Define a data element

次の情報は、データ要素と、データ要素を作成して発行する方法を理解するのに役立ちます。

データ要素について

データ要素は、アプリのデータディクショナリの構成要素で、マーケティングや広告のテクノロジー全体でデータを収集、整理、配信するために使用されます。

データ要素は変数で、値を訪問者ID、通信事業者名、広告ID、プッシュIDなどにマップできます。 Experience Platform Launchでは、変数名でこの値を参照できます。 このデータ要素のコレクションは、ルール(イベント、条件、アクション)の作成に使用できる定義済みデータのディクショナリになり、このディクショナリはExperience Platform Launch全体で共有され、プロパティ内の任意の拡張子と共に使用できます。

Places拡張子を使用して、次のターゲットから値を参照できます。

  • 現在のPOI。顧客の所在地のPOIを指します。

    ユーザーが複数のPOIに配置されている場合は、そのユーザーがライブラリに属している上位のランクが選択されます。 複数のPOIが最上位のライブラリに属する場合は、半径が最も小さいPOIが選択されます。

  • POIから最後に離脱した場合。これは、ユーザーが最後に離脱したPOIを示します。

  • 最後に入力されたPOI。ユーザーが最後に入力したPOIを示します。

各POIには、次のデータ参照が含まれます。

  • Category:POIのカテゴリ
  • City:ポイ市
  • Country:ポイの国
  • Latitude:POIの緯度
  • Longitude:POIの経度
  • Metadata:POIのカスタムメタデータ
  • Name:POI名
  • Radius:陰核心半径
  • Region ID:POIのID
  • Region/State:POIの地域、都道府県、州

データ要素の作成

  1. アプリのプロパティページで、 Data Elements タブをクリックします。

  2. Create New Data Element」をクリックします。

  3. インストールされている拡張機能のリストで、を検索し Places​ます。

  4. ドロップダウン Data Element Type リストで、このデータ要素のデータ参照を選択します。

  5. POIターゲットを選択します。

  6. このデータ要素がカスタムメタデータ参照の場合は、メタデータキーを選択します。

  7. データ要素の名前を入力し、をクリックし Save​ます。

    データ要素の作成

データ要素の使用

データ要素の作成後、データ要素ピッカーが存在する場合は、任意のルールコンポーネントのデータ要素を使用できます。

データ要素の使用

ルールコンポーネントにデータ要素ピッカーが存在しない場合は、データ要素名をトークンでラップして、データ要素を使用でき %% ます。
例えば、データ要素名がである場合 Last POI City​は、テキスト入力 LAST POI City にを追加できます。

データ要素の発行

データ要素がいずれかのルールコンポーネントで使用されている場合、これらのデータ要素もライブラリに含めて発行する必要があります。

このページ