「Submit — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール16

モジュール16の完成の証明として期待されるのは、BigQuery-connectionのIDです。

BigQuery接続ID​は、次の​85a2394d-8b94-410c-a239-4d8b94b10c38​のようになります。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M16を選択します。 Google BigQuery​で、入力フィールドに​BigQuery Connection ID​を入力し、「Submit — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール17

モジュール17の完成の証明は、Microsoft Power Automate Flow​のIDです。

フローID​は、次のようになります。 8358d616-f465-420b-917d-b3f998c34f0f

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M17を選択します。 Microsoft Dynamics 365​で、Microsoft Power Automate Flow ID​を入力フィールドに入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール18

モジュール18の完了証明が期待されるのは、Adobe Experience Platformの​Microsoft Azure Event Hub​の宛先のIDです。

次の​fa3f7ce5-86fd-4096-bf7c-e586fdc096ba​のような​Microsoft Azure Event Hubの宛先ID​を見つけることができます。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M18を選択します。 RTCDP + Azure EventHub​で、Microsoft Azure Event Hubの宛先ID​を入力フィールドに入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール19

モジュール19の完成の証明は、ServiceNow Instance URL​です。

ServiceNowインスタンスのURL​は、次の​https://dev88675.service-now.com/​のようになります。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M19を選択します。 ServiceNow​で、入力フィールドに​ServiceNow Instance URL​を入力し、「Submit — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール20

モジュール20の完成の証明は、StackchatアプリID​です。

StackchatアプリID​は、次の​cmwkerql16t2sw​のようになります。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M20を選択します。 Stackchat​で、入力フィールドに​Stackchat App ID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール21

モジュール21の完成の証明として期待されるのは、Launch Server Side Environment ID​です。

Launch Server Side Environment ID​は、次の​PRe73ff83bb1d44c52907b67427ed83b14​のようになります。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M21を選択します。 Launch Server Side Forwarding​を起動し、入力フィールドに​Launch Server Side Environment ID​を入力して、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール22

モジュール22の完成の証明が期待されるのは、Project Firefly Dashboard​のエンドポイントです。

エンドポイントのURLは、次の​https://133309-vangeluwexpnews-development.adobeio-static.net​のようになります。ここで確認できます。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M22を選択します。 Adobe I/OFirefly​で、Project Firefly Endpoint URL​を入力フィールドに入力し、「Submit — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

モジュール23

モジュール23の完成証明は、ldapのジャーニーIDです — 在庫ジャーニー​に戻ります。

ジャーニーIDは、次の​9aa9f9bc-7710-4b2d-bfc5-276e26bdcef6​のようになります。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M23を選択します。 Project Sierraldap — 入力フィールドにBack in stockジャーニー​と入力し、「Submit — 」ボタンをクリックします。

12

モジュール24

モジュール24の完了証明は、ldapのフローID(Kafka Dataflow)です。

フローIDは、次の​48fc1361-96f2-4903-8a30-56efd405824a​のようになります。

14

次に、Complete Module — ページに移動し、M24を選択します。 Apache Kafka​で、入力フィールドに​フローID​を入力し、「送信 — 」ボタンをクリックします。

12

数分以内に確認のメールが届きます。

すべてのモジュールに戻る

このページ