イベント参照を配置

Places拡張で処理されるイベントのリストを以下に示します。

GetCurrentPointsOfInterest

イベントの詳細

タイプ ソース 名前 ペア
場所 REQUEST_CONTENT requestgetuserwithinplaces True

イベントの説明

このイベントは、デバイスが現在配置されているPOIを取得する要求です。

データペイロードの定義

なし

GetNichroedPointsOfInterest

イベントの詳細

タイプ ソース 名前 ペア
場所 REQUEST_CONTENT requestgetnearbyplaces True

イベントの説明

このイベントは、現在のデバイスの場所と設定済みのPlacesライブラリを考慮して、近くのPOIを取得する要求です。

データペイロードの定義

キー 値のタイプ 必須 デフォルト値 説明
latitude double true n/a 近くのPOIを検索する際の中心の緯度の値を保持します。
longitude 重複 true n/a 近くのPOIを検索する中心の経度値を保持します。
radius 整数 false なし 周辺のPOIを検索する際に使用する半径(メートル単位)。
count 整数 false 10 結果の応答イベントに返すPOIの最大数。

ProcessRegionEvent

イベントの詳細

タイプ ソース 名前 ペア
場所 REQUEST_CONTENT requestprocessregionevent False

イベントの説明

このイベントにより、Places拡張でジオフェンスの入口または出口イベントが処理されます。

データペイロードの定義

キー 値のタイプ 必須 説明
regionid 文字列 true イベントを生成する地域のID。
regioneventtype int true 生成される地域イベントのタイプ。 1は入口、2は出口です。

Places拡張機能によってディスパッチされるイベント

この情報は現在進行中です。

このページ