APNS または FCM を使用するアプリ設定

Apple Push Notification Service(APNS)または Firebase Cloud Messaging(FCM)を使用するようにアプリを設定できます。

Android アプリ

アプリで FCM が有効になっていない場合

このシナリオで FCM を使用するように Android アプリを設定するには:

  1. https://firebase.google.com/ に移動し、Google デベロッパー資格情報を使用してログインします。

  2. 使ってみる」をクリックし、「プロジェクトを追加」を選択します。

  3. プロジェクト名を入力します。Firebase 向け Google Analytics にオプトインする場合は、コントローラー間の利用条件に同意するチェックボックスをクリックします。

  4. プロジェクトを作成」をクリックし、プロジェクトが作成されるまで待ちます。

  5. 作成したプロジェクトをクリックすると、作成したプロジェクトの プロジェクトの概要​ページが表示されます。Android アイコンの付いたボタンをクリックして、Android アプリをプロジェクトに追加します。

  6. 必要に応じて、アプリのパッケージ名、アプリのニックネームおよび署名証明書を入力します。

  7. セットアップウィザードで提案された追加の手順に従います。Firebase サーバーとの通信をテストして Firebase の設定を確認した後、プロジェクトの概要​ページに戻ります。

  8. プロジェクトの概要」ボタンの右にある歯車アイコンを右クリックし、「プロジェクトの設定」をクリックします。

  9. クラウドメッセージング」タブをクリックします。

  10. 後で使用するために、レガシーサーバーキー​と​送信者 ID をコピーします。

    以下に例を示します。

    - Legacy server key = AIzaSyC6FNgsCOpBL5eXhDvwf8979mWba6x7Roo
    
    - Sender ID = 835015092250
    

アプリで FCM が有効になっている場合

このシナリオで FCM を使用するように Android アプリを設定するには:

  1. https://firebase.google.com/ に移動し、Google デベロッパー資格情報を使用してログインします。

  2. 使ってみる」クリックします。プロジェクトのインデックスページが開きます。Android アプリとリンクされている Firebase 対応プロジェクトを見つけ、プロジェクトカードをクリックします。

  3. 次に、そのプロジェクトで プロジェクトの概要​を読み込む必要があります。「プロジェクトの概要」ボタンの右にある歯車アイコンを右クリックし、「プロジェクトの設定」をクリックします。

  4. クラウドメッセージング」タブをクリックします。

  5. 後で使用するために、レガシーサーバーキー​と​送信者 ID をコピーします。

    以下に例を示します。

    - Legacy server key = AIzaSyC6FNgsCOpBL5eXhDvwf8979mWba6x7Roo
    
    - Sender ID = 835015092250
    

iOS アプリ

iOS アプリで APNS を使用するように設定するには:

  1. https://developer.apple.com/account に移動し、Apple Developer アカウントにログインします。

  2. iOS Apps で、「識別子」を選択します。

  3. 既にプッシュ用のアプリ ID がある場合は、手順 11 に進みます。

  4. + ボタンを押して、新しいアプリ ID を作成します。

  5. アプリ ID の説明を入力します。

  6. アプリ ID サフィックスを入力します。

    重要

    プッシュをサポートするには、ワイルドカードを​使用していない​明示的なアプリ ID(例:- com.tester.pushSample)を使用する必要があります。

  7. アプリサービス」で、「プッシュ通知」のチェックボックスを選択します。

  8. 続行」をクリックします。

  9. 送信」をクリックします。

  10. 完了」をクリックします。

  11. リストからプッシュメッセージを使用するように設定されているアプリ ID を選択し、「編集」をクリックします。

  12. 既にプッシュ証明書を持っている場合は、手順 15 にスキップします。

  13. 下の「プッシュ通知」までスクロールし、適切な 「証明書を作成…」ボタンをクリックします。

    クリックするボタンは、開発用と実稼働用のどちらの証明書を作成するかによって異なります。

  14. Apple の Web サイトで CSR を作成し、CSR をアップロードして証明書を生成する手順に従います。

  15. 下の「プッシュ通知」セクションまでスクロールし、先ほど作成した SSL 証明書をダウンロードします。

  16. ダウンロードした証明書をダブルクリックして、キーチェーンに追加します。

SSL 証明書および秘密鍵

SSL 証明書および秘密鍵を取得するには(APNS):

  1. キーチェーンアクセス​を開きます。

  2. 証明書 をクリックし、アプリおよび環境に適した​iOS プッシュサービス証明書​を確認します。

    バンドル ID を照合し、開発用か実稼動用かを判断することで、正しい証明書を特定できます。

  3. 証明書を展開し、秘密鍵が含まれていることを確認します。

  4. 秘密鍵を右クリックし、「[!UICONTROL の書き出し​<name of key>]」をクリックします。

  5. ダイアログボックスに必要な情報を入力し、新しい .p12 ファイルを保存します。

    パスワードを入力する必要はありません。

  6. 秘密鍵 に、.p12 ファイルを入力します。

このページ