モバイル指標およびディメンションのリファレンス

この情報は、デフォルトのモバイル指標およびディメンションについての理解を深めるのに役立ちます。

ヒント

Adobe Analytics で設定されているディメンションと指標の権限は、Mobile Services に適用されます。適切な権限を持たずにレポートを実行しようとすると、エラーが発生します。

指標

デフォルトのモバイル指標のリストを次に示します。

  • 初回起動

    インストール後または再インストール後の最初の起動時にトリガーされます。

  • アップグレード

    アップグレード後の最初の起動時またはバージョン番号の変更時にトリガーされます。

  • 日別関与ユーザー数

    特定の日にアプリケーションが使用された場合にトリガーされます。

    ヒント

    日別関与ユーザー数イベントは、Analytics 指標に自動的には保存されません。この指標を取得するためのカスタムイベントを設定する処理ルールを作成する必要があります。

  • 月別関与ユーザー数

    1 ヶ月以内にアプリケーションが使用された場合にトリガーされます。

    ヒント

    月別関与ユーザー数イベントは、Analytics 指標に自動的には保存されません。この指標を取得するためのカスタムイベントを設定する処理ルールを作成する必要があります。

  • 起動回数

    インストールとアップグレード以外の起動時にトリガーされます。アプリケーションがバックグラウンドから復帰した場合にもトリガーされます。デフォルトで、アプリがバックグラウンドの状態で 5 分以上経過すると、新規起動がトリガーされます。バックグラウンドで何分経過すると新たに起動がトリガーされるかは、アプリ設定ページの SDK Analytics オプション で設定できます。詳しくは、「SDK Analyticsの設定」の「セッションタイムアウト(秒)」行を参照してください。

    重要

    Adobe Analytics とモバイルアプリの起動回数を Adobe Mobile Services で計算する方法により、レポートの結果が異なる場合があります。詳しくは、訪問回数とモバイルアプリの起動回数の比較を参照してください。

  • クラッシュ

    アプリケーションが正常に終了しなかった場合にトリガーされます。このイベントは、クラッシュ後にアプリケーションが開始した場合に送信されます。

    ヒント

    quit が正常に呼び出されなかった場合にアプリがクラッシュしたと見なされます

  • セッションの長さの合計

    集計されたセッションの長さの合計。

ディメンション

デフォルトのモバイルディメンションのリストを次に示します。

  • インストール日

    インストール後の初回起動日。日付の形式は、MM/DD/YYYY です。

  • アプリ ID

    アプリケーションの名前とバージョンを次の形式で格納します。[AppName] [BundleVersion]例:myapp 1.1

  • 起動回数

    アプリケーションが起動したか、またはバックグラウンドから復帰した回数。

  • 初回使用からの日数

    初回実行時からの日数。

  • 前回使用からの日数

    前回使用時からの経過日数。

  • 時刻

    アプリケーションが起動された時間を測定します。24 時間形式が使用されます。このディメンションは、利用のピーク時間を判定するためにも使用されます。

  • 曜日

    アプリケーションが起動された曜日を表す数値。

  • オペレーティングシステム

    デバイスのオペレーティングシステム。

  • オペレーティングシステムのバージョン

    オペレーティングシステムのバージョン。

  • 前回アップグレードからの日数

    アプリのバージョン番号が変更されてからの日数。

    ヒント

    前回アップグレードからの日数は、Analytics 指標に自動的には保存されません。レポート用にこの値を Analytics 変数にコピーする処理ルールを作成する必要があります。

  • 前回アップグレードからの起動回数

    アプリのバージョン番号が変更されてからの起動回数。

    ヒント

    前回アップグレードからの起動回数は、Analytics 指標に自動的には保存されません。レポート用にこの値を Analytics 変数にコピーする処理ルールを作成する必要があります。

  • デバイス名

    デバイス名が格納されます。iOS では、iOS デバイスを識別するコンマ区切りの 2 桁の文字列。最初の番号は、デバイスの世代を表します。次の番号は、デバイスファミリー内の個々のメンバーのバージョン番号です。一般的なデバイス名の完全なリストについては、iOS デバイスのバージョンを参照してください。

  • 通信事業者名

    携帯キャリアの名前が格納されます。

  • 解像度

    実際のピクセル単位での幅と高さ。

このページ