はじめに

この情報は、Adobe Mobile Services の理解と使用に役立ちます。

Adobe Mobile Services は、次の要素で構成されています。

  • Adobe Mobile Services UI
  • Adobe Mobile SDK

ユーザーエンゲージメントを増やし、モバイルアプリへの投資に対する投資回収率(ROI)を実証する最も効果的な方法を探している企業向けに、アドビは、アプリユーザーを獲得して関与させ、エクスペリエンスを分析および最適化するエンドツーエンドソリューションである Adobe Mobile Services を提供しています。

現在、モバイルアプリの状況は、スマートフォンが初めてローンチされたときとは大きく異なっています。モバイルアプリを使用して顧客をブランドに結び付けるだけでは不十分です。今日では、様々なチャネルをまたいで、まとまりのある魅力的な顧客エクスペリエンスを推進し、最も忠実で価値の高い顧客を惹きつける戦略的なタッチポイントとして、モバイルアプリを使用する必要があります。しかし、これらのユーザーがアプリを操作できるようにするには、説得力のあるコンテンツ、コンテキスト通知、インテリジェントなパーソナライゼーション、統合されたアプリ分析などが必要です。

Adobe Mobile Services UI

Mobile Services UI は次のブラウザーでサポートされています。

  • Google Chrome(最新の 2 つのバージョン)
  • Mozilla Firefox(最新の 2 つのバージョン)
  • Apple Safari(最新の 2 つのバージョン)
  • Microsoft Edge(最新の 2 つのバージョン)

Adobe Mobile Services は、次の方法でモバイルアプリのエンゲージメントの促進を支援します。

獲得

獲得​では、有料メディア、オウンドメディアおよび無料メディアを使用して、ユーザーの獲得を推進し、主要なアプリストアからのアプリダウンロードを促します。Adobe Mobile Services を使用すると、アプリのユーザー獲得プロセスを加速することができます。

Adobe Mobile Services は、獲得トラッキングやディープリンクなどのユーザー獲得ワークフローを提供し、アプリユーザー獲得におけるチャネルの効果を測定します。どのユーザーがどのチャネルから来たかを追跡するマーケティングリンクを使用すると、利益につながり、積極的に関与するユーザーを集めるうえで、どの獲得チャネルが最も効果的かを明確に把握することができます。

さらに、ディープリンクを使用すると、見せたいアプリコンテンツへとユーザーを直接誘導し、必要に応じてユーザーにアプリのインストールを促すことができます。

獲得では、次の主要な機能を提供します。

  • アプリの獲得分析
  • アプリストア間のリンクのトラッキング
  • アプリへのディープリンク
  • 広告ネットワークとの再統合

このフェーズについて詳しくは、「獲得」を参照してください。

分析

分析​では、消費者のモバイルアプリの使い方およびコンバージョンや復帰の要因を把握できます。

Adobe Analytics を使用すると、ユーザーがアプリをダウンロード、インストール、および開く方法のファネルに関する重要なインサイトを得ることができます。また、アプリのコンテンツと UI を測定および分析し、コホート分析、パスおよびフォールアウトを実行できます。Adobe Analytics では、一元的なデータストアを使用して、マーケティングに関する意思決定を伝え、組織内のマーケティングデータの分断を軽減することができます。

Adobe Audience Manager を使用すると、豊富なデータを使用してオーディエンスセグメントを強化し、よりコンテキストに沿った個人的なエクスペリエンスを提供できます。

分析​では、次の主要な機能を提供します。

  • アプリのエンゲージメント分析
  • パスおよびファネル分析
  • コホートおよびリテンション分析
  • 場所の分析
  • 広範なデバイスとプラットフォームのサポート

実行して顧客を分析できるレポートの詳細については、「レポート」を参照してください。

エンゲージメント

エンゲージメント​では、関連するプッシュ通知およびアプリ内メッセージを使用して、ユーザーとコミュニケーションを取ることができます。ターゲット設定されたプッシュ通知とアプリ内メッセージを使用することで、ユーザーを継続的にアプリへと呼び戻すことができます。Analytics のセグメントがサポートされ、応答するであろうユーザーセグメントにプッシュ通知のターゲットを設定して、コンバージョン率を向上することができます。

エンゲージメント​では、次の主要な機能を提供します。

  • プッシュ通知は、Analytics セグメントによってトリガーされます。
  • アプリ内メッセージは、リアルタイム分析、アラートおよび新しいオファー/コンテンツによってトリガーされます。
  • 表示、クリックスルー率およびダウンストリームの行動を把握

Adobe Mobile メッセージ

プッシュ通知とアプリ内通知を使用して、ユーザーとコミュニケーションを取ることができます。プッシュ通知は、デバイスのオペレーティングシステムを介して送信されます。一方、アプリ内メッセージは、ユーザーがアプリを積極的に操作した際にアプリ内で送信されます。通常、アプリ内メッセージには、ポップアップやインタースティシャルなど、様々な追加形式が含まれます。

Adobe Mobile では、次のタイプのメッセージを設定できます。

プッシュ通知(アプリの外で表示される)では、次の機能を提供します。

  • 関連するプッシュ通知によって再エンゲージメントを促進
  • ブランドのアプリをダウンロードし、オプトインを通じてプッシュ通知の受信に同意した顧客に対して、メッセージを作成、セグメント化および送信します。
  • モバイルアプリからではなく、アプリストアによってサーバー側で送信されます。

プッシュメッセージの作成について詳しくは、「プッシュメッセージの作成」を参照してください。

アプリ内通知​では、次の機能を提供します。

  • アプリセッション中に、特定のアクションを実行するようユーザーを促す。
  • 追加形式(アラート、フルスクリーン)(プッシュ配信ネットワークではなく、アプリによってメッセージが配信されるため)。
  • リアルタイム分析によってトリガーされる。
  • アプリと製品のクロスプロモーションを許可する。
  • ユーザーにアプリストアの評価を残してもらうよう促す。
  • 場所ベースのメッセージをリアルタイムで配信する。

アプリ内メッセージの作成について詳しくは、「アプリ内メッセージの作成」を参照してください。

最適化

最適化​では、コンバージョン(購読、コマース、広告収入など)を最適化して、顧客維持を強化します。アプリでのユーザーエクスペリエンスを最適化すると、コンテンツをパーソナライズして ROI とコンバージョンを最大限に高めることができます。

テストおよび Adobe Target について詳しくは、Adobe Target に移動してください。

地域ターゲット設定

モバイルデバイスを使用すると、ユーザーがアプリを操作している場合や、GPS の位置を通じてバックグラウンドで実行している場合に、本質的にユーザーがどこにいるかを把握できます。地域ターゲット設定を使用すると、Adobe Target は、カスタマイズされた関連コンテンツ、オファー、メッセージを、近接性が重要なタイミングで配信できます。目標地点の定義した範囲内にいるユーザーや、ユーザーが iBeacon の近くにいる場合に、関連するプッシュ通知を使用してターゲットを設定できます。

Adobe Target for Mobile アプリは、Adobe Analytics で利用できる強化されたセグメント化とレポートを最大限に活用できるようになりました。つまり、Adobe Target は、Analytics の主要なアプリ指標をターゲットやパーソナライズに活用することで、それらの指標をすべて活用できます。また、テストの成功に関する詳細なレベルのレポートを生成でき、マーケターは「what if(仮定について)の質問」に対する理解を深め、アプリマーケターはそれらの質問に回答することで、アプリの投資に対する投資回収率を示すというプレッシャーから回避できる場合があります。アプリ統合の Analytics/Target は、組み合わせオファーを提供します。これは、市場で利用可能な最も堅牢なアプリエンゲージメントソリューションです。

ロケーションについて詳しくは、次のコンテンツを参照してください。

Adobe Mobile SDK

アドビでは、これらすべての領域にわたる顧客エンゲージメントを加速するエンドツーエンドのモバイルマーケティングソリューションを提供しています。1 つの SDK で Adobe Analytics、Adobe Campaign、Adobe Audience Manager の機能にアクセスできるので、複数の異なる SDK の管理に伴う技術的なコストを削減できます。

Adobe Mobile SDK は、次の機能を提供します。

  • エンドツーエンドのモバイルエンゲージメント

    軽量で統合された 1 つの Adobe Mobile SDK を使用し、様々なプラットフォームをまたいでアプリを測定および最適化できます。

  • 新しい顧客を獲得し、魅力的なマイクロモーメントを提供

    • リッチメディアのサポートやアプリ内メッセージなど、ターゲットを設定したプッシュ通知を通じて、ユーザーを何度もアプリに呼び戻すことができます。
    • ディープリンクを使用すると、アプリのユーザーを目的のコンテンツに直接誘導できます。
  • エクスペリエンスの測定と最適化により ROI を向上

    ファネル分析(ダウンロード、インストール、開く)、セッション長、クラッシュ、ビーコン、メッセージングインタラクションなどのアクションを含む、アプリのライフサイクル指標を把握できます。

  • 包括的

    • 主要なモバイルオペレーティングシステムとクロスプラットフォーム開発ツールに対する幅広いサポート。
    • スマートフォン、タブレット、ウェアラブル、OTT(オーバーザトップ)コンソールをまたいだ広範なデバイスサポート。
  • 統合

    • 1 つの SDK を複数のソリューション(Analytics、Campaign および Audience Manager)に使用することで、開発者が実装にかかる時間と労力を削減できます。
    • 「ベースライン」アプリのライフサイクル指標を収集するために必要なコードは 1 行のみです。
    • モバイル戦略の発展に伴い、Adobe Experience Cloud の機能を容易に活用して、ユーザーを獲得および分析し、エンゲージメントを図ることができます。
  • 高速で軽量

    • Adobe サーバーやサードパーティ製システムにデータを送信する際の、デバイスの処理負荷を最小限に抑えます。
    • フットプリントが小さいため、アプリストアに送信されるアプリパッケージのサイズを最小限に抑えます。

Adobe Mobile SDK について詳しくは、Experience ソリューション 用 Android SDK 4.x および Experience Cloud ソリューション 用 iOS SDK 4.x を参照してください。

このページ