Places Serviceへのアクセスを取得

Places Serviceには、Adobe Experience Cloudホームのクイックアクセスメニューからアクセスできます。
ユーザーIDがアクセス権を持っている場合は、次に示すように「Places Service」アイコンが表示されます。

クイックアクセスメニュー

Places Serviceは、Adobe Experience Platformメニューからもアクセスできます。

Experience Platformメニュー

これらのメニューのいずれにもPlaces Serviceが表示されない場合は、組織の管理者に問い合わせて、Admin ConsoleのPlaces Core ServiceにユーザーIDを追加してください。

PlacesサービスとExperience Platform Launchへのユーザーの追加

ユーザーがExperience Platform LaunchUIにアクセスできるようにするには、ユーザーとしてAdmin ConsoleのPlaces Core Serviceに追加する必要があります。 ユーザーがExperience Platform Launchにアクセスできるようにし、モバイルプロパティを設定し、Adobe Experience PlatformSDKで場所を使用できるようにするには、Admin ConsoleのExperience Platform Launchに追加し、Experience Platform Launchに関する次の権限を与える必要があります。

  • All Property Rights:
    • 開発
    • 承認
    • 公開
    • 拡張機能の管理
    • 環境の管理
  • 「会社権限」の下のプロパティの管理権限

Experience Platform Launchを初めて追加する場合は、次の手順を実行してユーザーをユーザーおよびプレースサービスに追加します。 以前にユーザーを追加したことがある場合は、複数のプロファイルが表示される可能性があるので、必ず正しいプロファイルを選択してください。

重要

組織の管理者のみがAdmin Consoleにアクセスし、ユーザーを追加できます。

1. Places ServiceとExperience Platform Launchがプロビジョニングされていることを確認する

  1. Experience Cloud組織にログインします。

  2. 右上のExperience Cloudシェルスイッチャをクリックします。

    シェルスイッチャー

  3. プラットフォーム」で、「管理」をクリックします。

    リストに​管理​が表示されない場合は、管理者ではありません。 この手順を実行するには、組織管理者に問い合わせる必要があります。

  4. Experience Cloud管理ページの​Admin Console​カードで、Take me there​をクリックします。

  5. Admin Consoleで、複数の組織にアクセスできる場合は、ページの右上で正しい組織が選択されていることを確認します。

    これは、ユーザを追加する先の組織です。 正しい組織が選択されていない場合は、組織をクリックし、ドロップダウンリストから組織を選択します。

    重要

    組織へのアクセス権を持っていない場合は、その組織への管理者アクセス権が持っていないことを意味します。

  6. Adobe Experience Platform Launch および Places コアサービス​のカードが表示されます。

    表示された場合は、Places ServiceとExperience Platform Launchが組織用にプロビジョニングされています。 表示されない場合は、組織用にプロビジョニングする必要があります。

2.プロファイルを設定し、権限を追加します

  1. Experience Platform Launchプロファイルを設定します。Experience Platformを使用すると、プロファイルに追加されたユーザーは、Experience Platform LaunchとそのモバイルプロパティをSDKで使用できます。

    a.メニューバーで「製品」をクリックします。

    b.左側のウィンドウのproductsリストで、Adobe Experience Platform Launch​をクリックします。

    • 右側にExperience Platform Launchプロファイルが表示されます。

    • Experience Platform Launchには、Launch - (org name)​というデフォルトのプロファイルがあります。

      ユーザーを以前にExperience Platform Launchに追加している場合は、複数のプロファイルが一覧に表示される場合があります。

  2. 正しいプロファイルを選択します。

    a.デフォルトのプロファイル名をクリックします。

    b.「権限」タブをクリックします。

    c. 「プロパティ権限」の隣にある「編集」をクリックします。

    d.左側のウィンドウで、「+ 追加 all」をクリックします。

    この手順では、使用可能なすべての権限を、含まれる権限リストに移動します。

    e.「会社権限」をクリックします。

    f.左側のウィンドウで、「+プロパティを管理」をクリックします。

    g. 「保存」をクリックします。

重要

Places Serviceの場合は、デフォルトのプロファイルがありますが、権限を追加する必要はありません。

作成したプロファイルに権限が正常に追加されました。

3. Places Serviceお追加よびExperience Platform Launchプロファイルのユーザーまたは開発者

Places ServiceおよびExperience Platform Launchプロファイルにユーザーや開発者を追加できます。

ユーザーの追加

Places ServiceおよびExperience Platform Launchプロファイルにユーザーを追加するには:

  1. Experience Platform Launch追加プロファイルのユーザー。

    a.メニューバーで「概要」をクリックします。

    b.Adobe Experience Platform Launch​カードで、次の点を確認します。

    • カードの下部に2つのドットが表示されます。

    • 左側の点は黒です。

      右側のドットが黒い場合は、開発者のみを追加できます。 ユーザーを追加するには、左側の点をクリックします。
      c. 「+追加ユーザー」をクリックします。

    d.ユーザーのAdobe IDを入力します。

    e.次のいずれかの手順を実行します。

    • 新しいユーザーを追加する場合は、「新しいユーザー」をクリックし、ユーザーの姓と名を入力します。
    • 既存のユーザーを追加する場合は、表示されるユーザー名をクリックします。

    f.「Please select a product for this product」ドロップダウンリストで、以前に編集したプロファイルを選択します。

    g. 「保存」をクリックします。

  2. <a0追加/>コアサービス​を配置するユーザー。

    ヒント

    現在、すべてのPlaces Serviceユーザーに同じ権限が与えられているので、権限を編集する必要はありません。

    a.Places Core Services​カードで、次を確認します。

    • カードの下部に2つのドットが表示されます。
    • 左側の点は黒です。

    b.「+ユーザーの割り当て」をクリックします。

    c.ユーザーのAdobe IDを入力します。

    d.次のいずれかの手順を実行します。

    • 新しいユーザーを追加する場合は、「新しいユーザー」をクリックし、ユーザーの姓と名を入力します。
    • 既存のユーザーを追加する場合は、表示されるユーザー名をクリックします。

    e.「Places aプロファイルfor this product」ドロップダウンリストで、「Places」プロファイルを選択します。

    f. 「保存」をクリックします。

開発追加者

Web Service APIへのアクセスも必要なユーザーの場合は、開発者として追加する必要があります。

開発者を追加するには:

  1. Places コアサービス​カードで、以下を確認します。

    • カードの下部に2つのドットが表示されます。
    • 右側のドットをクリックすると、「開発者の割り当て」がカードの下部に表示されます。
  2. +開発者の割り当て」をクリックします。

  3. ユーザーの Adobe ID を入力します。

  4. 次のいずれかの手順を実行します。

    • 新しいユーザーを追加する場合は、「新しいユーザー」をクリックし、ユーザーの姓と名を入力します。
    • 既存のユーザーを追加する場合は、表示されるユーザー名をクリックします。
  5. この製品​のプロファイルを選択してください」ドロップダウンリストで、「Places Service」プロファイルを選択します。

  6. 保存」をクリックします。

ユーザーには、Experience Platform Launch へのアクセス権があることを通知する電子メールが届きます。ユーザーは、この組織のExperience Platform Launchまたはプレースサービス UIにログインできます。 「開発者の追加」手順の手順 4 を完了すると、ユーザーは Adobe I/O コンソールにログインして、Places 統合を作成し、Places REST API を使用することもできます。

このページ