メッセージレポートの表示

アプリ内およびプッシュメッセージのメッセージレポートを表示できます。

  1. メッセージの レポート 列の​レポートアイコン​をクリックします。

  2. オプション)共通フィルターを作成するか、カレンダー​アイコンをクリックして期間を変更します。

    共通フィルターの作成について詳しくは、「共通フィルターの追加」を参照してください。

ヒント

表示するメッセージのタイプによって、レポートは異なることがあります。

アプリ内メッセージ

アプリ内メッセージに関するレポートを表示する場合、レポートは次の図のようになります。

レポートメッセージ

アプリ内メッセージ指標

アプリ内メッセージで使用できる指標の一覧を次に示します。

  • インプレッション:メッセージがトリガーされたとき。

  • クリックスルー:ユーザーがアラートまたはフルスクリーンメッセージの クリックスルー ボタンを押したとき、およびユーザーがローカル通知からアプリを開いたとき。

  • キャンセル:ユーザーがアラートまたはフルスクリーンメッセージの キャンセル ボタンを押したとき。

  • エンゲージメント率:Adobe Analytics の計算指標で、クリックスルー数をインプレッション数で割った結果です。

プッシュメッセージ

プッシュメッセージに関するレポートを表示する場合、レポートは次の図のようになります。

プッシュメッセージ

上部のグラフには、メッセージを開封したユーザーの数が表示されます。

プッシュメッセージ指標

プッシュメッセージで使用できる指標の一覧を次に示します。

  • 時間

    メッセージが Mobile Services からデバイスにプッシュされた日時。

  • ステータス

    メッセージのステータス、および利用可能なステータスは次のとおりです。

    • キャンセル済み
    • スケジュール済み
    • 実行中
    • 実行済み
  • パブリッシュ済み

    ユーザーのデバイスにメッセージを送信するために Apple Push Notification Service/Firebase Cloud Messaging(APNS/FCM)に正常に送信されたデバイストークンの数。

  • 失敗

    APNS/FCM に正常に送信されたデバイストークンの数。考えられる失敗の理由をいくつか紹介します。

    • 無効な pushID

    • プッシュ対象として指定されたプッシュプラットフォーム(APNS、FCM など)がジョブのアプリケーションに存在しない。例えば、プラットフォームが iOS プッシュトークンを収集したけれど、APNS サービスが設定されていない場合があります。

    • プッシュサービスが正しく設定されていないか、Mobile Services システムがダウンしているため、メッセージが失敗した可能性があります。

    重要

    失敗の回数が非常に多い場合は、プッシュサービスの設定を確認してください。プッシュサービスが正しく設定されていると思われる場合は、Adobe カスタマーケアにお問い合わせください。

  • ブロックリスト登録済み

    APNS または FCM に送信された、有効でなくなったデバイストークンの数。これは、通常、アプリがデバイスからアンインストールされていることや、ユーザーがメッセージを受信するためのオプトイン設定を変更したことを意味します。Android と iOS は、トークンがブロックリストとしてカウントされるタイミングについて異なります。Android トークンは、ブロックリストのカウントに即座に表示されます。iOS トークンは、最初は公開済みとして表示されますが、APNS からのフィードバックに基づき、後続のメッセージではブロックリストに表示されます。

このページ