POIでのメタデータの使用方法

プレースサービスでは、新しいPOIを作成する場合、名前、半径、緯度、経度のみが必要です。 POIの作成について詳しくは、POIの作成を参照してください。 ただし、最小値を入力しただけの場合は、追加の値を作成する機会を逃します。

POIメタデータは様々な方法で使用できます。 POI管理の観点から見ると、メタデータ値を追加することで、何千もの可能性のあるPOIのリストを検索またはフィルタリングするのに役立ちます。 POIに関連する主要属性のメタデータを作成すると、ダウンストリームワークフローで値を得ることができます。 例えば、ホテルのプロパティにプールがあるかどうか、レストランやバーがあるか、ジムの施設があるかなどのメタデータを含めることができます。 このメタデータは、Analyticsのコンテキストデータとして含めることができ、ターゲット設定されたオファーやメッセージにも使用できます。

サービスメタデータを開始に配置

Experience Platform Launchでは、追跡やメッセージングの目的に重要な、各Places Serviceメタデータフィールドのデータ要素を作成できます。

ジム施設のデータ要素

その後、Analytics拡張機能を使用して、コンテキストデータとして必要なメタデータを含む新しいヒットを作成するアクションを作成できます。

体育館施設の活動

Adobe Campaign内のアプリ内メッセージ

メタデータは、Adobe Campaign Standardで定義されたローカル通知およびアプリ内メッセージのフィルターとして使用できます。 メタデータをフィルターとして使用すると、実際の場所に関連する、より関連性の高いメッセージを作成できます。

ACSでのローカル通知とアプリ内メッセージのフィルタリング

このページ