データ要素を定義

次の情報は、データ要素と、データ要素を作成して発行する方法を理解するのに役立ちます。

データ要素について

データ要素は、アプリのデータディクショナリの構成要素で、マーケティングや広告のテクノロジー全体でデータを収集、整理、配信するために使用されます。

データ要素は変数で、値を訪問者ID、通信事業者名、広告ID、プッシュIDなどにマップできます。 Experience Platform Launchでは、変数名でこの値を参照できます。 このデータ要素のコレクションは、ルール(イベント、条件、アクション)の作成に使用できる定義済みデータのディクショナリになり、このディクショナリはExperience Platform Launch全体で共有され、プロパティ内の任意の拡張子と共に使用できます。

Places拡張子を使用して、次のターゲットから値を参照できます。

  • 現在のPOI。顧客の所在地のPOIを指します。

    ユーザーが複数のPOIに配置されている場合は、そのユーザーがライブラリに属している上位のランクが選択されます。 複数のPOIが最上位のライブラリに属する場合は、半径が最も小さいPOIが選択されます。

  • POIから最後に離脱した場合。これは、ユーザーが最後に離脱したPOIを示します。

  • 最後に入力されたPOI。ユーザーが最後に入力したPOIを示します。

各POIには、次のデータ参照が含まれます。

  • カテゴリ:POIのカテゴリ
  • 市区町村:ポイ市
  • :ポイの国
  • Latitude:POIの緯度
  • 経度:POIの経度
  • メタデータ:POIのカスタムメタデータ
  • 名前:POI名
  • 半径:陰核心半径
  • 地域ID:POIのID
  • 地域/州:POIの地域、都道府県、州

データ要素の作成

  1. アプリのプロパティページで、「データ要素」タブをクリックします。

  2. 新規データ要素を作成」をクリックします。

  3. インストールされている拡張機能のリストで、場所​を探します。

  4. データ要素タイプ」ドロップダウンリストで、このデータ要素のデータ参照を選択します。

  5. POIターゲットを選択します。

  6. このデータ要素がカスタムメタデータ参照の場合は、メタデータキーを選択します。

  7. データ要素の名前を入力し、「保存」をクリックします。

    データ要素の作成

データ要素の使用

データ要素の作成後、データ要素ピッカーが存在する場合は、任意のルールコンポーネントのデータ要素を使用できます。

データ要素の使用

ルールコンポーネントにデータ要素ピッカーが存在しない場合は、データ要素名を​%​トークンでラップして、データ要素を使用できます。
例えば、データ要素名が​最後のPOI都市​の場合、テキスト入力に​最後のPOI都市​を追加できます。

データ要素の発行

データ要素がいずれかのルールコンポーネントで使用されている場合、これらのデータ要素もライブラリに含めて発行する必要があります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now