WebサービスAPIの概要

プレースサービスは、Adobeのお客様が、場所のデータや経験を含むAdobe Cloud PlatformとAdobe Experience Platformのソリューションを、適切なタイミングで適切な人に適切な場所に簡単に組み込むことができるサービスのセットです。

WebサービスAPIを使用すると、次のことができます。

  • ジオフェンスの管理
  • アプリがバックグラウンドにある場合でもユーザーの場所を測定します
  • 重要な場合にデータをリアルタイムで使用

この節では、組織のPOIデータを含むREST APIとPOIデータベースの使用方法について説明します。

REST API

Places Service REST APIを使用すると、組織のPOIをプログラムで操作できます。 これらのAPIを使用すると、ライブラリとそれらのライブラリ内のPOIを作成、更新、削除できます。 これらのAPIは、JavaScript Object Notation(JSON)規格を使用して、送受信するデータの形式を設定します。 JSONの主な利点は、開発者やマシンがAPIクエリを簡単に書き込み、読み取り、解析できることです。

WebサービスAPIを使用する前に、以下の要件が満たされていることを確認してください。

  • Places Serviceは組織でプロビジョニングされ、ユーザーとして適切なアクセス権を持っています。

    詳しくは、統合の概要と前提条件の​ユーザーアクセスの前提条件​を参照してください。

  • 組織でPlaces Serviceがプロビジョニングされ、アクセス権を持ったら、Places ServiceのAdobe統合を作成します。

    詳しくは、統合の概要と前提条件の「場所サービスの統合の作成」を参照してください。

追加情報:

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free