Places Service

"Places Service"

場所は、モバイルユーザーを理解し、関与させるための重要なコンテキストです。 このコンテキストを使用することで、モバイルアプリ開発者はアプリのデザインを強化し、よりパーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスを作成できます。

プレースサービスは、以前はAdobe Experience Platformロケーションサービスと呼ばれていましたが、ロケーション認識を持つモバイルアプリで、柔軟な目標地点(POI)データベースを伴う豊富で使いやすいSDKインターフェイスを使用して、ロケーションのコンテキストを理解できます。

プレースサービスでは次のことが可能です。

  • 他のAdobe Experience Cloudソリューションで利用できるPOIのデータベースを作成し、管理します。
  • カスタムメタデータをPOIに添付して、追加の属性を指定することで、より豊かで意味のあるものにします。
  • マップ上のPOIを視覚化して、空間的なコンテキストを簡単に理解し、メタデータ属性を追加/編集します。
  • 場所でトリガーされるルールとメタデータに基づく条件を定義するには、Adobe Experience Platform LaunchでSDKを設定します。
  • デバイスの場所を監視するために記述する必要があるコードを減らし、Places拡張を使用して場所固有のルールを自動的にトリガーします。

これにより、場所を示すシグナルをリアルタイムで、いつ、どこで行うかを指定できます。 適切なコンテキストを使用すると、モバイルエンゲージメント体験をより豊かにすることができます。

場所の使い方を次に示します。

  • 誰かがPOIに入ったらリアルタイムの通知を送る​"おい…スタジアムへようこそ。"
  • 自社の店舗と競合他社の店舗の足のトラフィックを分析する。
  • 場所のコンテキストを持つオーディエンスプロファイルを使用して、オフラインの動作に基づいてオーディエンスをセグメント化します。
  • 関連する場合は、ストア内での体験を持つターゲット。

Places Serviceコンポーネント

Places Serviceは、次のコンポーネントで構成されます。

  • Webサービス

    Places REST APIを使用して、POIの作成と管理を行うことができます。 REST APIについて詳しくは、ライブラリの管理およびPOIの管理を参照してください。

  • POI管理インターフェイス

    マップ上のPOIを視覚化して、空間的な状況を把握し、POIとそのカスタムメタデータを追加/編集します。

  • Places 拡張機能

    モバイルアプリの位置コンテキストを統合するためのマルチプラットフォームモバイルAPIインターフェイス。 SDKについて詳しくは、場所拡張子を参照してください。

  • ルールの起動

    入口操作と出口イベントを使用してトリガー操作を可能にする、地域インテリジェントな起動ルール。 また、このルールを使用すると、条件の地域属性を使用してエクスペリエンスをパーソナライズすることもできます。

  • 配置モニタ拡張

    モバイルアプリに埋め込んで、ユーザーの場所の変更やトリガーの場所のルールを自動的に監視できる、マルチプラットフォームモバイルSDK。 詳しくは、モニター拡張子を配置を参照してください。

用語

このドキュメントで使用される一般的な用語を以下に示します。

  • 目標地点(POI)​は、組織が関心を持つ地域です。

    POIは、名前、半径、住所、カテゴリ、メタデータタグなどの属性を使用して定義できます。

  • ジオフェンス​はPOIの一種です。

    このPOIタイプは、緯度と経度の座標で定義される仮想的な地理的境界です。

  • ビーコン​はPOIの一種です。

    このPOIタイプは、低電力のBluetooth信号を発することによって位置を表す物理デバイスです。 ビーコンのサポートは、今後のリリースで提供される予定です。

  • ライブラリ は POI の集まりで、1 つではなく POI のセットへ簡単にルールを付加できるようにグループ化されています。

  • 拡張子​は、Places SDKをモバイルアプリに統合するために必要なExperience Platform Launch拡張子です。

    他のモバイルSDKと共に、エクスペリエンスに場所のコンテキストを追加するために使用される拡張機能。

  • 組織​とは、Adobe Experience Cloud で会社を識別するアドビのエンティティです。

    通常、組織は会社名です。 ただし、会社には複数の組織を含めることができます。 組織管理者は、グループとユーザーを設定したり、シングルサインオン機能を設定したりできます。

  • orgID は Adobe Experience Platform をまたいで組織を表す ID です。

    詳しくは、orgIDの検索を参照してください。

  • Experience CloudID​サービスは、Experience Cloud内のすべてのソリューションで訪問者を識別する、汎用の永続的なIDを提供します。

    詳しくは、概要を参照してください。

このページ